それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

エアコン!リモコン!

mixiチェック Clip to Evernote
あらゆる家電製品がリモコンで動くのが当たり前な中、我家のエアコンのリモコンは壊れているw
(左 壊れてる 右 正常)

A2K75xbCcAAIboF

別に今までは多少面倒でもエアコン本体に手を伸ばして、スイッチを入れればそれで事足りてたのだが、これだと運転、停止はできても、温度調整もタイマーも使えないのですw

一応壊れてるリモコンは電池挿入部の端子が液漏れか?水を浴びたのか?ものすごく錆びていて、オイルを付けて少しペーパーがけをしたら動いたのですが、すぐに使えなくなります。
電池の寿命とかではなく、10分もすると液晶表示が消えて、ボタンを押しても反応は無く、まったく使い物になりませんw

ここのところ少し暑さもやわらぎ、明方は涼しいことも多いので、タイマーかけないで作動させっぱなしだと、朝、見事に体が冷え切っています。

これはいかんと、やっと重い腰を上げてリモコンを修理するか、購入できないかと考えはじめましたw

なんでも売ってる便利なヤフオクですが、まさかリモコン専門店があるとは驚きでしたw
ってか、目の付け所がすばらしいですね。
入手するルートがあれば立派な商売になると思います。
エアコンに限らず、ビデオやテレビなんかも学習リモコン買うよりお得な設定すれば売れるでしょうね。
 
エアコンの機種を入力したら一発で検索に引っかかり、わずか800円で入手できましたw

あと、ご飯作るときに・・・って言っても炊くわけではなく、100円ローソンの250gご飯を電子レンジで温めるだけなんですが、さすがにエアコンとの同時使用ではブレーカーが落ちるので、その度にエアコンの電源を落とすのが面倒でしたが、リモコンでピピっとできるので便利になりましたw

死ガ二人ヲワカツマデ…

mixiチェック Clip to Evernote
9月1日からヒューマントラストシネマ渋谷をはじめ全国ロードショーされている

「死ガ二人ヲワカツマデ…」

http://www.wild-strawberry.com/ws/shigawaka/index.html

2章からなる映画ですが

第一章 色ノナイ青 のヒロインとして、伊織さんが出演しています。

8月18日TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
8月19日渋谷公会堂

で行われた舞台挨拶とプレミアムイベントに行ってきました。

18日は1部、2部両方
19日は1部のみ

いや~映画ですよw
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ っていうと、マトリックス・リローデッドのプレミアム先行上映ってのがあって行ったのを強烈に覚えてます。
でかくてキレイで、ここで映画観ると本当に良いな~と思うんですよねw
OD2もここで見ましたw

そんなでかいスクリーンで伊織さんが観れるなんて感無量です。・゚・(ノД`)

この映画の主演はゴールデンボンバーの喜矢武 豊さん・・・

おっさんの俺はゴールデンボンバーも知りませんし、 喜矢武をキャンと読むことも知りません。
当日までキヤブさんだと思ってたなんて恥ずかしくて絶対に言えませんがwそこは何事もなかったようにキャン君いいよね~的ノリで余裕をかましておりましたw

このくらいでいいですか?w

さて、ここからは映画の内容に触れます。
ネタばれもあるので、観ようと思っていてまだ観てない方は読まないでください。
えっ?観ようと思ってないから読むって?

























観てからきやがれ!

ってことでいきますw

アクションから入ります。
キャンさんが早速殺す場面なんですが、まず注目したのが拳銃ですw
コルトなんですけど、カスタムモデルなんです。
でも、うぽって!!からのにわか銃ヲタには、それがどんなモデルなのか判別不明でしたw
その後のアクションでも銃は何なんかばかり気にしていましたw

ちなみにこのシーンはおそらく、信濃町~四谷の間の信濃町よりの首都高?JR?の高架下ですね。

まあどうでもいいですねw

しばらくすると伊織さん登場です。
可愛いですw
そして、キャン君にへばりついて行くのですが、まあ~うざい女ですw
で、殺し屋になりたいと・・・レオン的展開か?
まあ違うけど、心を通わせていくところはそう遠くもなく・・・

お料理でコショウファサーwのシーンで、自分で試食したあとどんなリアクションをするのか、その演技が楽しみだったけど、しばらくの沈黙のあと「おえ~~~」ってなる「お」になった瞬間カットが変わるという演技より、映像の技法で笑わす方向だったのは、笑えたけどちょっと残念だったw

それならセットでキャンさんも食ったところで後は見せないってのも良かったんじゃないかと思ったw

さて話の中心となっていくクラゲなんですが、全く意味がわからずw調べました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2 

なるほどねw

あともう一つもわからなかったけど

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

ほうほう・・・

もう一度見にいかないと駄目かなw
それでも、省いて良い表現ってのはあると思うけど、省くと意味が伝わらないところを省いてる気がするんだよな~

戦いの理由とかもわからないし・・・

それでもアクションシーンはかなり良いと思います。
特に殺し屋さんたちの殺し合いのシーンとかは良いですね。

伊織さん的シーンだと、後ろ姿で眠ってしまってキャン君に倒れ掛かるシーンは熊のぬいぐるみが倒れるみたいで可愛かったw

でもな~暗い画で顔アップとか、なんかもうちょっと可愛く撮ってあげてよ!と言いたくなる部分もあったな。

俺的ベストはやっぱりバイクで二人で旅立つシーンのヘルメットかぶったところがカリメロみたいで可愛かったのと、宮内洋がバイクに名前つけようと思ってた「ハリケーン!」っていうのが良かったなw
きっと相当おっさんのヲタしかわからんところがたまらんねw
周りのおねーさん達に気を使ってあまり笑えなかったけどw

まあ、あとはバイクで二人乗りするシーンの伊織さん・・・

「肩掴まれたら運転しにくいですから~!」

ちゃんと胴に手をまわしてください!嫌だけどw

伊織さんラストで撃たれて死んじゃうんだけど、死にかけながら何か言うことも無くリアルなんだが、だったらその死を目の当たりにして、今まで人を殺すのに何の感情も見せなかったキャンさんが怒りモードで圧倒的強さで相手を倒すとか、ちゃんと最後を見せて欲しかった。

裏話によれば、なんか撮影時間がおしてみたいな話だったから、言っちゃ悪いがそれ削って良いシーンじゃね~だろと思った。

最後に流れる「泣かないで」はとても良い歌だと思う。
耳から離れず、結構脳内リピートだw

ってのが、映画の感想かな。

DVDでたら細かく見たいシーンが結構ある。


まあ、あと会場の98%が金爆ファンのおねーさんたちなんだが、ガチャピンのかっこや、タミヤのTシャツが何故多いのかも勉強させてもらった。

渋谷のときはキャンさんゴルゴのかっこで出てきたけど、2階最後列からは何なのかほとんどわからなかったよw
でも、こんなときこそ白いスーツで行くべきだったと思ったw

司会の芸人さんが、キャンさんのおふざけに「野水さんのファンの方怒っていいんですよ!」って言ってたが、前から数列目で見てたらマジで立ち上がって周りを凍りつかせていたと思うw

女優 野水伊織 ももっと観たいな~

ところで、監督さんはなんで伊織さんをキャスティングしたのか理由を聞きたいな。
酒飲ませれば話してくれそうだなw

うぽって!!聖地巡礼

mixiチェック Clip to Evernote
リアルタイムなことを書こうと思うのだけど、やっぱり少し前の、この夏の思い出みたいなことはこの際書いておこうと思ってw 

4月からニコ生で放送されたアニメ「うぽって!!」ですが、7月からの地上波での放送もMXさんでは昨日で最終回だったのかな?

最初はアサルトライフルの擬人化と言われてもピンと来なかったんだけど、観たら超面白かった。
男の子なら一度は鉄砲に興味を持ち、遊んだことがあるのではないかと思うし、俺もエアガンで撃ち合いとかして遊んだことあるけど、それ以上はまることもなく、実銃のことやミリタリー系は全くわからなかったのだけど、この作品ではそういったミリヲタ以外の人を置き去りにすることなくw解説が入ったりするのも良かった。
しかもその解説が、マスタング大佐の中の人!大川透さんなのは更にうれしかったw

そこにきて主役のふんこちゃんは伊織さんですからねw

「これゾン」では主役と言っても、他のキャラが立ち過ぎてイマイチ存在感が・・・
でも、今回はしっかり主役だったし、声も可愛かったし、演技もとても良かったと思う。
そんなわけで、俺の中では伊織さん出演作品の中では「そらおと」と同じかそれ以上に好きな作品です。
つまりは一番かなw

ゆる~い学園生活部分も、緊迫の戦闘シーンもあってバランスが良いと思う。
伊織さんが出演していない作品でも好きな作品はあるけど、例えば「マクロスF」なんかは、やっぱり「初代マクロス」や「マクロス7」のつながりもあるし、自分が子供のころ見ていた作品の続編やリメイク的な作品は入りやすい。
そうゆうのを関係なく最近の見た作品では、つきなみだが「けいおん」は面白いと思ったけど「うぽって!!」はそれ以上に面白いと思う。
もっとヒットしても良いのでは?二期は当然として、映画化もして欲しいと思ってます。

さて、そんな大好きな「うぽって!!」だからこそ、熱い海に行きたくなりました。
友人からドライブに行こうと誘われたので、連れて行ってくれと頼んで行ってきました。

尚、画像は色々問題があると思いますが、比較のためあえて使います。
著作権者及び、関係各所からの削除要請があったら消します。


まずは城の入り口
角度が違うけどw 

vlcsnap-2012-08-07-22h40m31s132
006
vlcsnap-2012-08-07-22h40m42s247
007

天守閣からの眺め

vlcsnap-2012-08-07-22h41m04s203
009

原作ではここからG3先輩が狙撃するわけですが
狙撃される方は・・・

004

こんな感じかな?


愛錠岬

vlcsnap-2012-08-07-22h37m32s99
011
 
子供番組で命綱なしでアクションしたというロープウェイw

vlcsnap-2012-08-07-22h35m40s140
012

 戦闘シーン

vlcsnap-2012-08-07-22h46m53s90
023

サコが階段を上がってくる

vlcsnap-2012-08-07-22h49m48s243
027
 
16とサコが話すシーン
vlcsnap-2012-08-07-22h50m28s162
 029

そして共闘

vlcsnap-2012-08-07-22h52m00s90

026

ふんこちゃんお胸に水をw(じゅわ~w
vlcsnap-2012-08-07-22h54m03s43

019
020

登った商店街の屋根

vlcsnap-2012-08-07-22h56m35s241

016

同じアングルは無理w

vlcsnap-2012-08-07-22h58m57s175

018

他にもまだ未発見の場所があるので、また行きたいです。
でも、これは買いましたw

vlcsnap-2012-08-07-22h42m33s48
001

バイクパーツセンター

mixiチェック Clip to Evernote
車もバイクも(いやスクーター限定かなw)好きだけど、車に比べてバイクの良いところは、維持費も、改造するにしてもパーツ代が安いというのがあります。

もちろん品質にこだわれば高いものになりますがw

原チャリをいじる情報もいまやネットで調べればなんでも出てきて便利ですが、昔ながらに雑誌なんかも見たりします。
バイク雑誌数ある中で、原チャリといえばやっぱりモトチャンプでしょうw
そのモトチャンプの後ろの方に、必ず載ってる広告がバイクパーツセンターです。

このショップに限らず、最近のパーツは海外製で昔より格安で買えたりするのですが、それにしてもここは安い!
貧乏人の俺にはとても助かる値段設定だし、品揃えも豊富です。

一応走るようになった2ストDIOですが、足りなかったり、交換したいパーツが色々あります。
そこで初めて使ってみました。

まずはバッテリーです。
いつまでも4ストDIOの借り物ってわけにもいきませんw
でもバッテリーって高いんだよな~と思ったら・・・

850円w

4ストDIOとは違うやつで、昔のスクーター用の容量も小さい一番安いものではありますが、ちょっと衝撃プライスじゃないですか?

しかも安かろう悪かろうだとしても、一年の保証付きですw
この値段なら毎年交換でも全く問題ないレベルだと思います。

次に

001

バックミラーです。
まあ、よく盗まれますよねw
特に左なんてまともに付いてる期間が短いですw

この最近のスクーターに標準で付いてるような楕円形のミラーですが・・・

290円w

新品ですよ?w
もう言葉がありませんw

はい次

003

ウエイトローラー

270円

材質によって耐久性も違ってくるけど、こまめに駆動系開けるならこれで問題ないのではないかと・・・
某メーカー製1000円~1200円とか間違っても買えなくなりますなw
2ストDIO用8.5gと、4ストDIO用6gの2つを買いました。



002

まあ、これが一番の問題。
Vベルト・・・これが出先で切れたら動きません!
置いて帰ってきて、工具と代えのベルトを持っていくか、車で引き取りにいくか、近場なら押して帰ってくるしかありません。
いずれにしてもダメージでかすぎますw
超重要部品です。
加速、最高速など性能にも影響を及ぼすのもいうまでもありません。
普通なら2500円以下はありえない商品です。
国産か?輸入品か?純正か否か?もこだわらなきゃいけないような部品ですが・・・

ライブDIO-ZX用で960円
細軸用で640円

この値段ならリスクを背負いましょうw
高くても切れるときは切れるしねw

ただ、これライブDIO-ZX専用品として売られているのですが・・・

ライブDIO-ZX 幅18mm 長さ672mm に対して
この製品 幅18mm 長さ664mm

実に8mmも短い!
短いということは変速しきれないし、引っ張られるので切れやすいということになると思うのだが・・・

これはちょっと問い合わせてみます。

ただし、俺の場合は縦型エンジンの細軸に大径クラッチを流用という標準では無い組み合わせ。
ちなみにスーパーDIO-ZXやG'、DJ-1RRといった同じ縦エンジンで太軸かつ大径クラッチを使ってる場合のベルトの長さは664mmなのです。

つまり、俺としてはちょうどいいかもしれないのですw

それに、4ストDIOの場合は

幅17.5mm 長さ670mm

実はメーカーによってはライブDIO-ZX用と同じ物を使うようになってることもあります。
まあ、それでも長さは足りないのですがwこちらに流用ってこともできます。

細軸用は

幅15mm 長さ650mm なのですが、これも 
幅15.5mm 長さ650mmと少し太い設定になってます。

まあ、どうなるか耐久性ばかりは使ってみないとわかりませんからねw

ちょっと話がそれましたが、とにかく安くパーツが買えるショップなのは間違いありません。
しかも、人気車種なら純正部品も扱っていたり、社外製の格安外装パーツなんかも扱ってるのでこれからも注目のショップです。

今回、唯一の失敗はパーツ代の合計は3280円と格安でしたが、送料700円と代引き手数料315円がかかりました。
これがあと1720円以上何か買って5000円を超えれば送料、代引き手数料共に無料になったのです。
ウエイトローラーなんてセッティングのために0.5g単位で数種あってもよかったし、もう少し後々買うことになりそうなパーツを注文しておけばよかったと後悔しています。

発注が土曜日の朝だったので、土日はお休みで月曜に発送されて火曜日に届くかと思っていました。
実際発注確認メールは来たけど、受注処理、発送のお知らせなどのメールは来なかったのですが、日曜の午前中に届きました。
そして届いた後にメールが来ましたw

代引きだと発送も早く、なんでも安いからこれからもお世話になると思います。


夏休みの工作w 2ストDIO編

mixiチェック Clip to Evernote
新車ではこんなスクーターなのですが・・・

DIOSR

今の状態はというと・・・

 まあ、20年以上前のスクーターですからボロボロですw

 不動の状態でもらってきてからの作業記録

004

外装を外してチェック。

外装はそれほど痛んでませんでしたが、唯一テールレンズとリフレクターが割れており、中の状態も酷かったので再使用不可としてヤフオクで中古を購入。
送料込み1750円

ちなみにAF18、AF25は形は共通なんですが、AF25はブレーキとウインカーのレンズが少しスモークがかかったタイプなので、そっちを選びました。
AF18用はなんか安っぽいオレンジと赤なんだよね~w

このDIOはキーが3つあります。
エンジン、給油口、メットインですが、エンジンとそれ以外はキーが別々でした。
しかもエンジンキーが無い状態でしたw

純正のキーセットは値段が高いのですが、社外品が安く買えるので入れ替えることにしました。
ヤフオクで送料込み1950円

バッテリーは充電機につないでも全く反応がなく、完全死亡状態。
後ろに写ってる4ストDIOから拝借して、キーを取り付けセルを回します。
圧縮、プラグの点火は問題なさそうですが、エンジンはかかりませんでした。

エアクリーナーを開けると、中のフィルタースポンジがありませんでしたw
まあ、あって汚れて空気が通らないわけじゃないので、実用するまでは放置しますw

ガソリンは問題なさそうなので、キャブを開けてみました。
こちらもそれほど酷い状態ではありませんでしたが、ジェットは詰まっていました。
掃除して組み付けたところ、エンジン始動を確認。
でも、オーバーフローしてガソリンが漏れてきますw

AF35 ライブDIO-ZXの規制前キャブがあるので交換。
エンジンはかかるけど、走るとジェットがあってないようで加速しなかったり、加速しても一度減速すると吹けあがらなくなったりw
ジェット類を買うのももったいないので、再びノーマルキャブをもっと念入りに清掃して再組み付け。
当然本来のノーマルなのでジェッティングも問題なく、オーバーフローも解消されました。
いかに最初の清掃作業がいい加減だったかw
フロート室にオートチョークとつながる小さな穴があるのですが、これが詰まっていたようです。
オーバーチョーク状態なんでオーバーフローしたのだと思います。

これでとりあえずは動くようにはなりました。

テスト走行すると違和感を覚えます・・・
ブレーキはかかるのですが、フロントが全く沈みません。
フロントフォークがオイル漏れってのはよくある話ですが、固着していましたw
ステップ部分に乗っかりジャンプしてもびくともしませんw

005

オーバーホールするのも面倒なんで、本当は使いたくなかったのですが、ズーマーを組むときに使おうと思って大事に取っておいた流用の定番!ライブDIO-ZX用フロントフォークを移植することにしました。

006

メーターギアも動作不良だったので、ついでに金ホイールとメーターギアもセットで交換ですw
この写真2回目の登場ですねw

この足回りは現在でもHONDA50cc系スクーターでは最強のセットで人気があります。
乗り手の腕はともかくw昭和のスクーターに一級の戦闘力!いいじゃないですかw

駆動系に話を移します。

この89年デビューの初期型DIO、後継のスーパーDIOには同じタイプの縦型エンジンが使われていましたが、スーパーDIO-ZXや 92年以降の車種には通称太軸と呼ばれるクランクシャフトが太いタイプのエンジンが存在します。
その後発売された横型エンジンのライブDIOのクランクと同じ太さです。

このDIOは細軸なのでプーリー単体ではライブDIOと同じものが使えますが、プーリーボスやランププレートは細軸用じゃないと使えません。

クラッチも大きく分けると2種類あって、細軸、太軸に関係なく小径、 大径 があります。
小径の場合は使うVベルト幅が15mmで長さは650mmが標準。 
大径の場合は使うVベルト幅が18mmとなり、長さも少し長くなります。

さて、オーバーホールをかねて駆動系を分解してみました。

Vベルトは13.5mmほどしかなくwかなりすり減っていました。
ウエイトローラーは片ベリしており、プーリーのフェイスもすり減って波打ってましたw
ここまで酷いと流石に再使用する気にならず、本当はここでチューニングパーツを入れたいところですが、予算の都合と実験を兼ねて、これまたライブDIO-ZX用を流用してみることにしました。

と言っても、これも相当使い込んでるのですがw

とりあえずクラッチは大径のライブDIO
当然合わせてベルトもすり減ってるけどライブDIO
プーリー側はプーリーのみライブDIOで、プーリーボス、ランププレート、ドライブフェイスはノーマルを使いました。
ウエイトローラーは新品買うまでとりあえず再使用としました。

最後にタイヤの空気圧を適正にしてver1の完成です。

008

後ろの4ストDIOを見ればわかりますが、ミラーも借り物ですw

クラッチスプリングが多少強いのか?滑ってるのか?wミート回転数が少し高いw
ウエイトもすり減って軽くなってるせいか変速が高回転域で加速は結構良いように感じます。
が・・・すり減って細くなったVベルト、ローラーも移動しきれないのでしょう。
最高速は50キロでしたorz

しかも、交換したフロントサスは良い仕事をするのですが、ブレーキングでジャダーがおきます。
フロントホイールを持って前後にゆすってみるとカコカコと音がして動きます。
ステムにガタがあるのでジャダーがおきるようです。

良く見ると左のグリップエンドが無く、グリップも削れているので左に強くコケタ経歴があるのだと思います。

ここから快適に走れるように、少しずつ進めていきます。
プロフィール

袋小路ロイ左衛門

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
  • 520コンバート
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ