それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

バイクパーツセンター

mixiチェック Clip to Evernote
車もバイクも(いやスクーター限定かなw)好きだけど、車に比べてバイクの良いところは、維持費も、改造するにしてもパーツ代が安いというのがあります。

もちろん品質にこだわれば高いものになりますがw

原チャリをいじる情報もいまやネットで調べればなんでも出てきて便利ですが、昔ながらに雑誌なんかも見たりします。
バイク雑誌数ある中で、原チャリといえばやっぱりモトチャンプでしょうw
そのモトチャンプの後ろの方に、必ず載ってる広告がバイクパーツセンターです。

このショップに限らず、最近のパーツは海外製で昔より格安で買えたりするのですが、それにしてもここは安い!
貧乏人の俺にはとても助かる値段設定だし、品揃えも豊富です。

一応走るようになった2ストDIOですが、足りなかったり、交換したいパーツが色々あります。
そこで初めて使ってみました。

まずはバッテリーです。
いつまでも4ストDIOの借り物ってわけにもいきませんw
でもバッテリーって高いんだよな~と思ったら・・・

850円w

4ストDIOとは違うやつで、昔のスクーター用の容量も小さい一番安いものではありますが、ちょっと衝撃プライスじゃないですか?

しかも安かろう悪かろうだとしても、一年の保証付きですw
この値段なら毎年交換でも全く問題ないレベルだと思います。

次に

001

バックミラーです。
まあ、よく盗まれますよねw
特に左なんてまともに付いてる期間が短いですw

この最近のスクーターに標準で付いてるような楕円形のミラーですが・・・

290円w

新品ですよ?w
もう言葉がありませんw

はい次

003

ウエイトローラー

270円

材質によって耐久性も違ってくるけど、こまめに駆動系開けるならこれで問題ないのではないかと・・・
某メーカー製1000円~1200円とか間違っても買えなくなりますなw
2ストDIO用8.5gと、4ストDIO用6gの2つを買いました。



002

まあ、これが一番の問題。
Vベルト・・・これが出先で切れたら動きません!
置いて帰ってきて、工具と代えのベルトを持っていくか、車で引き取りにいくか、近場なら押して帰ってくるしかありません。
いずれにしてもダメージでかすぎますw
超重要部品です。
加速、最高速など性能にも影響を及ぼすのもいうまでもありません。
普通なら2500円以下はありえない商品です。
国産か?輸入品か?純正か否か?もこだわらなきゃいけないような部品ですが・・・

ライブDIO-ZX用で960円
細軸用で640円

この値段ならリスクを背負いましょうw
高くても切れるときは切れるしねw

ただ、これライブDIO-ZX専用品として売られているのですが・・・

ライブDIO-ZX 幅18mm 長さ672mm に対して
この製品 幅18mm 長さ664mm

実に8mmも短い!
短いということは変速しきれないし、引っ張られるので切れやすいということになると思うのだが・・・

これはちょっと問い合わせてみます。

ただし、俺の場合は縦型エンジンの細軸に大径クラッチを流用という標準では無い組み合わせ。
ちなみにスーパーDIO-ZXやG'、DJ-1RRといった同じ縦エンジンで太軸かつ大径クラッチを使ってる場合のベルトの長さは664mmなのです。

つまり、俺としてはちょうどいいかもしれないのですw

それに、4ストDIOの場合は

幅17.5mm 長さ670mm

実はメーカーによってはライブDIO-ZX用と同じ物を使うようになってることもあります。
まあ、それでも長さは足りないのですがwこちらに流用ってこともできます。

細軸用は

幅15mm 長さ650mm なのですが、これも 
幅15.5mm 長さ650mmと少し太い設定になってます。

まあ、どうなるか耐久性ばかりは使ってみないとわかりませんからねw

ちょっと話がそれましたが、とにかく安くパーツが買えるショップなのは間違いありません。
しかも、人気車種なら純正部品も扱っていたり、社外製の格安外装パーツなんかも扱ってるのでこれからも注目のショップです。

今回、唯一の失敗はパーツ代の合計は3280円と格安でしたが、送料700円と代引き手数料315円がかかりました。
これがあと1720円以上何か買って5000円を超えれば送料、代引き手数料共に無料になったのです。
ウエイトローラーなんてセッティングのために0.5g単位で数種あってもよかったし、もう少し後々買うことになりそうなパーツを注文しておけばよかったと後悔しています。

発注が土曜日の朝だったので、土日はお休みで月曜に発送されて火曜日に届くかと思っていました。
実際発注確認メールは来たけど、受注処理、発送のお知らせなどのメールは来なかったのですが、日曜の午前中に届きました。
そして届いた後にメールが来ましたw

代引きだと発送も早く、なんでも安いからこれからもお世話になると思います。


夏休みの工作w 2ストDIO編

mixiチェック Clip to Evernote
新車ではこんなスクーターなのですが・・・

DIOSR

今の状態はというと・・・

 まあ、20年以上前のスクーターですからボロボロですw

 不動の状態でもらってきてからの作業記録

004

外装を外してチェック。

外装はそれほど痛んでませんでしたが、唯一テールレンズとリフレクターが割れており、中の状態も酷かったので再使用不可としてヤフオクで中古を購入。
送料込み1750円

ちなみにAF18、AF25は形は共通なんですが、AF25はブレーキとウインカーのレンズが少しスモークがかかったタイプなので、そっちを選びました。
AF18用はなんか安っぽいオレンジと赤なんだよね~w

このDIOはキーが3つあります。
エンジン、給油口、メットインですが、エンジンとそれ以外はキーが別々でした。
しかもエンジンキーが無い状態でしたw

純正のキーセットは値段が高いのですが、社外品が安く買えるので入れ替えることにしました。
ヤフオクで送料込み1950円

バッテリーは充電機につないでも全く反応がなく、完全死亡状態。
後ろに写ってる4ストDIOから拝借して、キーを取り付けセルを回します。
圧縮、プラグの点火は問題なさそうですが、エンジンはかかりませんでした。

エアクリーナーを開けると、中のフィルタースポンジがありませんでしたw
まあ、あって汚れて空気が通らないわけじゃないので、実用するまでは放置しますw

ガソリンは問題なさそうなので、キャブを開けてみました。
こちらもそれほど酷い状態ではありませんでしたが、ジェットは詰まっていました。
掃除して組み付けたところ、エンジン始動を確認。
でも、オーバーフローしてガソリンが漏れてきますw

AF35 ライブDIO-ZXの規制前キャブがあるので交換。
エンジンはかかるけど、走るとジェットがあってないようで加速しなかったり、加速しても一度減速すると吹けあがらなくなったりw
ジェット類を買うのももったいないので、再びノーマルキャブをもっと念入りに清掃して再組み付け。
当然本来のノーマルなのでジェッティングも問題なく、オーバーフローも解消されました。
いかに最初の清掃作業がいい加減だったかw
フロート室にオートチョークとつながる小さな穴があるのですが、これが詰まっていたようです。
オーバーチョーク状態なんでオーバーフローしたのだと思います。

これでとりあえずは動くようにはなりました。

テスト走行すると違和感を覚えます・・・
ブレーキはかかるのですが、フロントが全く沈みません。
フロントフォークがオイル漏れってのはよくある話ですが、固着していましたw
ステップ部分に乗っかりジャンプしてもびくともしませんw

005

オーバーホールするのも面倒なんで、本当は使いたくなかったのですが、ズーマーを組むときに使おうと思って大事に取っておいた流用の定番!ライブDIO-ZX用フロントフォークを移植することにしました。

006

メーターギアも動作不良だったので、ついでに金ホイールとメーターギアもセットで交換ですw
この写真2回目の登場ですねw

この足回りは現在でもHONDA50cc系スクーターでは最強のセットで人気があります。
乗り手の腕はともかくw昭和のスクーターに一級の戦闘力!いいじゃないですかw

駆動系に話を移します。

この89年デビューの初期型DIO、後継のスーパーDIOには同じタイプの縦型エンジンが使われていましたが、スーパーDIO-ZXや 92年以降の車種には通称太軸と呼ばれるクランクシャフトが太いタイプのエンジンが存在します。
その後発売された横型エンジンのライブDIOのクランクと同じ太さです。

このDIOは細軸なのでプーリー単体ではライブDIOと同じものが使えますが、プーリーボスやランププレートは細軸用じゃないと使えません。

クラッチも大きく分けると2種類あって、細軸、太軸に関係なく小径、 大径 があります。
小径の場合は使うVベルト幅が15mmで長さは650mmが標準。 
大径の場合は使うVベルト幅が18mmとなり、長さも少し長くなります。

さて、オーバーホールをかねて駆動系を分解してみました。

Vベルトは13.5mmほどしかなくwかなりすり減っていました。
ウエイトローラーは片ベリしており、プーリーのフェイスもすり減って波打ってましたw
ここまで酷いと流石に再使用する気にならず、本当はここでチューニングパーツを入れたいところですが、予算の都合と実験を兼ねて、これまたライブDIO-ZX用を流用してみることにしました。

と言っても、これも相当使い込んでるのですがw

とりあえずクラッチは大径のライブDIO
当然合わせてベルトもすり減ってるけどライブDIO
プーリー側はプーリーのみライブDIOで、プーリーボス、ランププレート、ドライブフェイスはノーマルを使いました。
ウエイトローラーは新品買うまでとりあえず再使用としました。

最後にタイヤの空気圧を適正にしてver1の完成です。

008

後ろの4ストDIOを見ればわかりますが、ミラーも借り物ですw

クラッチスプリングが多少強いのか?滑ってるのか?wミート回転数が少し高いw
ウエイトもすり減って軽くなってるせいか変速が高回転域で加速は結構良いように感じます。
が・・・すり減って細くなったVベルト、ローラーも移動しきれないのでしょう。
最高速は50キロでしたorz

しかも、交換したフロントサスは良い仕事をするのですが、ブレーキングでジャダーがおきます。
フロントホイールを持って前後にゆすってみるとカコカコと音がして動きます。
ステムにガタがあるのでジャダーがおきるようです。

良く見ると左のグリップエンドが無く、グリップも削れているので左に強くコケタ経歴があるのだと思います。

ここから快適に走れるように、少しずつ進めていきます。

スクーター

mixiチェック Clip to Evernote
俺のいくつかある趣味の中で、最近かなりのウエイトを占めているのがスクーターをいじることだ。

現段階ではチューニングとか、カスタムなんてかっこいいものではなくw
朽ち果てそうなスクーターを修理しているのだが、本格的なレストアでもない。
ただ不動車を、実用できるレベルに復旧しているに過ぎないからだw

そんな俺の夢はカスタムズーマーを作りあげることだが、まだまだそこにたどりつけそうにない。
でも、ほぼゴミであるスクーターを実用できるプラモデル感覚で修理しているのは、なかなか楽しいのですw

今の所有車はこんな感じだ。

初期型DIOのディスクブレーキ仕様 DIO-SR(AF25)

不動から復旧作業中
走行可能な状態にはなったが、まだまだ手がかかる問題児w
20代のころ、フルチューンで乗っていたので慣れている車種だ。
まさに我が青春のDIOなのですw
こいつがちゃんと走れるようになったら日常の足として使いたいと思ってる。
まだまだ現役の昭和車ってのがいいかなとw

スマートDIO(AF56)

現在、駅まで通勤に使ってるメインマシーン。
汚い状態でもらってきた割には、エンジンもかかるし、外装がちょっとボロイ以外は問題ないw
ただ、現在8000rpm(推定)でリミッターがかかるまで回しても50キロちょいしか出ないw
駆動系のリフレッシュで完全復活だと思う。
燃費も良い優等生だが、我が青春の初期型DIOが忘れられず、完全復活したら売却しようと考えている。
でも、ちょっと惜しい気もしているw

グランドアクシス(SB06J)

俺にとって初のヤマハ車w
買ったときからバーハン、チャンバー、駆動系が入ってる仕様だった。
ノーマルを知らないが、2スト100ccにチャンバー入りってのはかなり元気で、街中では最速の乗り物と言って良いと思うほどだ。
一度ハンドル周りのパーツを盗難され、長いことゴミ扱いだったが、3年ほど前に1週間だけ復活したが、その後またゴミ扱いだった。
現在はこれを復活させて軽二輪登録して高速道路を走れるようにしようなどと、危ない野望を抱いているw
が、DIOが先なのでパーツ代が回らず手が付かない状態だw

そんなわけで、予算の都合でチョビチョビとですが、いじっていきますので、その過程をblogに綴っていきたいと思ってます。

野水いおり 1st ライブ「Signalize」

mixiチェック Clip to Evernote
今日は俺が応援する声優の野水伊織さんが、アティースト野水いおりとして開催される、初のワンマンライブのチケット抽選結果発表だった。

無料イベントでは既に150近いキャパを埋める人気がある伊織さん。
チケット代 5000円となっても、1月6日の日曜日の開催と日も良く、今回発表された会場のキャパでは応募多数で抽選になることも考えられる。
抽選となれば当然はずれることも考えなきゃならない・・・

伊織ファンとして7年・・・この晴れ舞台を観ずにいられない。
それどころか、ここ一発だけはどうしても前の方で観たい。

結果発表の13:00からメールを心待ちにしていたが、待ちきれずe+のサイトで確認。
緊張したが、無事チケットを確保できた。

しかし、代金はこれから4日以内に支払いだが、チケットの受け取りは彼女の誕生日である10月18日である。
それまで席に関してはどこなのかわからないのだ・・・

とりあえず最悪の事態は避けることができたが、まだ席がどこか?という不安が残る。 
どうか、ここだけは良い席をください!w(誰に言ってるんだw

最良の席で、最高に盛り上がりたい。
今から少し体を鍛えた方が良いなwと本気で思うおじさんだったw

iPhoneから投稿できるのか?

mixiチェック Clip to Evernote
52ed4670.jpg画像付きでテストしてみる。
プロフィール

袋小路ロイ左衛門

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • 復活
  • 復活
  • 復活
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ