それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

俺の教科書

mixiチェック Clip to Evernote
高校生の時、友人がスクーターを買って乗回しているころ、俺は免許さえ持っていなかった。

しかし、憧れだけはあったし、そもそもバイク雑誌の国産車オールアルバムみたいなものを買って、スペックとかを調べるのは好きだった。
学校の勉強は全くできなかったが、そんなことだけは事細かに覚えたものだw

ただのお買い物バイクであるスクーターにスポーツ性を求め始めた時代。
どうやったら速くなるのか?そもそもミッションではなく無段変速とはどんな機構で実現されているのか?
図解入りで説明されている記事を読んで理解し、どのパーツを交換すれば速くなるのかは頭ではわかった。
しかし、パーツを交換するどころか、スクーターを所有してなくて、運転すらできない俺にその知識は何の意味があったのだろうw

それが実体験になるのは二十歳を過ぎてからであった。

バイク雑誌には沢山の種類がある。

新車を中心にした総合的な雑誌、改造、カスタム雑誌、走り屋系、原付特化、暴走族・・・
今でも続いてる雑誌もあれば、廃刊になったものも沢山ある。

俺は改造、カスタム系、原付系が当てはまるのだが、もっとも縁が無いのが暴走族系の雑誌だ。
走り屋ってほど走りこむこともなく、レースがしたいわけでもなかったけど、シグナルGPとか街中で負けない程度には速く走れるようになりたいってのはあった。

暴走族はただうるさいだけで、速くもなく、そのセンスが理解できない改造の数々w
そんなもんが載ってる雑誌は、笑うために見る程度の認識だった。

そんな暴走族系の雑誌にライダーコミックというものがあった。
シンナーがやめられるおまじないとか、本当に腹をかかえて笑うような内容しか書いてないと思っていたけど、その中の漫画に興味をひかれた。

正式に名前があるようには思えなかったが、あえて言うなら「BIG HON おズさん」wである。
内容は原チャリ初心者たちにおじさんがチューニングを教えていくといったものだった。
漫画で仕立ててあるから、楽しみながら、構造が勉強できるという暴走族雑誌にはもったいない内容だったが、俺の頭もその程度だったのだろうw

バイクも扱っていたけど、スクーターに関する部分だけを集めた増刊号が発売されたのだが、これが俺の教科書となった。

スクータースーパーチューニング増刊

高校生のときに基本は理解していたつもりだったが、おもしろかったし、基本から丁寧に解説してくれているから本当に何度も何度も読んで、メーカーの整備マニュアルを買うまでは、これ一冊で勉強して、いじるときもこれを片手に作業していた。

以降、毎月ライダーコミック発売日を楽しみにする愛読者へと変わっていったのであるw

上記の増刊号のカラー写真ページにある初期型DIOは俺の目標であり、ほぼ同じ形に完成させた。
もちろんその写真を読者投稿コーナーに送ったのは言うまでもないw

最近はモトチャンプくらいしか読まないが、これほどまでに初心者にやさしく原理や、手順まで教えてくれることは無い。
ネットで情報は沢山あるけど、質問コーナーを見ても「どうやったら速くなりますか?」「100km出ますか?」と言った頭の悪い質問が多と、これを読んでから聞け!と言いたくなるほど、いつの時代にも必要な教科書だと思う。

まあ、俺はこのblogでやろうとは思わないけどねw

ちなみに俺は老後の楽しみに盆栽をいじるかのように、モンキーをいじろうと思ってるw
それは若い頃から思っていて、老後でもこのモンキーってジャンルはあるだろうなと思ったし、何より金がかかるから、経済的に余裕があるであろう年寄りになるまでやめておこうと思ったが、どうやらそうゆう兆しは全く無く、やるなら死ぬ前にやっとけくらいの勢いであるw

そんなときを夢見ながら読んだ「いとしのモンキー」も懐かしい。

暴走族系の雑誌だったライダーコミックが、こうしたスクーターや4ミニ系の雑誌へと変わっていく最中に俺は出会ったらしいので、人によっては全く違う雑誌と受け止めるかもしれないが、俺はそんなライダーコミックが大好きだったな~w
 
そして、その掲載されていた漫画も、ある意味わかる人にしかわからない漫画として大好きだ。

ふとネットで見つけてとてもうれしくなったので書きました。

おかげさまでw

mixiチェック Clip to Evernote
このblogをはじめて3週間半が経ちましたが、先日1000PVを超えましたw
まだ、たった1000ですけど、それでも観に来てくれる方がいるのはうれしいことです。
ありがとうございます。

さて、Twitterに更新情報を出してるので、そちらからも観てくださる方がいるし、mixiから来てくださる方もいますが、一般検索で来てくださる方の多さに驚きます。

では、一体何を目的に来てくださるのか?livedoorBlog標準のアクセス解析から・・・

すぐに書こうと思って忘れていましたが、記念すべき最初の検索ワードは

宮内洋

でしたw
まさかそこで来るとは思いませんでしたw

では今日現在のランキングです。

1位 死ガ二人ヲワカツマデ ネタバレ

これでしたかw
堂々の第一です。
いろんなバリエーションがありますが、主に喜屋武様ファンの方が多いようです。
でも2章と付ける人もいるのでAKBな方もいるようですね。
なのにあんな文章ですいませんとしか言えませんなw

2位 AF18

初期型DIOのことですね。
スクーターの情報を探してくるようですが、特に純正のVベルト幅が知りたいのでしょう。
こちらも作業がとまっていて更新できる内容が無いけどがんばります。

3位 うぽって聖地

これはラジオでメールが読まれたせいか、この一週間でのアクセスが多かったです。


これからもがんばって更新しますんでよろしくお願いします。

どうしようか?

mixiチェック Clip to Evernote
iPhoneを買うことには一切悩まない俺も、ケースとか周辺機器はとても悩むw

特にケースは悩むな~w

初めて3Gを買ったときはシリコンケースを選んだ。
理由は、安くて、衝撃吸収してくれそうだから。

これはある意味、当時の仕事から考えると正解だったと思う。
ストラップも付けられるものだったし、落とす危険性を減らし、落としたとしても壊れないが重要だった。

しかし、その美しいボディーは見ることができないw

それで仕事も変わったのもあってクリスタルケースが愛用となった。

3Gと3GSは背面がラウンドしていて、側面にもまわりこんでいるため自立できなかったから、ケースの背面側を取り替えるとスタンドにもなるタイプを使っていたが、付け替えることは無かったよw

4になってもやっぱりクリスタル。
4は左下に手が触れると電波感度が極端に下がるという不具合があって、ケースも無料配布された。
そのケースもクリスタルを選んだ。

4sになって4と何も変わらないと思っていたけど、左の消音スイッチとボリュームスイッチの位置が微妙に変わり、4で使ってたケースが使えなくなった。
幸いにも無料配布のケースはこの部分が関係無くて使えた。

だが、3Gや3GSはプラスティックな背面で、液晶面も傷が付きやすかったが、4や4sに関してはケース要らないんじゃね?ってくらい硬い表面。
実際液晶面はカッターでも傷がつかないと言われていて、おもいっきりは無理だけど軽く試したら確かに刃がたたなかったw
3GSまでは保護フィルムを貼ったが、4からは貼っていない。

さて、今回の5だけど、背面はほとんどがアルミ。
これはどうなんだろう?俺としては多分傷が付きやすいと思うし、Appleマークの鏡面部分などかなり怖い感じがするw
液晶面に関しては4と同じく、それほど気にしていない。

ちなみに今日現在、いまだにケースは付けていないのだが、この薄さを少しでも厚くすることが嫌になるまえにケースは付けようと思っている。
もう手遅れかもしれないがw

背面のアルミに惚れて白を選んだ俺だが、先日黒の実機を見たら、サイドのモール部分も黒になっていて、引き締まった感じがしてかっこいいと思った。

さて、やはりこの製品自体の美しさを生かすならクリスタルで決まりなのだが、前の経験から少し選び方がある。
それは・・・

1.ケースの素材自体も硬く傷が付きにくいこと。
2.縦の部分への回り込みが大きいもの。
3.角が滑らかなもの。

の3点だ。

1.クリスタルケースと言いながら、ケース自体に傷がついてくると透明感が失われ汚く見える。
当然ながらクリアランスも問題で、きつすぎても駄目だけど、ゆるすぎても駄目。
ゆるいものはフィルムを貼っても装着できる・・・というかフィルムを貼ってから装着することを想定しているので貼らないとゆるい。
そこから細かいホコリが入って汚くなるのだ。

逆にきついとフィルムを貼ることさえ許されないほどクリアランスが無い。
結果、収まりが悪くなってしまうと結局隙間ができて以下同文w

2.縦の部分への回り込みは、落とした場合に角が削れる可能性を下げてくれる。
3G、3GSでは2ピースタイプでフルカバーだったが、4、4sは背面から装着するのみ。
最初に買ったやつはこの回りこみが少なく、液晶面が下で頭から落ちたときにほんの少しだけ角に傷がついた。
無料配布は回り込みが大きく、これをカバーできるようになっていたのだ。
同じクリスタルケースでもここまで違うかと思った。

3.最後に角だが、持ったとき手に当たる部分なのでRが小さいと痛いのだw

これらを満たすケースって通販で探すの無理だよね。
店頭でも実際触れるようになっていないと判断できないし・・・

あと、これ以外にも実は1つあって、カメラとフラッシュのところは穴が開いているけど、その縁が黒くなってるものと、クリスタルのままのもの。

設定→一般→アクセシビリティーでLEDフラッシュ通知が設定できます。
これは電話やメールの着信やその他のアクションに対してLEDが光るように設定できるのですが、俺はこれをONにしています。
LEDが光った場合、穴の縁が黒くなっているものは遮光されて影響はありませんが、クリスタルのままのものはケース全体が光ります。

これは非常にキレイに見えて目立つ反面、カメラでフラッシュを使って写真を撮るときには悪影響を及ぼします。

俺の場合は本当のクリスタルですから縁が無い場合だとケース全体が白く光りますが、色が入ったクリスタルケースの場合はこれまたキレイに発光するでしょうねw

それが必要か?不必要か?でハッキリ別れる部分ですがwこの縁がしっかり考えられているような製品はそこからのホコリの侵入に関してもある程度配慮されている気がします。

俺は・・・どっちでもいいかな?w

そんなわけで、ケース選ぶのも一苦労なのですw

で思ったのですが、4からはバンパーという選択肢もあります。
これはサイドだけをカバーするものですが、落とした部分が平面であれば一応は全方位カバーしてくれるものになり、液晶面はもちろん、背面にも何も無いのですからデザインを損ねることもありません。
ただ、構造上厚みと、幅が増すのはケースも同じかもしれませんが、コネクタ部分やスピーカー部分も覆われるので、少し不便な場面がでるのかな?なんて思ったりもしますが、背面に透明保護フィルムを貼ってバンパーって選択肢も視野にいれています。

もっと言うと、その背面の保護フィルムを痛化しても・・・って背面のアルミに惚れたんじゃないのか?w

そんなわけで暫定的にでも何か選ばないとまずいなと思ってる今日この頃ですw

iPhone5とりあえず発売時の感想 結論

mixiチェック Clip to Evernote
これで最後w
もうそんなに書くことも無いんだけどw

ディスプレイ

例のヘリと飛行機のあいのこみたいな奴・・・ではなくw
 
綺麗になったかと言われれば・・・そんなに変わらないかな?w
それほど気にしないんだよねw
さすがに3GSとじゃ比べ物にならないけどw

個体差もあるかもしれないし、なんとも言えないけど、しいて言うなら5は黒が引き締まった。
4sは少し白が強いのかな?同じ動画を見たときに影の部分とかは5はベタに見えるけど、4sは細かくグラデーションが見える。
じゃあ明るい部分はというとこちらも5の方が白が飛んでるように感じる。
あれ?4sの方がよい?w
でも5は色が鮮やかだぜw

しかし、やっぱり今回は解像度でしょうね。(結局そこかよ!w

最近の動画はHD画質で16:9が主流。
俺の場合は地デジ変換も1280×720にしている。
これらをiphoneに入れたとき、今までは端まで表示すると上下に黒い帯が入った。
これを拡大表示すれば当然今度は端が見えなくなったわけですが、5では縦横キッチリw
これは気持ち良いw

ミュージックプレーヤーなんだけど、これはiOS6での変更かもしれないんだけど4sでは縦画面でジャケット写真をタップして呼び出したシークバーが、5では常時表示されている。
これも縦長になったことでそうなったのだろう?
ただデザインは(これは完全にiOS6だろう)前の方がiPhoneっぽかったw
なんか新デザインはandroidっぽいw

その他諸々

内臓スピーカーが多少5の方が音質がいいかな?どうでもいいねw

カメラは・・・動作が速くなった以外は気にしていないw
違いを実感できるほどの写真を撮らないからな~


トラブル

最初のiCloudからの復元ができなかったのを除くと・・・
LINEが動かないのは本体を変えたからでインストールしなおしで解決。
iTunesストアで買った音楽が聴けないのも本体の認証の問題で入れなおしで解決した・・・
これと言って無いかな?


不満

本体ではなく、アプリが5の解像度に対応してほしい。
90%くらいTwitterマシーンになってるから、SOICHAの早期対応を望む。

あとは・・・バッテリーの減りだけだねw


総評

iPhoneを使い始めたときも、モデルチェンジしたときも、いつも新しい感動をもらい、それが当たり前になり、飽きる間もなく約1年でまた新しい感動を与えてもらっている。
ベースナンバリングが4から5に変わって、今回の変更は大きなものだったと思うが、違和感を感じさせずに進化させることは凄いと思うと同時に、基本思想の高さを物がってると思う。

正直、機能を削ることなく軽量化は難しいと思っていたが、見事にやり遂げている。
先日、携帯ショップの店頭デモ機でandroid端末を数種触った。
情報量を増やすためにディスプレイの大型化が進み、俺の手でもデカイ!持ちにくい!と思う機種がほとんどだ。
滅多に使うこともないが、横画面での入力をしようとするとキーボードが画面下を半分独占し、予測変換領域が出現すると見渡せる文章の範囲が狭くなる状況を考えると、横にも少し広かったらと思うこともある。
縦にだけ伸ばしたディスプレイと、伴って縦長になった本体がどんなものなのか?しかし、毎日持ち歩き頻繁に手に持つ携帯電話なのだから、方向性としては正解だと思った。
今となっては4sを見ると、なんだこのずんぐりむっくりwと思ってしまう。
そして何より薄く、軽いということが素晴らしい。
それでいて通信速度も、処理速度も速くなった今回のiPhone5は、やはり買って正解だったと思う。

最新のiPhoneは最良のiPhoneで間違いない。

正直、ジョブズ氏亡きあと、少しおかしな方向になるんじゃないか?と不安に思った部分もあったが、今のところは大丈夫だと思うw

俺としては4s買ったばかりとか、docomoで使えないとか、そんな理由で買わないのはもったいないと思う。
売って買えばいいじゃないwもう1回線契約すればいいじゃないw
android?それも楽しいかもしれないけど、こっちの方が簡単で楽しいよw

ってことでベタボレですw

iPhone5の続き

mixiチェック Clip to Evernote
じゃあ続きをw

コネクタ

ipodnanoから4sにいたるまで、電気信号的には変更があったのかもしれないが、同じ形状のあのコネクタがあれば充電はできたが、今回からLightningという、どこぞのゴールド聖闘士の技のような物に変わったw
nanoSIMといい、コネクタの小型化といい、徹底的に小さく、軽くするための変更なのだろう。
これからの製品のことも考えると受け入れるしかない。
しかし、このLightningさんが中々良いw両面どちらでも挿せるといういうのは非常に便利だ。
今までは、iphone側にさす時は向きを確認していたが気にしなくて良くなった。
でも、逆にUSB側が反対だったりすることがあったw関係ないけど、USBもどちら側でも挿せるようになったら便利だねw
しかし、今回冷静に見たけどホームボタンってよく干渉しないで動作しているよな~って思ったけど、今までもそうなんだよねwただ薄くなってもそれができてる。コネクタの先端はボタンの下に達してるのにw

そんな小型になって便利になったLightningさんだが一つだけ残念な点がある。
今までのコネクタってロック機構があるものもあったけど、Lightningさんでは無理なんじゃないかな?
あの単純に引っ張るだけでは抜けないのを利用して、ストラップなんかも発売されているがLightningさんにそれを要求するのは小型ゆえに無理な気がする・・・
そうゆうスタイルで使う人にとっては大打撃ではないだろうか?

まだ純正を含めて売ってないのかな?旧式のコネクタからの変換もでるようだけど、あのスリムなLightningさんなら買いなおした方が良さそう。
Lightningさんから逆に旧式への変換が欲しいと思う。
まあ、そのうち100円ショップでも買えるようになるだろうw

付属イヤホン

多分ほとんどのiphoneユーザーが付属のイヤホンを使ってると思う。(電車の中で見た使用率 俺調べw)
そりゃ~付属品ですから曲の飛ばしから、音量調整、通話までそつなくこなすけど、音質が良いかといえば・・・
なんて偉そうに書くけど、俺もポケットに入れたまま洗濯しなきゃ使い続けていたに違いないw
6月からSONYのイヤホンとBluetoothを使ってご機嫌なのだが、ここにきて純正付属品を変えてきたなら、一度は使ってみようと思った。

ちょっとへんてこな形をしていてフィット感は良くない。
だが、音は結構良いと思う。
純正付属品のレベルとしては高いんじゃないか?
あの形が耳にフィットするかが重要で、少し指で抑えてやると結構良い音
アメリカだとカナル型とかにして難聴になったら訴えられるのかな?
カナル型なら良いと思う。

ってのが俺の感想。
少なくとも4sまでの付属よりは良い音だと思う。

また、細かいことだけどケースが付属する。 
ただ丸めて梱包されていたのと違い、ケースに収納できるのは大事に扱ってねというメッセージか?
コストかけてきましたね!って部分でも評価できる。

その挿し込み部分(イヤホン端子)について

これは胸ポケット派と、ズボンポケット派で意見が分かれるだろうな・・・
俺の場合は胸ポケットに入れるときは下から入れて、ズボンのポケットに入れるときは頭から入れる。
4sまでは頭にイヤホン端子があったから有線式のイヤホンを付けた場合、胸はOKでズボンは使いづらい感じがした。ってかそのためにイヤホンの取り出し部分がL型のを選ぶ人もいるよね。
5では下にイヤホン端子が変更になったから、逆転現象が起こる。
まあ、俺の場合であって、半回転させて入れるのが当たり前って人は関係ないかもしれないが、携帯を落とす場面の一つが持ち替えたときなわけで、そのリスクは減った方がいいと思ってる。
Bluetoothだから今は関係ないけどw

昔、俺が使ってたipodnanoはコネクタもイヤホンも下にあって、首から提げるストラップにイヤホンがついてる物を使っていたのだが、コネクタ部分で固定し、その脇にイヤホンを挿せたから好都合だった。
iphoneは重くてさすがに首から提げることは無かったが、したくてもコネクタで固定したらイヤホン端子が頭にあるから届かないってことがあった。
これが両方下にきた5はレイアウト的に好都合とも言える。
ただコネクタ部分で書いたが、Lightningでは固定ができないと思われ・・・

今現実的に考えるのは、車でトランスミッターを使う場合だ。
もちろんLightning経由で充電もしながら、音もイヤホン経由ではなくLightningから持ってこれるような製品なら良いかもしれないが、安物は別途イヤホン端子をつける製品がほとんどだ。
まあ、これはこれで汎用性があって良い部分もあるのだが、そうした場合もコネクタとイヤホンが同じ向きにあってくれることはすっきりして良いかもしれない。
そんなわけで俺としてはイヤホン端子が下にきたことは歓迎である。

LTE

docomoのXiが運用されているのに比べ、これを機にサービスを始めるSBに何の期待をしよう?
駄目駄目に決まっているではないか!w
まったく期待していないし、回線速度も大事だが本体のパワーアップで格段にスピードアップを体感できているのだから、3Gのままだとしても何の不満も無い。
でも、パケット通信料は値上げになったのだから、その分くらいは良かったと思わせてくれたらラッキーくらいに考えていた。

だが、意外に使えるじゃないか!っての印象だ。

発売速報でauは銀座で50メガを超えたとの話もある。
固定回線をも上回るスピードって凄いと思うが、10メガも出れば十分でしょうと思ったら、朝会社で計測したら25メガも出て驚いた。
まだまだLTEで繋がらない場所も多いが、職業柄都内全域に行く可能性があるので色々な場所でテストができるのもまた楽しみwこれから良くなる一方なのだから別にいいんじゃね?と思うw

ちなみに自宅で同じアプリを使ってフレッツ光の上限200メガに無線LANで計測したが13メガくらいw
そう考えるとLTEって何なの?と考えさせられる。

プロフィール

袋小路ロイ左衛門

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
最新コメント
ギャラリー
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • 復活
  • 復活
  • 復活
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ