タイトルは全く関係ありませんw

ただ、前回がサイクロンだったので言いたかっただけです。

さて、ウルトラブックが欲しくても買えない貧乏人が古いノートパソコンにLinuxを入れて遊ぶ記事を書きました。
それなりに快適になったのですが、性能の限界を感じます。
最後にCore2Duo搭載機を買ったほうが良いかもと書いたのは偽らざる本音だったのです。
で、ヤフオクでそっちの方を買って、こいつは売ってしまおうと考えたわけです。

ところが・・・

ヤフオク見てたら、なんと同じ機種のメモリ1GBモデルを見つけてしまったのですw

「まて・・・見切りをつけたんだろ!なぜ今更それを買う意味がある!」

と思ったものの

「でも、1GBなら快適に動くんじゃね?」

なんて考えに支配されw値段もお約束の5000円だったのでとりあえずウォッチリスト入り。
同時に Core2Duo機を色々見ていました。
ところが、終了間際になっても全く入札は無く、一発でいけるならとジャスト5000円で入札。
見事落ちましたw

まあなんですな・・・

とことん行けってことですねw
2台目のQ8240を手に入れました。
これを赤くないけど弐号機と呼びますw

スペックの違い

初号機→弐号機
メモリ 512MB→1024MB
HDD 20GB→60GB
無線LAN あり→なし

無線LANはPCカードが付いていました。
有線LANとVGA接続用アダプターは無し。(これ希少かもw
ACアダプターは要らないけど付いていました。
純正の超小型のやつで、持ち歩くときは小さく軽くて結構うれしいかもしれないw
あと、OSが最初からxpのsp3適用済みが入っていました。

まあ、そう考えると前回との値段差1400円ですが、全くお買い得な品でした。

そうそう、前回はリース品シールを剥がしたからか天板の塗装が禿げていましたが、今回はきれいですw
これで禿げ補修は考えなくてよくなりました。

やっぱ禿げは駄目です!と書きながら落ち込みますw

早速起動してみました。

「これ同じ機種ですか?」

メモリが倍になるってこんなに違うの!って1GBを2GBにするのとはわけが違って、512MBから1GBは本当に違いますね。

タスクマネージャー

コミットチャージの最大値が677668÷1024って面倒だから677MBでいいよねw
現在の状態で500MB使ってます。
これがブラウザ立ち上げたまま動画見たりして後の状態。

512MBしかメモリが無いと最大で完全にオーバーだし、現在でもギリギリ・・・アウトですw
これじゃスワップして遅くなるはずですよねw

でも1GBになったから全く問題ありません。

さらにブラウザのタブを沢山開いてみましたが・・・

タスクマネージャー2

これでも最大930MB
1GBならまだ大丈夫です。
これ以上のことは全くやる気がないので全然OKですw

ちなみにこの状態でyoutube見ても最初の読み込みは少し引っかかるけど問題なし。
720Pの動画もローカルどころかネット経由でも大丈夫です。
さすがにCPU使用率はかなり高いですけど、メモリがネックにならないだけで快適です。
ディスクもHDDのままで気になりません。
まあ、余裕ができたらSSDにしたいですけどねw

めでたしめでたし・・・

じゃなくてw

無線LANが内蔵じゃないのが気に入りません。
PCカードだから貴重なUSBを消費してはいないけど、この出っ張りは許せませんw
そこで、初号機から内蔵無線LAN移植を決意。
オペに入ります。

裏ネジ16本外して、両面テープ止めのキーボードを引っぺがし、そこの細かなネジをまた外し・・・

IMG_0595

左下のフラットケーブルの下になってる部分が無線LANユニットです。
押さえてるステーを外し、アンテナケーブルが2つ外せば抜けます。
ここまでは余裕です。

問題はこのアンテナケーブルの行き先ですが、液晶モニターの中に伸びています。
仕方なくモニター部分も分解。

IMG_0596

液晶の上の黒い部分にいくつかネジ穴が見えますが、ここに付いていました。
ネジ止めのステーだけならいいのですが、液晶の裏の衝撃吸収ゴムの下に両面テープで固定して張ってあったので剥がすのに気が狂いそうでしたw
てか、本当に最初から無線LAN内蔵モデルじゃないとこの製造方法はありえないですね。
アンテナケーブルも様々な部品の下を通してるので撤去には部品をはずさなきゃならず、結構面倒で必死だったので写真がありませんw

でも、これは撤去ですからまだいいです。

元通りに組み付けて動作を確認。
すべての機能が正常に動作することを確認して終了。

これで寝ようと思ったのだけど、やっちまえと弐号機にとりかかりますw

でも一度やった作業なので解体は楽に作業できます。

しかし最大の悲劇が・・・

内蔵無線LANユニット自体はMiniPCI-e規格なので何の疑いもなかったのですが、無線LAN内蔵モデルじゃないとマザーボードからスロットというかブリッジが出ていないのです。

この部品も外さなきゃいけなかったのだw

またかよ!今組んだばっかりだよw

仕方なく、初号機と弐号機の部品が混じらないように気をつけながら初号機を再び解体。
スロット部分をマザボから外そうと思ったけど差し込んでるだけじゃなくネジ止め!orz

マザボの裏側にネジ止めだから、そのネジを外すには少なくともドライバーが入るほど持ち上げる必要がw
事実上の全バラシ確定w

わかると思いますが、外す部品が多いほど元に戻る確立は低くなりますw
フラットケーブルを一つ外せば、再組み立て時に接触不良の可能性が増えます。
ここまでは想定外でした。

マザボ外すってことは全ての接続を以下同文・・・

一時間以上かかってマザボからスロット取り外し成功。
慎重に元通りに組み付けていきます。
まあ、エヴァと違い初号機は最優先ではないのでw駄目なら部品取りでもいいのだけどw

やっとの思いで元通り組み付けて起動・・・しません。
最後にキーボードの接続忘れてましたw
全機能正常動作を確認・・・

これからが本番と思いたくないw

弐号機に戻り、同じようにマザボ取り外し、スロットネジ止め、部品外したついでにアンテナケーブルを配線。
液晶の中の固定は、さすがに耐震ゴムを剥がしてその下にいれるのは面倒で、ゴムと液晶の間に固定。
これで受信感度が悪かったり、液晶に影響がでたら絶望するな・・・と思いながら作業を続ける。

なんとか綺麗に治まり、俺の記憶の限り完璧に元通りにしてw裏ネジを全部止めてからまた解体は嫌だからと仮止め。

起動・・・

起動した・・・

新しいハードウエアを認識しました・・・

そこから記憶がありませんw



深い眠りw


起きてドライバ組み込んで正常認識。

勝った!俺は勝ったぞ!

無線LANで接続先を・・・

ん?全く電波を拾ってない!
アンテナか?やっぱりゴムの下に入れなきゃだめだった?

でもハードとしては認識したんだから、超近くなら電波拾えないってことはないだろうと無線LANのまん前へ・・・

全く拾わないorz

またか・・・また解体するんだな・・・

とテーブルに戻ろうとして本体を持ち上げたときに目に入った。

無線LANのハードスイッチw

OFFじゃねーか!!!w

てか、そんなもんの存在を完全に忘れていたw

スイッチ入れたら拾う拾うw

完璧!快適!

やっぱりWindowsだよねwってどの口が言うw


ちなみに初号機はOS入ってなかったしリカバリーCDは付いてなかった。
弐号機はxp入っていてリカバリーCD付いてないのは同じだけど、指紋認証のドライバとか入ってる。
ただ、付属ユーティリティーが入ってないのはなんだろうな?

まあ、それは良いとして・・・

メモリ1GBでこれだけ快適だと7の32bitなら行けるんじゃない?とか余計なこと考えてしまうなw

って書いてわかった。
俺、結局7が使いたいんだよねw


って、ここまで弐号機で書いてみました。


ネジとめて終了!w