それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

福島に行ったあれこれ4

mixiチェック Clip to Evernote
閉会式を最後まで観ることもなく会場を出た。
雨も降り始めた。
冷たい雨だった。

何も食ってなかったので会場前のセブンイレブンでおにぎりを買った。
イートインスペースがあるわけでもない。
車であれば車内で食べることもできるだろうがバイクは体一つ。
冷たい雨にふられながら、おにぎりを食べた。

他の伊織さんファンは郡山から新幹線で帰るという。
新幹線の時間まで飯を食うなり、飲むなりしようではないかということになった。
雨の中をさっき来た道で郡山まで戻る。

話をイージスに戻そうw
PCXの非力さを痛感しながら走った磐越道。
日が落ちかけて寒さも増してきた。
このあたりで急がなきゃと思いつつ感じていたのは「寒い」ということだ。
外気温6度の中を時速100キロ+αの向かい風など受けながら走る。

この時点で着ていたのは上はTシャツ、厚手のハイネックのトレーナー、イージス。
いくら防寒着といえどインナーは重要だと思う。
というより、防寒性能が高いとは言ってもカッパであるw普通に着るものを着て上に着るものである。
それが防寒性能が高い故にインナーをあまり気にしなかった。
つまりは十分暖かいと言えるのではないだろうか?少なくとも我慢できない寒さではなく、もう少し暖かければと思うくらいだった。
当然、一度止まってアルミ裏地のベストでも中に一枚足せばかなり違ったと思う。
あと、体の中心部より腕が冷たく感じた。

スクーターなので足に当たる風はレッグシールドの効果で通常のバイクよりはましだと思うが、ヒートテックもどきのももひきの上に厚手のチノパンにイージスでほぼ不満を感じなかった。

靴がハイカットのスニーカーだったが、イージスの裾に余裕があり、足首がでることもなかったので大丈夫だったが少し冷たかった。靴下二枚重ねなら万全、ブーツなら全く問題ないだろうと思った。

手袋も安物なんだけど、全く不満がなく、グリップヒーターさえ使わなかった。

雨はこのときが一番降ってたけど、それほど強いわけでもなかった。
ただ、通常の防寒着であれば染みて悲惨なことになっただろうし、カッパを着るくらいだったけど、イージスは防水なのでそこを気にしなくても良いのは楽だ。
これは冬場の悪天候で悩まされる部分で厚着して更にカッパというのは結構なモコモコ状態になるが、これだけで済むのはありがたいと思った。

郡山の駅についた。
その昔、土曜の夜に皆で集まってるとき、郡山で食ったとんかつがうまかったという話になって、じゃあ今から行こうと車何台か連ねて、いきなり郡山ツアーをしたのは良い思い出だ。
結局、そのとんかつ屋を探して、確かここだと思うという場所を発見したが、焼肉屋に変わっていたのでとんかつは食べられなかったというおまけ付きだw

その時は車で行ったし、電車で行ったことはないし、駅のすぐ近くだったということは覚えているが、どっちがわだったかもわからないし、今いる場所がそのときと同じ場所とは全く思えなかったw

程なく皆と合流し、会津地鶏の店に入ったが、これが大正解だった。
唐揚げも、焼きも美味しかったし、でっかいチーズをくり抜いたところに野菜を入れて器になってるチーズを削りながら目の前で作ってくれるシーザーサラダも美味しかった。
この時点で酒も飲み、帰る気なしw翌日仕事であれば、そこからまた350キロ走って帰るのだと思うと無茶にもほどがあるwいや、できなくはないがPCXでは勘弁してください。
そんなわけでツーリング一日最高記録はやはり700キロと倍増することもなく、350キロと変わりませんw

そう、そしてここで重大なミスを犯しました。
これ、結構致命的というか、本当に大事に至らなくて良かったという話なのですが・・・

途中のPAでも手順が確率していないと書きましたが、ここでもやりました。
店に入ってすぐイージスを脱ぎました。

スマホがない?

スマホは電池がなくなりそうだったのでモバイルバッテリーで充電しながらカバンに入れてましたw

財布がない?

イージスの内ポケットから出て落ちてました。
この直前にATMで金をおろしたばかりwあってセーフw

しばらく、美味しいからあげ食べながら飲んでいたのですが・・・

あれ?さっきポケット色々さがしたけど鍵ってあったか?

通常パターン

バイク止める→鍵をOFFポジションにしてシートロックを外す→鍵を抜いてズボンの右ポケット→メットを脱いでメットインへ→シートロック

これができないのです。

まず、荷物があるので何をしまって何を出すがパターン化してない→何度も出し入れ→鍵挿しっぱなし

この鍵挿しっぱなしはズボンのポケットに鍵をしまうができないからなんです。
オーバーパンツにポケットないんですよ。

財布もケツポケットなのですが、これもオーバーパンツだとできないので胸の内ポケットってのはスーツのときとかにたまにやるので忘れることもないのですが、鍵はやっちまいました。

最悪、そのままバイク乗っていかれる。
鍵だけ抜かれるとバイク動かせないし、帰っても家に入れない&その他諸々の鍵がなくなります。
これはヤバイ!

走ってバイクに戻るとバイクはある。
間違いなく身につけてないし、カバンにもない。
挿しっぱなし意外には考えられない・・・

でも、バイクに鍵はささってない!

先日、友人もツーリング先でキー紛失ってのがありました。
俺もか・・・友人は家族がスペアキーを新幹線で荷物だけとどけてくれるサービスがあるそうで、それで助かりました。
俺の場合は鍵屋呼んで鍵作ってもらうしかありません。

マジか・・・

これも普段やらないことなんですけど、ハンドルロックをかけていませんでした。
つまり、押して場所を移動することは可能です。
もし、鍵を抜いてもっていかれて、後で乗って持って行こうとしても現物を移動することは可能になったわけです。
これで盗難のリスクは減りました。

しかし、鍵だけ持っていっても何の役にもたちません。
そんなことをわざわざするだろうか?挿しっぱなしの鍵を抜いて、どこかに置いてくれたのではないだろうか?などと都合が良いことを考えて周囲を見てみると、何の設備かわからないけど壁に付いてるボックスの上に光るものを発見しました。

あったw

なんていい人なんだw助かりました。
そんなわけで、危なかったけど無事鍵を回収できました。

その後の酒が更にうまかったことは言うまでもありませんw

皆を改札まで見送り、当然もう一軒飲みにいきますw
だって日本酒飲みたいじゃんw

そんなわけで店員さんのおすすめで

鬼羅

いちばん香りが良いのをだしてと言って

天明

最後は名前だけで

俺の出番

って酒を飲みましたw

翌日になって伊織さんblogを読んで天明を飲んでたことがわかって小さくガッツポーツw

そしてネカフェに一泊しました。

つづく





 

福島に行ったあれこれ3

mixiチェック Clip to Evernote
常磐道をひた走る。

アクセルは常に全開である。
固定したいと思うほど全開で走り続ける。
普通のバイクならこんなことはない。

非力・・・

常に全力を出し続けるエンジン。
エンジン自体がどうこうってのはないだろうが、駆動系、バイクでいうところのチェーンにあたるベルト。
これが大丈夫だろうか?と心配になる。
それどころか小さなトラブルであっても、走り続けなければ間に合わないのだ。
がんばってくれ!

だが、落とし穴はあまりにも意外な形で訪れる。

PCXの燃料タンク5L

まさかのガス欠危機w
高速にはPA、いわゆるパーキングエリアとSA、スイートアームズが・・・ではなくwサービスエリアがある。
サービスエリアにはガソリンスタンドがあるが、パーキングエリアには無い。
燃料計からみて、次で大丈夫だろうと思ったのが甘かった。
最後の1メモリが点滅を始めたらどうにもならない。

休憩したい時間でもあったが、とりあえずPAに入った。
PA、SAには二輪専用駐輪スペースが必ずある。
そこにはCB1300に乗る2人のベテランライダーがいた。

「次のガソリンスタンドがあるSAまでどれくらいかわかりますか?」

「いや~結構先だよ。もうカツカツ?」

「ですね~w」

「次の出口はすぐだから一度降りるしかないね」

時間ロスし金も余計にかかる・・・

PCXの燃費は定評がある。
リッター40kmは当たり前っていうけど、高速だし200km以上は行けるなんて考えが甘かった。
オドメーターは162km・・・マジか!これでは到着までに更にもう一回給油が必要じゃないか!
そしてナビの残り所要時間、距離を見た・・・このまま走り続けても15:00をオーバーする・・・
遅くなってるじゃないか!

終わった・・・

と思ったところに伊織さんのツイート

ライブは15:30に変更!YES!まだ行ける。

次のインターで降りて、すぐのGSで満タンにして再び高速に乗る。
ここからは給油意外に休憩は無し!いくぜ!いくぜ!いくぜ!とモモタロス張りの気合を入れる。

その気合も虚しく安定の100キロ走行wゆっくりハーレーさんはぶち抜いても、速い大型が右車線を猛スピードで抜けていく・・・その時思った・・・

バイク買おうwいや車かな?w

いわきから磐越道に入ると更なる試練が待っていた。それは・・・

上り坂w

登んね~w非力、非力、非力!
それでも全開。

阿武隈高原SAでガソリン給油。
予定よりだいぶ遅れてる。
時間さえ確認しないで走ってるが、俺の感覚では少なくとも郡山は通過しているはず。
だが、実際には郡山手前14キロくらい?時間は15:12

これはどう頑張っても間に合いそうもない・・・

だが、全力で走りつづける。
到着は16:10だった。

完璧な敗北wやってもーたw

閉会式で一目見れれば良いなと思ったが、伊織さん登場することもなく・・・

敗因

・事前の準備は万全に
・時間に余裕をもって行動
・PCXは非力
・ガソリン満タンで走れる距離は知っておけ

つまり無計画で、ノリと勢いでは、なんとかならないということだ。
いい加減いい歳こいてこれだからな~w

教訓とせねばならないな・・・人間性だから簡単にかわらないけど。

つづく

 

福島に行ったあれこれ2

mixiチェック Clip to Evernote
作業服のワークマンの売れ筋商品「イージス」

http://www.workman.co.jp/new_item_information/aegis2016.html

コスパ最強と言われるこの商品、当然ワークマンで買うことになるのですが開店時間7:00~20:00
通販もありますが納期の問題もあるし、服とか身につけるものはサイズが合うのかって不安もあります。
また、評判は良くても実際の質感など手にとってみないとわからないこともあります。

定時で仕事を終えて、帰路から少し路線を変えると20時までに行けるワークマンがありました。
19時半に到着して試着・・・欲しいモデルのサイズはなく、サイズがあるモデルは値段も1.5倍wいくら暖かくてもカッパに1万超えは出さないだろうwとか冷静になって買うのをやめました。

翌日、これまた定時で帰宅して家の近所のワークマンに行こうと思いました。
本当に人気商品らしく売り切れたりするようで、店頭に在庫がなければ入手には時間がかかる。
買うモデルやサイズが決まってるなら在庫確認もできるけど・・・ここは一発勝負!と思ったところにメールが来るw

久しぶりの友達が今から飲もう・・・
イージス買って準備しなきゃ・・・
明日、350キロもバイクに乗るのに酒飲むの?・・・

で、結局終電近くまで新橋で飲みましたw

イベントの詳細もわかってなかったけど、伊織さんの出番は15:00とのこと。
本当は朝の6:00くらいに家を出ようと思ったけど、これならゆっくりでも間に合うなwと思った俺が馬鹿でした。
google先生は所要時間4時間と算出。
これは9:00に出ても余裕だべと考えた俺が馬鹿でした。

何事も時間に余裕なんてことを考えません。
余裕を持つと、その余裕が無駄だと思うのです。

7時に起きて準備をし、一発勝負でワークマンに行きました。
良いのか悪いのか?サイズもモデルも豊富で選ぶのにも一苦労wしかし、本来買い物とは楽しむものだと思うのです。(そんな場合じゃねーよ!)

お会計をしてその場で「着て行きます!」と言って着て、そこまでのアルミ裏のベスト状のものと、そこそこ暖かいウインドブレーカーから着替えて、ガソリンを満タンにしてやっと出発と相成りました。

スマホをナビにできるようにハンドルにつけるマウントとかあるのですが、スマホ買い替えたらサイズ合わず使えないwでも道は単純だし、画面見れなくても音声案内だけ聞こえればどこで曲がるかはわかる。
荷物は最低限でリアボックスもなくメットインのみ・・・余ってるリアボックス付けようかと思ったけど、これも断念。
結局は定評はあれど本当のところどうかわからないイージスを調達したのみの出発になりました。

天気は良い。
日が当たってれば暑いと感じるほどだった。
暖かさに不安はない。
風をシャットアウトしてくれるのをもろに感じる。
だがイマイチ心地が悪い・・・

道は空いてる。
しかし、空いてると言っても全開でメーター読み110キロ・・・実際100キロ?
そう、車であればリスクを覚悟で少し悪いこともできるのだが、全開でスピード違反の対象にならない程度・・・

これは・・・

時間を短縮する術がない。

花輪から高速に乗り、成田を過ぎてつくば方面へ。
やがて見えてくる・・・牛久の大仏

ちょっと話は変わるが、俺は巨大建造物恐怖症だw
ビル、船、飛行機といったものは別に怖くない。

ただ、人の形をしているもの、可動部分があるものに恐怖を感じる。
可動部分があると言うのは、もうほぼ決め打ちで風力発電の風車が怖いw

で、人の形をしたものってのはなんか不気味に思うんだよねw
お台場でガンダムを見ても全然大丈夫なんだけどw

鋸山に大仏とかあるけど、あれって座像だし、岩だよねwって思えるんだ。
でも立像ってのは恐怖を感じるんだw
しかも牛久の大仏もでかいが、今目指してるところもデカい観音立像があるんだよw
なんで、こんな怖いものだらけじゃねーかw

ちなみに、風力発電の風車が怖くなったのは、北陸道を走っていてトンネルを抜けた瞬間に目の前に風車がグルグル回っていて恐怖を感じてからw人の形は大船の観音を見てからだw

その牛久の大仏・・・ちょうど左側面を観るようになる。
右手を胸の前、左手を上向きに腰のあたり・・・

俺には「かめはめ波を打ったあと」に見えたw

つくばで常磐道に入って最初の休憩。

イージスの違和感ってか心地よくないのは、フードが付いていてこれが引っ張られるのが原因。
脱着可能なので取り外した。
ここでyahooカーナビの時間を調べると・・・

時間ギリギリだよ!

急がねば!

トイレに行って、タバコ一服のみで再スタート・・・がスムースにできないw

物事には順番がある。
まあ、下半身は関係ない。
イージスの上着だが、風をシャットアウトできるように襟が高く首周りが完全にガードできる。
ヘルメットかぶってると少し窮屈なほどだ。
ジッパーをあげて首を完全ガード・・・あっ、メットのあご紐締めてないw

下ろす→あご紐締める→またあげる→手袋する→鍵が刺さってない→手袋はずす→鍵をポケットから出す→手袋する・・・

一連の手順が身についてないw

やっとのことで再スタートするが、今まで考えたこともないような事態に遭遇することになる。

つづく


 

福島に行ったあれこれ

mixiチェック Clip to Evernote
たまにはBLOG書いてみましょうかw

11月3日福島萌祭に野水伊織さん出演とのことで、行ってみることにしました。
会場はやすらぎの郷会津村・・・なにやら大きな観音があるところらしい。
そんなところでイベントやるの?なんて思いつつ、交通手段を調べてみましたが郡山までは新幹線で、そこからは高速バスなんて検索結果がでました。

?・・・時間帯を買えてみても電車という選択肢が出てこない・・・

ああ、これは完全に車で行けってところですねw

あっ、一応バイクの話が中心になるかと思いますw

しかし、車は無いのでバイクで行きましょう!って決めました。
なぜ?この考えに至ったかと言うと、最近若かりし日を一緒に過ごした友人の中でバイク熱が高まっているという背景があり「いっちょうロングツーリングでも行ってみるか!」となったわけです。

ちなみに愛車は初期型PCXで、150ccというラインナップもありますが、俺のは125ccからの軽二輪登録です。
この今の愛車、千葉から東京への移動などには結構便利だったりしますし、もう少し足を伸ばしても全く問題はありません。
高速道路で最高速120kmしか出ないけど、100kmを常用域として使う程度なら問題なく、実際京葉道路などは一番右を走っていても速い車に道を譲ることはあっても、ほぼストレスがありませんでした。

若いころバイクで伊豆の下田に行ったことがありますが、ツーリングの距離としてはそれほどでもなく、PCXで榛名山に行って佐野をまわって帰ってきた往復350kmのツーリングが最長距離になると思います。
今回は片道で350km・・・これはちょっと挑戦になりそうだと思いつつ、そのほとんどが高速道路ということもあり、距離的なことはどうにかなるだろうと甘く考えましたw

不安は距離よりも「寒さ」「冷たさ」でした。

バイクに乗らない方でも、自転車なんかで「死ぬほど寒い」って経験を一度はしていると思います。
また場面に関係なく「手の感覚がないよ」とか「足が冷たすぎて無理」とか局所的な冷たさも経験はあるでしょう。
これが一般公道でも60キロで走るバイクにとっては「辛い」を通り越して致命的になります。
手がかじかめばアクセル、ブレーキ、スクーターにはありませんがクラッチの操作にも影響します。

ヘルメットは法的に装着義務がありますが、他の物に関しては義務はありません。
自慢じゃありませんが、この季節くらいまでは僕は手袋をしません。
もちろん転んだら悲惨なことになりますが、手が冷たいとかじゃなければしません。
駅までの5分もそうですが、30km程度の走行であれば全くする気がありません。
本気で自慢できることじゃないですw

無風の状態でもバイクで走れば風が生まれます。
これが最大の魅力でもありますが、高速走行などでは風はお友達ではありませんw完璧なまでに敵になりますw
11月とはいえ東京は(俺は千葉だけどw)暖かい方で、少し地方に行けばその寒さは結構なものです。
向かうのは福島・・・寒くないわけがありませんw11月上旬で路面が凍結するようなところではないと思いますが、あってもおかしくはありません。
つまりはバイクで走れる限界の寒さとの戦いになることが予想されます。

やっぱ新幹線じゃね?w

と弱気になったりもしましたw


防寒対策とライディングギア

MA-1というフライトジャケットがあります。
これはバイクを運転する際も結構暖かくて助かるのですが、弱点があって首が寒いですw冷気が首を冷やし、襟から侵入して寒くなります。
街乗りで時間も短ければなにも問題はありませんし、昔はトレーナーの上にパーカーを着て、その上にMA-1を着て、更にマフラーで首をガードして、なんとか乗り切りましたが、そんなもんじゃとても時速100キロの風に長時間さらされるとなると無理です。

しかし、俺はそれ以上の防寒着を持っていません。
また、仮に上半身はそれでしのげても、下半身も対策が必要になります。

下水の仕事をしているときに冬の現場で寒さ対策からオーバーパンツを初めて着用しました。
これが暖かくて、作業ズボンの上から履くタイプや、裏がフリースになってる直接履くものなど数種持っていましたが、ボロくなって捨てたり、いつだったかバイクのリアボックスから盗まれて今は一着もありません。

最低限、オーバーパンツは必要なので買おうと思っていたところ、友人から良いものを教えてもらいました。
これは、もう定番というか有名な作業服屋のワークマンで売ってるイージスというものです。

イージス?と聞くと「イージス展開、アルテミスフルファイアー」を思い浮かべる俺ですがwつまりは防寒機能を備えたカッパ・・・えっカッパ?と思ったのですが、この評判がとても良く、ライダーにも人気があるようです。
本格的なライディングギアはお値段も高いなか、上下セットで6800円は破格でしょう。

http://www.workman.co.jp/new_item_information/aegis2016.html


実際にはどうなのか?そして、このイージスの購入がある意味勝負の分かれ目となるのでしたw

つづく
 

NURO光に変えた結果

mixiチェック Clip to Evernote
久しぶりにblogなんて書いてみるw

相変わらずの昔話からw

二十歳を過ぎてパソコンを買った時はまだパソコン通信というものでインターネットなんてものは知りませんでした。
子供の頃から都営住宅に住み、その頃のパソコン通信といえばアナログ回線にモデムをつなげて2400bpsでの通信でした。

この頃のパソコン通信は従量課金制で、niftyなどはオンラインで読むとお金がかかるのでオートパイロットで読みたいフォーラムの会議室を登録しておき、1分単位の課金なので1分以内に巡回させることが重要でした。

やがてモデムの速度は9600bps、14400bpsと上がっていきましたが、niftyも速い速度で接続すると値段があがるので料金の節約にはなりませんでしたがw速度が速くなることが嬉しくて、パソコン自体は高くて滅多に買い換えることはできなかったけど、モデムはスピードアップするごとに変えていた気がするw

14400bpsでやっと14.4Kbpsになったわけだが次は倍の28.8Kbpsで「にっぱっぱのモデム買ったぜ!」と自慢したものですwすぐに33.6が発売され、56になっていくのですが、Windows95の登場とともにインターネットが身近なものになりました・・・と言っても今のような個人の発信型ではなく企業などの大きな組織のホームページがあるくらいで、それを閲覧するだけのような感じでした。

でも、日本という国だけではなく世界と繋がってるのだと実感したのは、無修正のエロ画像が見れたことですwでね、今みたいにサムネイルが一瞬で表示されるなんてことはなく、ただ文字のリンクをクリックして画像が落ちて来るのをひたすら待つのですよw顔が表示されてからおっぱいが見えるまで3分以上かかるとかザラにあって、しかも全部表示されたらパンツ履いてるとかいい加減にしろよ!と思うわけです。(お前がいい加減にしろよ!w)

ちなみに俺は自慢のにっぱっぱのモデムだったけど、遅くて全く話にならなかった。で、友達がISDNにしているのを見て俺も!と飛びついたわけですw
ISDNは64Kbpsでアナログモデムの最高峰56Kbpsと表面上の速度はそれほど差がないけど、デジタルの安定感というかキューゴロゴロっていわないで音もなく繋がるのは感動しましたwもちろんエロ画像も・・・でも、まあ冗談抜きにインターネット初期の回線速度の進化はエロにあったと疑わない俺ですw

そんなことを言ってるうちに64kを2本束ねて128kとかありましたが、今度はADSLですよ。せっかくデジタルに変えた回線をまたアナログに戻して本当に1.5Mなんて出るの?なんて疑っていましたが、これがまた桁違いに速かったwその後のADSLはあれよあれよという間に速度が上がり40Mなんて速度になりました。
と言っても電話局からほど近い俺の家でも大体話し半分で8Mのときは4M、40Mのときは20Mくらいが限界でした。

そしていよいよ光回線の時代が到来するわけですが、ここで問題が発生します。
当然、光回線を引きたいのですが、都営住宅は個別に引くことはできず、その頃は共同設備を設置するなんて話ができるほどネットは社会に影響を与えていませんでした。
このあたりは現状どうなっているのか?今は全く知りません。

川口のマンションに引っ越すことになって、やっと光回線を引くことができたけど、これも部屋まで光が来るわけではなく、マンションまで光で来て、各部屋には電話線を使います。
VDSLの名の通り、ADSLと同じで電話局が近く来るようなものです。
したがって速度も50Mが上限・・・料金的に考えるとADSLでも良いのでは?と思うくらいでした。

やっと部屋まで光が来たのは船橋に引っ越してから。
上限200Mで70M出た時は嬉しかったですねwこのあたりで速度に困ることはなく、それ以上速くならなくても別に困らないだろうと回線に関しての興味はなくなってきました。

さて、ADSL時代くらいからでしょうか?顧客の獲得競争が激しくなったのは・・・「回線を切り替えたら安くなる」「速くなる」「キャッシュバックもあるよ」とw俺も結構変えましたw変えるたびにキャッシュバックがあったり、PSPが貰えたり、結構おいしい思いをしましたwこの頃はまだ回線獲得や回線手配なんかと密接な会社に勤めるなんて思ってもいませんでしたねw

本題に入りますw

住宅事情により光が引けない方もいるかもしれませんが、今はもう普通に光回線が普及しています。
NTTのフレッツ光に加入している方でファミリータイプに加入していれば、にねん割に加入している人も多いかもしれません。
月額で700円も違いますからね。(マンションタイプはにねん割でも100円しか違わない)
しかし、携帯と同じように2年縛りになるわけですが、実は新規で光回線に加入して2年経って解約しようと思っても、にねん割の解約金は払わなくて済みますが工事費は30ヶ月分割で残り6ヶ月分の工事費は解約時に支払わなければなりません。と言っても今は安くなっているので3000円くらいかな?つまりは光回線を契約したら2年のお付き合いではなく4年のお付き合いということです。

俺の場合、川口に引っ越したときにフレッツ光を初めて契約して、4年経って船橋に引っ越しました。
多分今は引っ越しに伴うフレッツの移転は料金がかかると思いますが、俺のときは確か移転に関しては料金がかからなかったと記憶しています。
また船橋市内でも引っ越ししていますが、この時も確か料金はかからなかったと思います。
仮にかかったとしても大した金額じゃなかったはず・・・結局のところ何が言いたいかと言うと初期工事費の残債はもうないということです。

2年前の5月にヨドバシカメラでイヤホンを選んでいた時、プロバイダを変更するだけで1万ポイント貰えるキャンペーンをやっていました。
しかも、プロバイダ料金は月980円の2年契約。当時契約していたプロバイダの半額以下でした。
固定回線は永続的に使おうと思っていますし、これは変えない手はありませんでした。
フレッツもにねん割未加入だったのでプロバイダが2年契約なのだからと同時に加入して月2500以上安くなったことを覚えています。

ところが・・・このプロバイダがサービスをやめることになりましたw

であれば、ちょうど2年経つしプロバイダもフレッツ自体も解約金がかからず変更が可能です。
そこにきて今は光コラボが始まり、回線転用でプロバイダに一本化して料金を更に安くすることができるというチャンスが訪れました。

そうです!料金が安くなるだけじゃないのです!思い出してくださいw契約を変えるということはキャッシュバックやおまけが貰えるチャンスでもあるのですw

そこで調べること数日・・・光回線を転用して光コラボに乗っかっても料金自体は安くなるけど、大したキャンペーンはありませんw(完全そっち狙い)また携帯との絡みも重要です。
docomo光なんかは携帯の割引もあるので家族が多ければそれだけでも結構な値引きになります。
我がソフトバンクはと言うと・・・携帯も安くなるけど、とにかく評判が悪いwさていかがなものか?と思ったところに世界最速NUROという選択肢w

これも結局はNTT回線を使うらしいけど、契約上は全くNTTと絡まず完全な新規として加入になります。
新規加入ってことは・・・当然おまけも豪華になりますw
運営はso-net改めソニーネットワークコミュニケーションズです。
so-netということはMVNOではdocomo回線使ってるから携帯の割引は期待できない?と思ったらフレッツで言うところのひかり電話に相当するIP電話の部分がソフトバンク!よってソフトバンクの携帯利用者はソフトバンクの料金1500円割引!になります。

整理すると・・・

フレッツ光ファミリーハイスピードタイプ(スピード上限200M)

月額 5200円
にねん割 -700円
ひかり電話 500円
フレッツテレビ 660円
無線LANレンタル 300円

NTT合計 5960円

プロバイダー 980円

携帯割引 なし
フレッツ光クラブポイント いくらだっけ?w

合計 6940円(税抜)

これが現状なわけで、変えない限りこの条件のままです。
これをNUROに変えると・・・

NURO 光G2V(スピード上限2G)

月額 4743円
NURO光でんわ 500円
テレビサービス なし
無線LANレンタル 無料

NURO合計 5243円

プロバイダー 込みなので0円

その他の割引 ソフトバンク携帯代金から1500円引き

合計 5243円とソフトバンクから-1500円
実質 3743円

その差 3197円

これが単純な月額ランニングコストの差です。
もちろん、これに最初は契約事務手数料なるものがかかったりしますが、それも3000円の話w1ヶ月でもとがとれることになります。

デメリットはフレッツテレビが使えなくなりますが・・・幸いにもうちはベランダから衛星の方向がクリアですwアンテナ買って設置すればこの費用もかからなかったのですが「まあいいか」と毎月660円払っていたわけですが、昔と違ってアンテナも5000円くらいで買えてしまいます。フレッツ・テレビの8ヶ月分、下がった料金の2ヶ月分でもとがとれますw

更に、完全新規契約ですから特典があります。
キャッシュバックの相場は4万円くらいですが、これ半年後とか結構後になります。そこで選んだのが・・・

PS4プレゼントw

500GBのモデルで通常なら34800円?が無料で貰えるってやつですね。

月々のランニングコストが安くなって
スピードが速くなって
PS4が貰える

何も悪いことがありません・・・と普通の人には文句のつけようがないでしょうw
でも、私にはありますw凄く細かくて理解されず、利用する回数もどれだけあるか?ってくらいのことなんですけどね。

今、自宅にフレッツ光を引いてる人でひかり電話を契約している人ってどのくらいなんでしょう?家族と同居であれば昔の電話番号を引き継いで使ってる方もいるかもしれませんが、個人ともなると多くないのかな?と思ったりします。

実際、私も年に数回あるかどうかのFAX受信とかにしか使いませんけどwあと電話代安いから使おうと思っても誰も出てくれないんですよねw知らない固定電話の番号なんて敬遠されて当たり前。

でもね、結構知られていないのが今のフレッツ光のルーターってSIPサーバー機能が付いているんですよ。
これがあると何ができるかと言うと、自分のスマホが自宅の電話の子機になります。
フレッツのルーターにWi-Fiが付いてるとか、別途Wi-Fiルーターがあればスマホをネットワークに繋ぎ、アプリからルーターに直収されてるひかり電話を利用できます。
スマホの電話帳をそのまま使えるし結構便利だし、0120で携帯からは繋がらないようになってるところにかけるのに使っています。

この何気に便利な機能がNURO光のルーターには付いていません。
付いていないどころか、ひかり電話に相当するNURO光でんわはルーターと一体になっておらず、別体のTAを使うのです。
これはかなりいただけません。
接続もアナログ電話機のみです。

それともう一つ、VPNサーバー機能もフレッツのルーターには付いていました。
これもNURO光のルーターには付いていません。
VPNは外からでも内部のネットワーク繋いでるかのように接続できる機能ですが、先のSIP機能と組み合わせると外出先から自宅のネットワークにVPNで接続して、SIPサーバーから電話するという昔で言うなら完全犯罪のからくりのようなことができましたw外にいながら自宅の電話が使えるのです。
今や世界のどこにいようとLINEで直接会話ができますが、既存の電話網に安い費用で電話する際には非常に良いシステムでしたが、これも使うことができなくなります。

どうです?どうでもいいでしょw

まあ、そこは別途対策すれば良いのですが、VPNは良いとしてもSIP機能は惜しいです。
どうしてもその機能が欲しければ繋ぐための機械を購入しなければならないは痛いです。

こういうところを見ると、やっぱNTTだよね~と思ったりもします。
しかし、その年に何回使う?その機能?に目をつぶれば変更した方が良いに決まってます。
さっそくプロバイダーとフレッツの無料解約期間を確認して申し込みをしました。

ここまでデメリットよりもメリットが多いと書きましたが、最悪のデメリットはここからでした。
それは・・・

工事が遅いし、2回も必要ということ。

私が知りうる限り、NTTは申込みから実際の開通まで2~3週間といったところだと思います。
NUROはまず調査と宅内配線で2回工事があります。
まず、これが3週間かかりました。

宅内配線ですから無人というわけにはいきません。
立ち会いが必要です。

うちの場合は現在NTT回線が入っているので同じ引き込み口で、同じ電柱から引いてもらえば良いわけですが、情報を共有しないのでしょうし、うちに来た業者もハズレだったようです。

電柱を確認し、アパートの外壁に光を接続する部分を取り付け、エアコンの配管から引き込み、ルーターとTAを宅内にセットするところまでなのですが、エアコンのパネル外すのに力任せで乱暴だし任せたくない業者でした。

それでも我慢しましょう。
そしてそこから更に1ヶ月も待たされてNTTが接続に来ます。
これはどう考えても遅い。

それも我慢しましょう。
これは外壁の接続口に光を接続するだけですから、無人でもいいじゃねーか?と思うのですがこれも立会を求められます。まあ開通確認くらいはするのでしょうけど・・・しかし、事件はそこで起こりました。

「この電柱には設備がないので今日は接続できません」

いや~これはさすがに我慢できませんでしたw
アパート入口側の電柱からの引き込み予定だったとのこと。
しかし、実際には裏の通りの電柱から引き込むことは1回目の工事で調査してわかっているはず。
これが伝わっていないのはso-net側の業者もNTTも酷いと言わざるをえません。
こうなるとNTTが裏の通りに設備を整えるまで工事ができないというのは物理的に仕方ないことだけど、サポートセンターの電話も酷いなんてもんじゃない。

「実際に行くまでわからないものです」

は?じゃあ何のための1回目なんだよ!回線手配をしていたものとしては到底納得できない説明です。
こうなると超面倒くさいおやじ発動ですw

個人なら文句言う人いないかもしれないけど、商売なら今日電話が開通しないじゃ通じませんよ。

そこから更に3週間・・・もうPS4もいらないからキャンセルして、どっかの光コラボにしようかと本気で思いました。

そんなこんなでやっと開通したのは申込みから2ヶ月半も経ったころでした。
これが最大のデメリットでした。

5月31日申し込み
6月18日1回目工事
6月末日プロバイダー解約
7月23日2回目工事 事故
7月末日フレッツ解約予定だったが、にねん割だけ解約
8月10日再工事 開通
8月末日フレッツ解約

まじで初月無料どころかフレッツ1ヶ月分払ってもらえないっすかね?

とまあ、色々ありましたが開通したら自慢のスピードはというと・・・

NUROは最高で2Gbpsをうたっていますが、考えてもみると家庭内で使う機器の殆どがギガビットイーサであり、いわゆる1000BASE-Tという規格です。
もし本当に家まで2Gbpsのスピードが出たとしても、家の中のLAN環境はこのスピードを活かすことができません。つまり・・・無駄なんですw

と言っても、一般公道である井の頭通りを170kmで走るのと、第二東名を170kmで走るのとでは全く違いますw(当然どちらも駄目ですが)ただ第二東名は250kmでも走れるかもしれないのと同じように道幅やその他の環境が良ければ今以上のスピードを出すことが可能だということです。(ごく一部の人間にしかわからない例えで申し訳ありません)

そんな高速なNUROは165Mbps・・・

おいおいwなんかおかしくないか?そう!ギガなネットワークだと本当はカテゴリー6のケーブルを使うものですが、カテゴリー5eのケーブルを使っています。
これをちゃんと6にしてやったら・・・

550Mbps

遅くても330Mbpsくらいは出ています。
また、無線についても最高で450Mとのことですがxperiaで120Mくらい出ます。
中華タブレットでも検証しようと思ったら規格が対応していませんでしたw

よって、スピードは確かに速いw
ネットからのダウンロードはサーバー側がそもそもそこまで速くないから意味ないかな?と思ってたけど、いままでに比べたら爆速ってか瞬殺に近い印象です。

光コラボで回線そのままでプロバイダーのみの変更だと極端に遅くなるって話もききましたが、このスピードがでたことによってNUROにして良かったと思いました。

結論

安くなって、速くなってよかった!工事が遅くて事故った以外は満足な結果となりました。


プロフィール

袋小路ロイ左衛門

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • ガツン!
  • 復活
  • 復活
  • 復活
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ