最近引っ越しました。
一軒家からアパートにw

エアコンは付いている。
冷蔵庫も置く場所になるであろうところにアース付コンセントがある。
洗濯機置き場も、専用の水道とコンセントと排水口がある。

駄菓子菓子

これを置くことを想定しているアパートは皆無だ・・・

その名は衣類乾燥機w

前にも書いたが、俺の人生に洗濯物を干すという行動はない。
これは譲れない条件なのだw

衣類乾燥機もガスと電気があるが、うちはガスであることも前に書いた。
ガス乾燥機は俳湿という、湿気を温風と共に排気することで機能するのだが、この俳湿、排気を室内に出すことはホコリを室内にまき散らすことに等しく、屋外に排気することが絶対条件である。

しかし、これが本当に厄介な問題で、乾燥機ごと屋外に置けばある意味解決ではあるし、実際に前住居、前々住居ではそうしてきた。
いずれもガスホースが屋外まで伸ばせたからだ。
ちなみに前住居では台所から近い玄関前に置き、前々住居では各室にガスの取り出し口があったのでベランダに置くことで使用することができた。

今回のアパートでは廊下に物を置くことが禁止されており、玄関外に置くこともできず、ベランダもあるのだがここまでガスホースが届かない。
そもそもガスの取り出しは台所にしかなく、その数は1つだけというガスコンロを使ったら他は何も使えない状況なのだが、ガスストーブやガスファンヒーターの使用は認められているのだw

どうやって使えと?w

そんなわけでオーナーと交渉してみたが全くとりあってもらえず、自腹でガス栓増設工事をしてもらった。
これでガスの取り出しはできるがホースの届く範囲での使用が前提条件となった。

きっと世の中でガス衣類乾燥機を使用している家で、一番多いレイアウトは洗濯機回りにラックを設置し、直上に設置することだろう。
我が家でそれができるかと言えば、ガスホースは届くかもしれないが、排気の問題が解決できない。
洗濯機置き場の前が浴室であり、横がトイレだから、壁に穴を開ければ排気ダクトを通すことなど難しいことではない。
実際トイレの換気扇のダクトはそこを通って玄関脇の上部に排気されいる。

全く関係ないが、浴室には換気扇がなく小窓が開けられるパターンw
いつまでも浴室の湿気が残る嫌なタイプだw本気でここにダクト付けてもらえませんか?とお願いしたいくらいだ。

乾燥機に話を戻すが、この排気を浴室に出し、使用するときだけ小窓を開けることで対応するのもありかなと考えたりもした。
浴室のドアを半開きにしてダクトからの排気をすれば室内に排気するよりはマシだろう。
だが、吹き替えしでホコリが入ってくるだろうし、いかがなものか?それに上部の空間の有効活用ではあるが、ラックを購入するなり作るのは相当な費用がかかる。
この案は一時保留とした。

台所から遠くなく、排気ができる場所・・・

一時は台所の換気扇に排気をぶつけることも考えた。
だが、直下になるガスコンロにホコリが降り注ぐことは明白で、ただでさえ健康状態を維持するのが難しい俺が、著しく健康を害する不衛生な環境になることは明らかだったw

それこそ、トイレの中に設置して、トイレの換気扇を外し、そこに排気ダクトを繋げようとか狂った考えをしたこともあったw

最後は玄関の横に置いて、使うときだけ玄関あけっぱとかwもう狂気の沙汰としか思えないほどの乾燥機依存症を認識したこともあったw

途方にくれて引っ越し前の部屋に座り込んで考える・・・
座って目線が下がったところに換気口を発見した・・・

これだ!

003

早速ドライバーでネジを外して構造を確認する。

004

いける!

古い乾燥機なので排気の蛇腹ホースもボロボロになっている。
正規品を買おうと思ったが・・・




6400円とかざ~~~けんな!って値段w

ちなみに、前住居は狭く簡易な台所だったので最後までちゃんとしたガスコンロではなくカセットコンロを使っていた。
料理は直火という感覚が抜けない俺はIHってのはどうも使う気がしないのだ。
今回は台所があるのでガスコンロを買おうと思っていたが、引っ越しは他にも費用がかかることが多い。
2口で片面で良いからグリルが付いてるガスコンロを新品で買えば13000円ほどかかる。
これがどうしても無駄に思えて、中古で購入した。
5000円までなら良いかと思ったが、運よくヤフオクで1200円で買うことができたwカセットコンロでさえ1980円だったのにw
もちろん、写真ではそこそこキレイに見えるが、届くまでは使えるはずがない!使えたらラッキーくらいに思ってたのだが、これが全く問題なく使えるものだった。
いくら運が良かったと言ってもガスコンロが1200円である。
相場で言っても5000円あれば買えるものだ。

なのに・・・

たったこれだけのホースが6400円だと!

そんなことが許せるわけがないw

地方に行くとガスなり石油ファンヒーターの温風をコタツの中に引きこむフレキホースがある。
これは2mほどの長さで2000円くらいで売られている。
どう考えてもそのくらいの値段で買えるに決まってる。

そんな考えで見つけたのが

http://www.monotaro.com/p/3917/6137/?displayId=5

一般的な空調アルミフレキダクト  
●材質: アルミニウム   ●径(Φmm): 100   ●長さ(m): 3(収縮時820mm)   ●最高使用温度(℃): 140

838円と送料

安いのではない!これが当たり前だと思うw

そうと決まればあとは100mmの穴が正確に開けられれば良い。
材質は色々あるが、一番簡単なのは「薄いべニヤ」これならダンボールと同じくらい簡単に加工ができる。
コンパスカッターは持ってないが、それに似たものが親父の道具からみつかった。

外した蓋は250×200なので300×600なら3枚とれる。
これなら穴開けに失敗しても3回チャンスがある。

005

切り出して

006

穴あけ

007

実はこの時少し指を切ったのは内緒だw

下の階から苦情が来ないように防振対策をして

002

既存の蛇腹の痛んでない部分とダクトをアルミテープで接合し、フレキダクトと一緒に買ったニップルを板に刺して接合した。

008


まあ少し隙間があるので、クーラー配管用の隙間パテで塞いでやれば完璧だろうw

これで室内で衣類乾燥機が使えるようになった。

ザ!快適w