それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

姿勢・PART2

mixiチェック
2019年 あけましておめでとうございます。

僕が住む千葉においては三が日は晴天に恵まれ、寒さ対策をすれば絶好のバイク日和でしたが、近所をちょろっと走ったくらいでした。

さて、チェーンの520コンバート後、ずっと悩んでいたリア回りの異音などが解消されて、言うことなしの状態でしたが(嘘つけ!w)そうなると何もしなくなるんですよねw
12月の半ばに栃木のイベントに参加するためにツーリングしてきましたが、これも全くの絶好調でしたが・・・

全行程がほとんど空いている道で好きなペースで走っていたのですが、最後に家まで数キロというところで渋滞にはまり、その時におかしな挙動がでました。

クラッチを握っているのに駆動が完全に切れていない。

もちろん、走ってしまうほどではないのですけどね。
で、クラッチワイヤーを調整したらなおりましたw問題なくなると(本当は沢山あるけどw)普段のメンテを怠るという本当にダメなやつですw

ちなみにシフトアップの空振りとか、ニュートラルが出にくいとか、前兆はあったわけで、普段から注油や調整をしていればこんなことにはならないわけです。

さて、本日のお題はまた別の話で、ライディングポジション問題再び?です。

スパーダ納車から最初にやったことはバーハン化でした。
最初のハンドルは幅740mmで確か70mmくらいUPするものでした。

ベストとは言えませんでしたが、ノーマルよりは乗りやすい。

事故でハンドルがひん曲がり、交換するときに意識したのは幅と形状でした。
ぶっちゃけ740mmは広すぎるので700mm以内、急な曲がりのハンドルではなく、かと言って本当のフラットとかは無理なので、高さも絞りもそこそこのハンドルという選択をしました。

きつすぎない前傾だし、形は気に入ったのでこれでいいかな?と思っていました。

でも、不満がないわけではなく、高さよりも手前に来てくれないかな?というものでした。
これもハンドルの絞りとかで緩和できると思うのですが、ハンドルを変えないでとなるとハンドルを咥える部分がオフセットしているポストに変えるしかありません。

しかし、このパーツ高いんですよwと思っていたら、ヤフオクで新品を激安で販売している業者を見つけたので購入しました。

フロントをNSR化しようと思っているので、そのときに使おうと取っておいたのですが、ケーブル類は今の取り回しでも問題ないのでとりあえず付けてみよう!なんて軽く考えて作業を始めたのは正月で時間があるからなのでしょうw

DSC_0049

おわかりいただけるだろうか?w
比較的きれいなメッキ部分が今回取付けたハンドルポストだが、安い理由は本来というか、今までハンドルがはまってた部分の半円が埋まらない、底面フラットな形状。高いやつは、ここがちゃんと埋まるのだ。
ハンドルは高さで約2本分、手前に1本分オフセットされる。

当然ここまで高い必要はないし、中間の半円の部分は以前も書いたが、鋳物の肌キタネーしw形もいびつだし、ボルト止めだから取り去ってフォークに噛ませてる部分に直接取り付ければ良いのだが・・・

何も考えず取付を始めたので短いボルトが無かったのだwやはりこういったことは計画的にやらないとwまあ、試しだし、高すぎるだろうが暫定的にこれで乗ってみる・・・

結果

ベストポジションなんじゃね?www

腕というか肘に余裕ができるので、操作がとても楽になった。
上体が起きることによる視界の変化もイイ感じ。
挙動もわかりやすい。
背中も余裕ができるせいだろうか?いつも路面のギャップを強く感じるところでギャップが軽減している。(体が吸収しやすくなっている?)

上 変更後
下 変更前
IMG_20180514_163517-COLLAGE

IMG_20181228_122615-COLLAGE

これは困りましたw

スパーダのフロントフォークは37φで、ノーマルハンドルがトップブリッジ上なので、外したところにブラケット噛ませ、その上にハンドルを咥える部分があり、元からバーハンなバイクに比べるとこの2つだけでも結構上がっています。

今回、手前には持って来たかったけど、高さはいらないと思っていたのに、ベストポジションだと思ってしまうw

これをNSR化すると、フォーク41φだからブラケットは使えない。
それどころかインナーチューブ変えないとトップブリッジより突き出しなんてあり得ない。
トップブリッジにNC31を使って仮に今と全く同じ高さの場合、ハンドルポストの高さは今より低い。
そこに今回のオフセットポストを使っても低いのは明らかだ。

だからって、ひらがなの「ひ」みたいなハンドルは使いたくないw

なんでって、ファイターっぽくないからwでも・・・

「あんたの求めてるポジション完全にジャパニーズネイキッドですから~!残念!」(古いw)

このポジションに慣れる前に、短いボルトを用意してまずはキタネーポストを排除してみようw

つづく

520コンバート

mixiチェック
いつもなら少しタイトルをひねるのだが、今回はまんまでw

リアホイールのベアリングを交換したときに、スプロケットハブも交換しました。
交換したときについでにやっちまえば良かったのだけど、今抱えている問題はどの部分が一番影響しているのかを知りたいこともあり、旧スプロケハブからスプロケだけを外して交換して、チェーンもそのままにしました。

この状態で一週間、それほど乗りませんでしたが・・・良くはなったけどそこまで違わねーなw

やっぱりジャラジャラいってるチェーンを交換しないとダメだということがわかりました。

あともう一つ、アクスルシャフトを少し強く締めすぎだったということもわかりました。
もちろん緩んじゃいけない部分だけど、締めすぎて動きを妨げるようじゃダメですね。
これじゃベアリングを良い具合にしても意味がありません。
トルク管理って大事ですけど、時にそのトルクにも疑いを持たなきゃだめですね。

さて、僕はチェーンカッターを持っていません。
ベアリングプーラーの例から言って絶対買うべきでしょうね。
でも、これは完全に違う手段が選べます。

まずはチェーンを外すことですが、これは最悪スイングアームを外せばいけますwスイングアームは交換したことがあって、このときドライブスプロケットまで外せばチェーンは切らなくても交換までできることは確認していました。

じゃあ、それやる?ってやりませんwチェーンカッターがあっても、なくてもピンの頭をグラインダーで削るのは変わらないし、頭削るどころかそのまま切断したってかまわないと思うので、まず外しにチェーンカッターはいりません。逆に接合はクリップ式にすれば問題ないでしょう。チェーンはコマ数を指定して買えば問題ありません。

結論!チェーンカッターはいらないwでは行きましょう。

DSC_0130

もう二度とこのチェーンを使用することはありません。
なのでチェーン自体を切ってもいいのですが、ピンの頭を飛ばします。
実はグラインダーと言ってますが持ってなくてwインパクトレンチに切断砥石をつけて削りました。
砥石はステンレス用で昔買っておいたやつで、さすがステンレスを切るものだけあって楽勝でした。
本当に一瞬でここまでできました。時間にして5分かからないでしょう。

スプロケにかかってるこの位置を選んだのは力が逃げないからで、ここまで頭を削ったらマイナスドライバーつっこんでハンマーで叩いたらあっけなく取れましたw

本当は古いチェーンに新しいチェーンを仮止めして入れ替えるのですが、今回は520コンバートですし、スプロケ交換もしますから抜いちゃいます。

お疲れ様でした。

DSC_0131

ドライブ側はカバーを外して少しお掃除(しても汚いけど、完璧にやろうとするときりがない)

DSC_0132

こちらもお疲れ様でした。
で、これ見てちょっと思ったのですが・・・

DSC_0133

ああ、やっぱり穴あるのねw完全に一体化していましたよw

DSC_0134_CENTER


さて、交換品はサンスター製で、しっかりコンバート用としてSPADAの表記もあります。
520コンバートの場合はドライブ側14丁か15丁ですが、一般的な14丁をチョイス。

DSC_0135


DSC_0136

DSC_0137

DSC_0138

外径は変わらないようですね。

で、正直ここで少し悩みました。
純正の場合は裏、表どっちで取付けてもオフセット量が変わらないように見えます。
しかし、この交換品は向きによってオフセットが変わります。(写真とっておけよw)
チェーンラインを測定する器具を持っていませんが、ノーマルをはめた状態をドリブン側から見たときと、交換品の文字が刻印されている方を表にした場合は同じに見え、刻印を裏にすると外に数ミリずれ、その数ミリずれた方がチェーンスライダーの延長線上にあるように見えます・・・(だから写真とっておけよw)

普通なら刻印がある方が表だろうけど、裏の方がチェーンラインがあってる気がする・・・しかし、どこかで刻印ある方が表で間違いないという情報を見たきがしたし、特に注意書きが無いなら表だ!と、表で組むことにしました。(ダメなら組み替えればいいのだよw)

先週も外したリアホイールをまた外し、先週付け替えたドリブンスプロケットを交換しますwさて、ここが一番のポイントです。

サンスター社 二次減速比早見表

ノーマル ドライブ 17丁 ドリブン 54丁 二次減速比 3.176

スパーダの開発コンセプトは、街中を小気味よく走ることに重点を置いたのだと思うが、6速ミッションが結構クロスしていて、二次減速比も加速より。確かにどっからでも加速するといった面もあるが、高速ではエンジン吹け過ぎるし上が伸びないのが悩みだ。
確かに普段使わない高速側よりも、通常使用域を扱いやすくするというのは良いが、ちょいと過ぎてるきがするのです。
なので、ここは一発高速よりに振ってみようと思いました。

520コンバートしたときのドリブン側を考えると・・・

520コンバート ドライブ 14丁 ドリブン 44丁 二次減速比 3.143

このあたりが大きく性格がかわらない定番だと思う。

ここから加速側は当然選択になく、高速側に振るなら

ドリブン 43丁 二次減速比 3.071
ドリブン 42丁 二次減速比 3.000

ここで考えた・・・VTRってどんだけ?新しいRRってどんなん?

ドライブ 14丁 ドリブン 41丁
VTR 二次減速比 2.928
RR 二次減速比 2.928

42丁にしても、まだじゃんwまてよ?VTRは5速だよね?ってことは6速のスパーダが同じ二次減速比でも使えるギアが1段多いから加速で悩むことないんじゃね?って単純な考えで41丁を選択しました。
そして41丁にするとVTRのノーマルもしくは互換品が使えます。
このメリットは・・・安い!アルミじゃない!ただでさえ、すり減るのにアルミとかないでしょうwここは重くても鉄ですよw純正互換NTBのVTR用をチョイス!アルミの半額ですw

DSC_0140

さすがにノーマル基準の44丁とは違い41丁ともなると一回り小さいです。
そして、この一回り小さいが、今回見抜けなかった想定の範囲外w

実はチェーンは520コンバート時106コマと指定があり、その通りのコマ数で買いました。

DSC_0129

駄菓子菓子・・・それは44丁とかのノーマル減速比に合わせたサイズのときであって41丁の場合はあてはまりませんでしたw(爆)手がグリスだらけだったので写真もありませんが、調整範囲ほぼ一杯まで引っ張っても長いくらいでしたw

さらに簡単にはまると思ったクリップは全然はまらず、最後は無理したらクリップ割れる始末w完全やってもーた状態になりましたw

仕方なく軽い圧入のまま静かに2りんかんまで走って助けてもらいました。
クリップ買うだけじゃなく、ついでに1コマ詰めてもらいカシメで処理してもらって3400円wやっぱカシメもできるチェーンカッター買えば良かったじゃんwとも思うけど、ここは万全に作業してもらったので文句なしw

DSC_0141

一体何か月かかったんだろう?やっとまともに走れるというか、走るのが楽しい状態に戻りましたよw
異音もなくスムーズに走るという普通のことが、これほどうれしいってなんなんだ?wそして、この赤いテープもなんなんだ?wぱっとみWAKO'Sに見えるステッカーと一緒にはがしましょうw

螺旋エネルギー

mixiチェック
螺旋エネルギーだ螺旋力って言ってもグレンラガンの話ではありませんw
ドリルでもなく、ネジの話ですw

さて、塗装が終わったら組み立てます。
マスキングはしましたが、あえて交換して捨てるベアリングは残しておきました。
この方が塗料が入り込むことがないと思ったからです。

いよいよベアリングを抜きます。
糞バイク屋に2800円払いました。
ベアリングプーラーは9000円ほどしましたが、今後も自分でできますし、もう悔しい思いをしなくて済むなら全然良いでしょう。
ただし、この費用を捻出するには相当苦労しました。
問題は使い物になるかです。

DSC_0094

結果は

DSC_0095

瞬殺でしたwこれが使い物にならなかったら泣くに泣けない状況でした。
やはり道具って偉大です。ネジの力ってすごいですね。
回転エネルギーを直線エネルギーに変換するこの原理は無敵ですねw

さて、抜くのはアッサリ抜けましたが、今度は入れる方です。
無論これは特殊なものは必要なく、叩けば入りますが、これもネジの力を利用することにしました。


DSC_0097

ボルト、ボルトがはまる平板、ワッシャーとナット。
この平板にナットが溶接されていますのでボルトを入れて反対からもナットで締め付けます。
ワッシャーは一番大きいやつがベアリングと同じサイズなので外側に力がかかります。
ナットは小さいのでさらにワッシャーでサイズ調整をして力が内側だけにかかるのを抑えます。

結果は


DSC_0098

DSC_0099

やはり楽勝でしたw叩くと音がうるさいので、これは良い作戦でした。
ディスタンスカラーは軽く磨いて錆を取りパーツクリーナーで清掃したあとグリスアップ

DSC_0100

一番の肝は反対側のベアリングをどこまで入れるかで、当然ギュウギュウに入れたらダメです。
カラーに軽く当たる程度でベアリングの動きを邪魔しないくらい。
片側のベアリングを回したら反対側のベアリングも動くけど、片方を止めながら回しても回るくらい。
それが丁度良い具合と定めました。(これには諸説ありますが、自分はそうだと判断しました)

この自作ベアリングインストーラーはネジの力で入れるので締め込み具合は判断するため、何回もナットを外さないとならず叩いて調整するより面倒ですが、その苦労は惜しみませんでした。
プロは時間で商売しますが、素人は趣味ですから納得いくようにやればいいのですw

この作業は一番に重点を置いたので意外と楽にできましたが、一番嫌な作業再びですwタイヤ交換ですw
今のタイヤも良い具合に減ってはいますが、まだ使えるし、前後で銘柄変えたくないので組み換えることにしました。

ちなみに画像はありませんw格闘も良いところです。
スパーダからリアホイールを外してタイヤを外しにかかりますが、元々ジェイドに入っていたBT39よりもRX-02は硬くて困りました。
ビードもプーリーホルダーを2つかけて何とか落として、片側を外すだけでも結構な体力を使いましたw
もう片側は余裕だろうと思いましたが、これが途中でやめようかと思うほど外れませんでした。
タイヤの出張交換は5000円ほどかかりますので、こんなんで5000円払えるか!と必殺の方法を編み出しましたw言葉だけで説明しますが名づけるなら「関節技の練習かよ!」法ですw

タイヤレバーを一本かけてホイール中心側に倒し、これをテープで巻くなり固定してください。
隙間から2本目のタイヤレバーを深く入れて両側をしっかり持ちます。
靴を履き両足をホイールにかけて寝転がりタイヤレバーをおもいっきり引っ張ります。
これで簡単に外れました。
立ってもできると思いますが、タイヤに荷重がかかったり、反動で倒れたりしてケガするので寝っ転がってやりました。
僕は室内でやりましたが、勇気がある人は路上でやってくださいw

次はこのタイヤをはめます。
ビードクリームをたっぷり塗って膝で抑え込みながら手で強く押せば片側は難なく入ります。
もう片方も一部はするっと入ったのですが一部が残り、仕方なくタイヤレバーで入れましたが、外すよりは全然簡単でした・・・リムガード使ったけどちょっと外れて塗装剥がれたけどねw
夢中になって忘れないようにバルブは最初につけておきましょうねwこんな死ぬような思いをしてバルブ忘れたはシャレになりませんw

僕のミスはこの後にありました。
タイヤに空気を入れてビードを上げなければなりませんが、コンプレッサーはあるのに、タイヤ用のチャックが見つからないんですwデジタルのメーター付いた良いものだったのに・・・
これを探すこと小一時間、タイヤと格闘した汗は冷たくなり体温を奪い、気付いたときには寒くなっていました。

後輪を外したままの状態で放置するのは危険なので、仕方なくガソリンスタンドまでホイール抱えていきましたよwやっぱりここからは脱せないのだなw
スタンドでパンパンっと2発良い音でビードもあがり、これをまた抱えて家まで戻ったころには、疲れと冷えから頭痛が始まっていました。

手早く元のハブからスプロケを外して移植し車体に組付けました。
当然うれしいくて走りたいのが普通ですが、手を洗ってから2度目のTシャツ交換をしたら、だるいし頭痛いしでそのまま寝てしまいました。
翌朝37.8度の熱と頭痛は収まらず、なんか酷い状態になっていました。

で、やっと体調も戻ってきて乗ってみましたが・・・

概ね良好でしたw

あの嫌なジャラジャラ音はかなり消え、加速もなんか重ったるかったのが消え、クラッチが調子悪いんじゃないかとまで思ったのも、これのせいだったのか!と思うほど問題は解消しました。
多分、スプロケとチェーン替えたらもっと気持ち良い走りをするんじゃないかと思います。

約3か月かかって、やっとここまで修理できて、ホイールを変えるという夢が一歩進みました。

DSC_0125

でもな~後ろ6本で前3本スポークwダメじゃんw





気楽に考えるけどちゃんとやる素人

mixiチェック
7月末の猛暑の日、心も怒りの炎に燃えて熱くなりましたw
前回書いた糞バイク屋にベアリングをギチギチに圧入され、ディスタンスカラーは傷だらけにされた、その後のお話。

バイク1台とスクーターが3台ありますが、バイク以外は走れませんw全部修理が必要な状態。
必然的にバイクに乗る以外ないので、傷だらけのディスタンスカラーの内面を最低限引っ掛かりがないくらいにペーパーで磨き(それでもボコボコででっぱりもある)ベアリングは荷重がかかって少し慣れれば回ってくれるだろうという甘い考えで乗っていました。

しかし状態は悪化する一方で、確かにチェーンやスプロケも交換時期ではありますが、とにかく走るとガラガラいって精神的にもよろしくなく、バイクに乗るのが苦痛とさえ思うようになりました。
この状態から脱するためにはディスタンスカラーとベアリング交換、チェーンとスプロケも取り換えるしかない!

で、まあチェーンとスプロケって結構なお値段なんで、まずは正常な状態に戻すためにディスタンスカラーとベアリングの交換をしようと思いました。

でも、私には野望がありますwそれはフロントのNSR化です。
ダブルディスクは重くなるしコストもかかるし、そこまでやっても履くタイヤはバイアスのツーリングタイヤなので意味はないんですよw
標準100/80タイヤだってはじっこまで使えないのですが、なんとなく最近の標準である110/70を履きたいとか、これもただのスペックだけなんですけどwそれだけなら選択肢としてCB400SF用を流用するとか色々あるんですけど・・・

まあ、気の迷いでNSR用のフロントホイールもフォークもブレーキも中古でコツコツ集めているのですwじゃあこれを組んだら・・・

フロントは6本スポークでリアは3本スポークになるわけですw

リアもNSRになるとスイングアームから何から全部交換だからな~と悩んでいたら、デザイン一緒のMC22(昔のCBR250RR)ホイールがポンで付くって情報がありました。

これならいけるじゃんと思ったけど結構球数少なくて高めw他に同じデザインだとMC23ジェイドも同じという情報。
本当に同じなのか?と疑問に思うも、どうやら同じらしい。

ならばディスタンスカラーだけ替えるくらいならホイールごと替えちまおうってことにしましたwまあ3000円ですしねw

私にはもう一つ野望がありますwそれを実現するためには、ホイールは白にしたいのです。

買ったホイールは真っ黒けw本当はリム部は黒じゃないけど塗ってるんですよね、雑にw
これを足付けのために研ぎました。

DSC_0043

雑な塗りのおかげで簡単にはがれてくれましたw

DSC_0044

ここまでやってから不安がよぎりました・・・本当につくの?
ってことで測定

DSC_0047

DSC_0051

ホイール単体の寸法は同じではないけど、付くからにはどっかで調整できるはず・・・
スプロケハブ自体は同じだけどカラーが短くなっていました。納得w

DSC_0052

じゃあ本腰を入れましょうwやっぱタイヤは外しましょう!
でもタイヤの手組って本当に自分ではやりたくない作業の筆頭ですwでもコスト削減のために自分でやりますwがんばりましたw
ビードブレーカーは持ってないのでスクーターのプーリー外しを巻いてネジを締めこむとビードを落としました。ネジの力は偉大ですw

DSC_0053

アルミは塗装のノリがわるいのでミッチャクロンを使おうと思いました。
ミッチャクロンの上からサフェーサーと思っていたら一体になった製品がありました。

いきなりサフ スプレー 420ml
染めQテクノロジィ


こいつで下地処理

DSC_0054

軽く研いでから格安ラッカーを吹いたら

DSC_0061

DSC_0062

塗り方も下手でしたがはじきましたw

このあと修正して塗りなおしw塗料を変えました。

DSC_0080

やっと塗装は完了

つづく

お金をいただくプロの仕事

mixiチェック
車もバイクも自分でいじれる部分ならば、自分でやろうと思うし、それが好きだったりします。
車はリフトさえあれば、サス交換くらいまでは自分でやります。
スクーターなら昔の空冷2ストはほぼバラバラからでも組めると思うけど、正直エンジンの腰下はばらしたことがありません。
バイクは最近よくいじりますが、4ストのエンジンをバラす気にはなりません。
逆に言えば未経験なことも多いけど、それ以外ならチャレンジだと思っています。
いつかは自分でエンジン組んでみたいけどね・・・

若い頃はきっとそんな人も多くて、大人になると時間がないからお金を払って人にやってもらうというのもあるだろうし、そもそも素人が下手にいじるもんじゃねーって全部おまかせするのも悪いことではないと思っています。

まあ、俺は本当にお金がないけどw自分でやった方が絶対良いと思ってます。
なぜなら、自分以上に自分の車もバイクも愛着をもってる人はいないからです。

しかし、車もバイクも自分の命や他人の命にも関わる重要な乗り物。
だからこそ、それを生業にする人もいるわけで、言ってみればプロってのがいるわけです。

自分にも自分の仕事があって、至らないところだらけでも、責任を持ち、誠実に対応し、正確かつスピーディーに仕事をしようと思うし、わからないことは聞いたり、調べたり、研究したり・・・
そして失敗したり、より良くなったりを繰り返していくのだと思っています。
ときに、できないことを「できません」と言うのも仕事だと思っています。

逆に、それが仕事ではなくても、自分が人のバイクとかいじるときは自分の以上に気を使います。

当然、俺は整備士でもないし、知らないことも沢山あるド素人ですが、昔のように雑誌しかない時代ではなく、今やネットで調べれば大体のことは情報があります。
でもね、知識や理論だけじゃなくて実際やってみると、うまくいくときもあれば、そうじゃない場合もあるわけですよ。

それは自分の技術が及ばないこともあるけれど、物理的にというか、簡単に言うと「この道具がなければどうにもならない」って場面があるわけです。
で「この道具の代わりにこれを使って」って情報もあって、それを実行してみたがうまくいかないとw

さて、本題ですw

具体的に言うと「ホイールベアリングを交換したかったけど外せないからプロに任せたが、とても酷い仕事だった」という、ただそれだけの話ですw

昔、原チャリのギアを交換するために、ベアリングに圧入されているギアを叩いて抜いたことがあります。

正直、怖いもの知らずといいますかwそれでもガンガン叩いちゃいけないことくらいはわかっているので力加減を考え、ベアリングを壊さないように負担がかからないように工夫しながら慎重に少しずつ叩いたことがあります。
今回はベアリングの交換なので、ぶっちゃけ古いベアリングを破壊しようと、外せばいいのですが、打撃を加えて抜こうにも打撃を加える場所がないwいや、あるっていえばあるけど傷をつけちゃいけない部分が傷だらけになるのです。

本来なら爪を引っ掛けて引き抜くのが正解なのですが、その工具が結構なお値段。
これを頻繁にやるなら買っても損はないのですが、数回のために買う?・・・

正解は買うべきなのです。

技術に金を払わないなら、その工具のためにお金を使うのは正しいと思います。
それが嫌なら、その工具を買うより少し安い金額を払ってやってもらえばいいのです。
どっちもケチったのは自分ですから、自分が悪いんです。

これまた昔、家具屋をやっていてコンクリートアンカーなんかも打っていました。
そのコンクリートアンカーの原理というか、ようは穴に入れたら広がって抜けなくなるから、それを打てばベアリングが抜けるという実践報告や動画なんかも沢山あがっています。
しかし、真似してやってみたけど、これでは全く歯が立たないくらいの固着w
アンカーも数種用意して試しましたが、全てアンカーが抜けるだけ。
バーナーで炙って金属の膨張を利用してなんてのも当然やりましたが、どうにもなりません。

これは、この部分だけサクッとやってもらおうと、近所のバイク屋に電話するとOKをもらいました。
外したホイールを元に戻して乗って行こうかとも思いましたが、そこは根性でリアホイールを持って炎天下の中1キロ歩いて持っていきました。
別にこれも他にも方法があるので、ただ苦労したというだけの話です。

さて、問題はこのホイールからベアリングを抜くという作業と、そのあと圧入すると言う作業がありますが、ここは圧入もお願いしてしまうことにしました。

ホイールの両側にベアリングが1個ずつ、真ん中にディスタンスカラーというものが入っています。
このディスタンスカラーって必要なの?と思うのが素人なんでしょうねw両側から荷重がかかるベアリングを支える重要なパーツだということを学びました。

当然アクスルシャフトが入って回転する部分ですから傷があってはいけなくて、ベアリング交換時はこのカラーのチェックも必要です。
ベアリングは片側は指で回すとゴリゴリした感覚があり、これは駄目だなとハッキリわかります。
もう片側はちょっとガタがあるように感じるし、どうせなら交換しちゃいましょう。
実はもう1つ、スプロケットハブにもベアリングが入っていますが、これが超なめらかに動きます。
これが正解なんだなと、これまたハッキリわかります。
ディスタンスカラーは傷もなく、イカレかけたベアリングではありますが、両側に軽く当たるくらいでベアリングの動きを妨げるような圧力はかかっていません。
この感覚を覚えておかなきゃなと思っていたのですが、ここは圧入もプロに任せるのだから安心だと思っていました。

ホイールを預けて45分、終わったと連絡があって引取に行ったのですが・・・

圧入されたベアリングは指で回りません。
新品のベアリングを渡したのにですよ!
更に指を突っ込むとディスタンスカラーの内側は傷だらけ。
ギュウギュウに圧入されていて、全く加減なんてものを考えていない。

俺「これベアリング回らないですよ!」

バイク屋「いや、これで正しいから。カラーは少し傷ついたけどシャフト通れば大丈夫だから」

人間あまりにも強い衝撃を受けると怒ることさえ忘れますね。

以下、思ったこと・・
こいつ、素人以下だ!これで後輪ロックして俺が死んでも知らぬ存ぜぬなんだろうな。
こんな奴がプロのバイク屋とは一体何なのだろう。
せめて抜くだけにしてもらえば良かった・・・いやそれでもディスタンスカラー傷だらけは駄目だろう。
こんなにディスタンスカラー傷だらけで良いなら、俺だって音さえ気にしなければ抜けるさ!

とまあ、工賃取られてカラーは駄目にされ、一度圧入されたベアリングなんて再利用できるわけもなく・・・一体なんなのでしょうね。

整備に関する知識が無いならプロとは呼べない。
知識に伴った技術が無いのもプロとは呼べない。
どっちもなくて、勉強もしないなら、それは素人以下。
人から金をいただくプロとして、あなたは恥ずかしくないんですか?
素人だってカラーに必要以上の荷重をかけちゃいけないことを知っている。
そもそも組み上がった状態でベアリングが回らないなんて失敗以外のなにものでもない。

これ、もし俺がバイクに乗って行ってお願いしたら、そんな状態さえわからないまま「はい、できました」って言われるんだよな。

こんな思いをするなら、同じお金をかけるなら、やっぱり工具にお金をかけよう。
人にやってもらうなら、大きなチェーン店の方が、まだ看板の分だけまともな仕事をしてくれそう。
本当にいい勉強になったので、俺もバイク屋にいい勉強をさせてあげようと思います。

あっ、俺が悪いんですよ。

でもねw
プロフィール

袋小路ロイ左衛門

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 姿勢・PART2
  • 姿勢・PART2
  • 姿勢・PART2
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ