それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

2015年12月

xperia J1 compact root化のままlollipop化

mixiチェック Clip to Evernote
僕にとってroot化は明確に「しなきゃならない理由」がありますが、通常は必要無いと思っています。

一個前の記事で書きましたが・・・

普通に販売されてるカーナビとオーディオを買って、それが満足できるなら環境であればスマホをコアに使うなんてこともありませんwようは貧乏人が如何に安く便利な環境を作るかだけでやってますw
逆に、多くの人は何がやりたくてrootを取るのか知りたいくらいですw それがどんなに小さなことでも確かにそれはroot取らないとできないよねってことであれば良いのですけどね。

そんなわけで、rootを取ることは絶対的に推奨しませんが、一部の変態のみにお送りしますw

さて、なぜこの記事を書こうと思ったか?をお話しますと、タイトルが既に答えですw
xperia Z1fやA2のroot化やlollipop化の話は沢山ありますが、J1 compactで本当にできるのか?を書いてるところが無いと思ったからです。 僕の検索能力が低いだけかもしれませんがw

言いたいことを簡潔に書いてるアッサリしたblogが読みやすいと思うのですが、ごちゃごちゃ色々と無駄に長文を書くのが好きなんですよねw

では行きます。

xperiaZ1fという機種があります。docomoで言うところのSO-02Fです。
海外ではZ1compactってモデルで中身は一緒らしいです。
当然厳密には一緒ではないのですが、海外版って言った時点で日本独自文化のワンセグ、フルセグと言ったテレビ機能とおサイフ機能が無いと思ってください。
あとは使える周波数帯が違ったりします。

xperiaシリーズにおいてZというのは最高グレードを表しますが、小さくてもZを付けられたモデルですから、結構な実力を持っています。(した?w)

このZ1fの廉価版でいいのかな?多少厚みが増えた中身が同じモデルが半年遅れて発売されたA2というモデルです。docomoで言うところのSO-04Fになります。

Z1fの発売当時はandroid4.2.2 JELLY BEANSでした。後にandroid4.4 KitKatにアップデートされました。
A2の方は発売当時からKitKatでした。

docomoとしては?SONYとしては?か、JELLY BEANSで発売したものをKitKatにアップデートして使ってもらうには、ちゃんと動くのか検証が必要になります。
そのため後発の機種がKitKatで発売されても、中々KitKatにアップデートができない状態になったりします。

しかし、この中身が同じであるためA2用のシステムイメージを書き込んでも動いてしまいます。
当時、実際にどれほどの時間差があったのか?無かったのか知りませんが、本来まだKitKatのZ1fが存在しないときにKitKatのZ1fを作ることができるわけです。

これは一例としてあげましたが、本来持ってる機能をほぼ失うことなくバージョンアップができる方法です。

2014年秋に発売されたモデルはこれらより世代が違う機種となり、今年の夏くらいにはandroid5.0 lollipopにアップデートされました。
こうして本来は中身が新しくなっていくのですが、それをやっていたら新しい端末も売れないし、開発や検証だけで膨大時間がかかってしまうので、どこかでバージョンアップは打ち切られます。
世代が変わったZ1fやA2にはlollipopのアップデートは用意されませんでした。

しかし、海外版のZ1compactにはlollipopのアップデートが提供されました。

このシステムを書き込むことによってZ1fやA2もlollipop化することができます。
ただし、海外版ですのでワンセグ、おサイフは使えなくなります。
この機能を重視しない人にとっては願ってもないアップデードになるわけです。

まあ、簡単に書いていますが、失敗して高級な文鎮になる覚悟で実験した人柱によってZ1fやA2にZ1compactのROMを焼いても問題ないことが立証されたわけです。
先人の勇気に感謝です。

A2が2014年の夏モデルというやつで、更に時間を経て2015年4月に発売されたのがJ1compactになります。

スペック的に違いはほぼないのですが、J1はSIMフリー、ワンセグが無いのが違いです。
でもおサイフはあるんですよねw

J1も発売時点でKitKatです。
ではZ1fやA2を使ってる人はJ1のROMを焼いてもメリットがないと思われるかもしれませんが、これをやる人が結構多いです。
ちなみにJ1のシステムを書き込んでもSIMロックが解除されるわけではありません。
あくまで別の作業です。

では、なぜそれをやるのか?

僕も経験がありますが、特にdocomoは最初からプリインストールされている要らないアプリが多すぎます。
これがJ1のROMを焼くことによってキレイさっぱりなくなります。
ワンセグ、おサイフが要らない人が海外版のROMを焼く理由も、バージョンアップではなく、この要らないアプリ対策のためって人も多いようですね。

こうしてJ1にも互換性があることが立証されるのですが・・・A2にJ1のROMを焼いてるのであって、逆をやってる人がいないと思ったのです。

J1は今年の春に発売されたモデルなのにkitkatとなれば、もうアップデートが来ないのはほぼ確定したようなものですwこれで逆が成り立つのであれば、Z1compactのROMを焼くことによってJ1もlollipop化できることになります。

なげーなwで、結論はできました。

手順としては・・・

1.J1をKitKat状態でrootを取る。
2.リカバリーを導入。
3.Z1compactのlolipopROMとsuperSUとリカバリーを合成してZIPファイルを作る。
4.リカバリーからZIPを焼く。

結果、root状態を維持したままlollipopになる。

j1-lollipop1

j1-lollipop2

j1-lollipop3


Z3のroot取ったときとほぼ同じですね。

参考にさせていただいたサイトは

ワンクリックroot取得~リカバリー導入

http://cubeundcube.blogspot.jp/2015/09/xperiarootzz1z2z3.html#more
 
その後のlollipopへのアップデート

http://matome.naver.jp/odai/2142976927543114401


操作性の違いに結構とまどうw
でもサクサク動くし動作は問題ありません。
ただ・・・予想はしていたけど電波の掴みがあまりよろしくないw

と言うのも、SIMフリーと言いつつA2のSIMロック解除に限りなく近い。
対応しているLTEのバンドは1、3、19、21と完全にdocomo仕様w
俺が使うsoftbankは1だけwプラチナバンドの8を掴んでくれないとキツイかな?
まあ通話もできるしネットの速度もそれなりに出てるけど、地方行ったら厳しいかもしれないw
これもソフト的にいじることができるらしいけど、さっぱりわからなくて困ってるw
まあ、おいおいチャレンジしてみますw

でも片手で持って親指で入力できるし、画面の端まで指が届くのは久しぶりの感覚wかなり使いやすいです。
パワーはもうちょっと欲しいと思うけどZ3からすればスペックダウンなんだからしょうがないねw

一番違和感を感じるのはiphone5以来端末は白一色でベゼルまで白だったけど、今回は背面は白だけどベゼルは黒というのがなんか違和感を感じるwてか古臭く見えるんだよね・・・実際古いモデルが元なんだがw

まあ、あとはアプリがどこまで入るかですね。
Z3は32GBだったけど、こいつは16GBなんでw

小さいは正義!w

機種変の条件

mixiチェック Clip to Evernote
車で音楽を聴くためにカーオーディオがあります。
カセットテープに始まりCD、MDと進化して、カーナビも普及してその画面でテレビやDVDが見れるのも当たり前になりました。
昔はこれらに随分とお金をかけたものです。
ところが今は音楽や映像を再生できて、GPSを内蔵しカーナビの代わりにもなるのがスマホです。
これじゃ専用品なんて売れないよね?なんて本気で思います。

そんなスマホをいざ車でナビ代わりにしようと思うと画面が小さくて見にくかったりします。
そう考えるとipadを車に埋め込む人がいるのも理解できます。
しかし、そこまでするには結構なお金がかかるし、車自体も改造が必要になります。
まあ、埋め込まなくても固定するだけで使ってる人も沢山いますけどねw

そこで僕が選んだのはこんな機種です。



 

こいつ、ただの2DINサイズのチューナー、アンプ付きモニターですw
ただのモニターなのでカーナビじゃありません。
本当に単体だとAM、FMラジオが聴けるだけですw
そんなんで値段は新品でも1万位で買えます。

ただし、こいつ!スマホをケーブルで繋いでやると、スマホの画面をミラーリングできます。
全てのスマホがOKというわけではありませんが、MHLやHDMI出力に対応していればOKです。
音楽を再生すれば車のスピーカーから音が出ますし、googleマップやカーナビアプリの画面はもちろんのこと、スマホに保存している動画やネット動画も、スマホの小さい画面ではなく7インチのモニターで見れるわけです。

これでほぼ完璧に思えるのですが、実は使ってみると不満なことがあります。
それは、画面はミラーリングしていても操作はスマホ側でしかできないということです。
数少ないパイオニア純正対応したアプリはモニター側でも操作できるのですが、使い勝手が良いとは言えません。
そこでスマホをroot化して下記の有料のアプリを入れてやると全ての操作がモニター側でできるようになります。

 Cover art


で、本日のお題はスマホの機種変の話じゃねーの?とw

はい。この環境が必須なんですw
なので、僕が選ぶスマホとは・・・

MHLなりHDMI出力に対応している。 
root化できる。
そしてSIMフリーなりSIMロックが解除できる。

つまりはスマホなんですがカーナビのコアでもあるので、この条件になりますwめんどくせ~w

SONYは結構古くからMHLに対応しているので、その点は問題ありませんが、最近の機種であるZ4とかZ5系はこの記事を書いてる現在root化できません。
Z4は発熱問題などがあってあまり人気が無かったようですが、Z5ともにroot化できず、Z3がroot化できる最新のxperiaということでマニアには人気の機種ですw

で、まあ画面が割れたZ3でもカーナビ専用とすればそれでよく、普段使うものはそんなことできなくても関係ないって考え方もできるのですけど、そこはバックアップとして同じことができるものが欲しいと思いました。

さて、SONY以外に目をやるとNexus 5Xなんかもかなり魅力的なんですが・・・

画面が割れることの1つの要因として、大画面って部分があると思うのです。
これは単純に物理的強度の問題の他、持ちにくいから落としてしまうとか、胸ポケットからの落下なんかも重心の問題があって起こるのだと思います。

動画を観たりするときは大きな画面の方が迫力もあるし、それを望んで買ったZ3なのですが、ちょっと方向を変えようと思いました。

実は会社支給でiphone6も使っていたのですが、なんか違和感を感じたんですよね。
iphone5sから、わざわざZ3に買い換えたのに、今となっては片手にスッポリはまる5sって良い機種だったなと思ってしまうのです。

ガラケー時代も色々機能が増えて小型軽量路線から大型化に転じたことがありました。
折りたたみ型が主流だったけど僕はストレート型やスライド型が好きだったし、使っていて良かった機種って小さいものが多かったと思いました。

例えばSO902i

ksso1.jpg

であったり

816SH

鮮やかコンパクトスライダー

なんかも好きでした。

今年の8月にwindowsとandroidデュアルブートの中華8インチタブレットを買いました。
SIMは刺さらないからテザリングするしかないけど、大画面を楽しむならこれで良いと思いました。
だから、スマホは小さいものが良い!という結論に達しました。

しかし、昨今の事情からして5インチ以下の機種なんて数えるほどしかないんですよね。

前に少しだけ書きましたが、2013年に台湾に行ったときに台湾モバイルのamazing A4って端末を買いました。



 
これが実は大きさとしてはかなり良い感じなんですw
画面は4インチですが下にホームボタンなどが独立しています。
画面内の下の部分にこれが表示されると画面は更に狭くなるんですが、このおかげで狭さを感じません。
しかし2013年のしかもローエンド機ですw
4インチと言っても解像度は800×480wデュアルコアCPUでもたつくし、メモリも512MBしかありませんw
LTEなど掴むわけもなく3Gオンリーですし、ガラケーならぬガラスマみたいな使い方しかできませんw
バッテリーも1600mAhですからねwすぐになくなります。

このぐらいの大きさで今でも通用するぐらいのスペックを持った機種はないものか?
すると、やはりというかSONYのcompactシリーズくらいしかないんですよね。
SONYのZ系はZ3以降3キャリア全部で発売されるようになりましたが、ことcompactはdocomoしか販売してません。

僕の場合は使いたい回線がsoftbankのiphone回線なのでdocomoの端末はSIMロック解除すれば使えますし、SONYはグローバルモデルとしてSIMフリー端末も発売しているので、そっちを買えば問題ないのですが、流石に最新のZ5compactとか手がでません。
1つ前だとZ3compactなんですが、これも大人気で白ROMもグローバルモデルも高値安定w今年の夏モデルのxperiaA4は実質中身はZ3compactと同じですが国内専用モデルだし白ROMの値段も厳しい。
更に1つ前だとZ1fがあって、廉価版としてA2が発売になりました。中身は同じです。
Z1fの発売が2013年12月でちょうど丸2年、2014年夏モデルとしてA2が発売されました。
流石にこのくらいだと新品が無く、白ROMも状態のわりに高い物が多いです。

まとめると

2013年 Z1f=A2
2014年 Z3compact=A4
2015年 Z5compact

って感じです。

もちろん新しい方が性能が良いしZ5はちょっと別物ですね。
Z1fとZ3cの差は・・・

画面4.3インチから4.6インチ
CPUちょっとクロックアップ
バッテリーが少し容量が大きい

気にすれば気になるけど2年前のスペックでも問題ないかなと思います。
しかし、その2年前スペックの中古が3万とかするのはいかがなものか?
MVNOが販売する最近のローエンドは小型ではないけどそこそこ使えます。
しかも、2万円代とかで買えちゃうんですよねw無難にそのあたりに落ち着こうかと思いました。

さて、そのMVNOいわゆる格安SIMを扱う会社が販売する端末もHTCやZTEやHuaweiといった海外メーカーの端末が多い中、最近は富士通やシャープの端末なんかも販売しています。
そこにSONY製の端末がありました。

xperia J1 compact

よくよくスペックを調べると・・・結局はA2と同じなのです。
ああ、やっぱり2年前スペックかwしかもSIMフリーとはいえ端末代が54800円ってwもうちょいで海外通販でZ5compactが買える値段ですwバカバカしいwと思いました。

でも、半額なら話は別ですww

img_kanban

中古のZ1fやA2が3万なのに、同スペック新品のJ1が27400円なら買いでしょ!

ってことで楽天モバイル歳末大感謝祭セールに手をだそうと・・・
しかし、これで2年縛りとかあったら意味がありません。

でも、どこにも書いてないんですよね~2年縛りどころか数ヶ月の縛りもw
しかも音声通話SIMじゃなくてデータ通信しかできないSIMでもOK
これは買ったら即解約でいいじゃないかと購入に踏み切りました。

ぶっちゃけ冷静に考えると2年前スペックですから、半額が凄いんじゃなくて適正価格って感じではありますがw

ただ、これでどんだけ申し込みがあったのか知るよしもありませんが、納品まで1週間も待たされました。
楽天って名前があるからいいけど、マイナーなところが何の音沙汰もなく1週間も品物送ってこなかったら詐欺だって騒ぐところですよ。

そんなわけで自分へのクリスマスプレゼントにもならず、今更納品されましたが、とりあえず手に馴染むジャストサイズなxperiaを楽しみたいと思います。

 http://www.sonymobile.co.jp/xperia/sp/j1c/index.html

 

スマホが割れた

mixiチェック Clip to Evernote
ちょうど一年前の去年の12月にiphone5sからxperia Z3(401so)に機種変しました。

Z3の魅力はなんといっても高性能で大画面ってところです。
デザイン的にも好きですが、この一年使ってみて困ったことがありました。

2009年にiphone3Gを買ってから去年まで3Gs、4、4s、5、5s、5cと全てのiphoneを使ってきましたが、4のときかな?一度ホームボタンの不具合で修理というか交換になったことがありましたが、画面が割れたことは一度もありませんでした。

実はこのblogで一番アクセスがあるのはiphone5のガラス交換の記事なのですが、あれは自分のではありません。
使い方が変わったわけでもないのですが、Z3はちょっと落としただけで角にヒビが入り、このヒビ自体は見栄えが悪い以外には全く問題がなかったのですが、今年の8月にはなぜか大きく割れて画面のタッチが全くできなくなりました。
iphoneの修理屋さんが沢山できてパーツ供給も豊富なことから最近は修理代もかなり安いですが、逆にandroidの修理は結構高くつきますね。25000円くらいかけて修理しました。
ところが先日、これがまた割れましたorz

僕がZ3を買うキッカケになった友人も、実は2回画面を割っています。
僕も2回割りました。
二人で4枚の液晶を割ってるわけです。

サンプルとしては少ないですが、これは凄い確率だと思うのです。
iphoneを5年使って一度も割ったことがないのに、たった一年の間にZ3は2回も割れたことを考えると、割れやすい機種と言っていいのではないかと思っています。
もちろん昨今の大画面化に伴い、画面も割れやすくなっているのかもしれませんが。

さて、1回目の修理は自分でやって失敗したくなかったので業者に任せましたが、2回目ともなるとバカバカしく思えます。
パーツ代は9000円なのですが交換費用としては2万以上です。
半分は手間賃というか技術料になるわけです。
今度は自分で修理しようと思いますが、それよりも根本的にZ3ではない機種に機種変更した方が良い気がしてきました。

つづく
 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
最新コメント
ギャラリー
  • バイク選び
  • バイク選び
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 「なぞの転校生」聖地巡礼
  • 「なぞの転校生」聖地巡礼
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ