閉会式を最後まで観ることもなく会場を出た。
雨も降り始めた。
冷たい雨だった。

何も食ってなかったので会場前のセブンイレブンでおにぎりを買った。
イートインスペースがあるわけでもない。
車であれば車内で食べることもできるだろうがバイクは体一つ。
冷たい雨にふられながら、おにぎりを食べた。

他の伊織さんファンは郡山から新幹線で帰るという。
新幹線の時間まで飯を食うなり、飲むなりしようではないかということになった。
雨の中をさっき来た道で郡山まで戻る。

話をイージスに戻そうw
PCXの非力さを痛感しながら走った磐越道。
日が落ちかけて寒さも増してきた。
このあたりで急がなきゃと思いつつ感じていたのは「寒い」ということだ。
外気温6度の中を時速100キロ+αの向かい風など受けながら走る。

この時点で着ていたのは上はTシャツ、厚手のハイネックのトレーナー、イージス。
いくら防寒着といえどインナーは重要だと思う。
というより、防寒性能が高いとは言ってもカッパであるw普通に着るものを着て上に着るものである。
それが防寒性能が高い故にインナーをあまり気にしなかった。
つまりは十分暖かいと言えるのではないだろうか?少なくとも我慢できない寒さではなく、もう少し暖かければと思うくらいだった。
当然、一度止まってアルミ裏地のベストでも中に一枚足せばかなり違ったと思う。
あと、体の中心部より腕が冷たく感じた。

スクーターなので足に当たる風はレッグシールドの効果で通常のバイクよりはましだと思うが、ヒートテックもどきのももひきの上に厚手のチノパンにイージスでほぼ不満を感じなかった。

靴がハイカットのスニーカーだったが、イージスの裾に余裕があり、足首がでることもなかったので大丈夫だったが少し冷たかった。靴下二枚重ねなら万全、ブーツなら全く問題ないだろうと思った。

手袋も安物なんだけど、全く不満がなく、グリップヒーターさえ使わなかった。

雨はこのときが一番降ってたけど、それほど強いわけでもなかった。
ただ、通常の防寒着であれば染みて悲惨なことになっただろうし、カッパを着るくらいだったけど、イージスは防水なのでそこを気にしなくても良いのは楽だ。
これは冬場の悪天候で悩まされる部分で厚着して更にカッパというのは結構なモコモコ状態になるが、これだけで済むのはありがたいと思った。

郡山の駅についた。
その昔、土曜の夜に皆で集まってるとき、郡山で食ったとんかつがうまかったという話になって、じゃあ今から行こうと車何台か連ねて、いきなり郡山ツアーをしたのは良い思い出だ。
結局、そのとんかつ屋を探して、確かここだと思うという場所を発見したが、焼肉屋に変わっていたのでとんかつは食べられなかったというおまけ付きだw

その時は車で行ったし、電車で行ったことはないし、駅のすぐ近くだったということは覚えているが、どっちがわだったかもわからないし、今いる場所がそのときと同じ場所とは全く思えなかったw

程なく皆と合流し、会津地鶏の店に入ったが、これが大正解だった。
唐揚げも、焼きも美味しかったし、でっかいチーズをくり抜いたところに野菜を入れて器になってるチーズを削りながら目の前で作ってくれるシーザーサラダも美味しかった。
この時点で酒も飲み、帰る気なしw翌日仕事であれば、そこからまた350キロ走って帰るのだと思うと無茶にもほどがあるwいや、できなくはないがPCXでは勘弁してください。
そんなわけでツーリング一日最高記録はやはり700キロと倍増することもなく、350キロと変わりませんw

そう、そしてここで重大なミスを犯しました。
これ、結構致命的というか、本当に大事に至らなくて良かったという話なのですが・・・

途中のPAでも手順が確率していないと書きましたが、ここでもやりました。
店に入ってすぐイージスを脱ぎました。

スマホがない?

スマホは電池がなくなりそうだったのでモバイルバッテリーで充電しながらカバンに入れてましたw

財布がない?

イージスの内ポケットから出て落ちてました。
この直前にATMで金をおろしたばかりwあってセーフw

しばらく、美味しいからあげ食べながら飲んでいたのですが・・・

あれ?さっきポケット色々さがしたけど鍵ってあったか?

通常パターン

バイク止める→鍵をOFFポジションにしてシートロックを外す→鍵を抜いてズボンの右ポケット→メットを脱いでメットインへ→シートロック

これができないのです。

まず、荷物があるので何をしまって何を出すがパターン化してない→何度も出し入れ→鍵挿しっぱなし

この鍵挿しっぱなしはズボンのポケットに鍵をしまうができないからなんです。
オーバーパンツにポケットないんですよ。

財布もケツポケットなのですが、これもオーバーパンツだとできないので胸の内ポケットってのはスーツのときとかにたまにやるので忘れることもないのですが、鍵はやっちまいました。

最悪、そのままバイク乗っていかれる。
鍵だけ抜かれるとバイク動かせないし、帰っても家に入れない&その他諸々の鍵がなくなります。
これはヤバイ!

走ってバイクに戻るとバイクはある。
間違いなく身につけてないし、カバンにもない。
挿しっぱなし意外には考えられない・・・

でも、バイクに鍵はささってない!

先日、友人もツーリング先でキー紛失ってのがありました。
俺もか・・・友人は家族がスペアキーを新幹線で荷物だけとどけてくれるサービスがあるそうで、それで助かりました。
俺の場合は鍵屋呼んで鍵作ってもらうしかありません。

マジか・・・

これも普段やらないことなんですけど、ハンドルロックをかけていませんでした。
つまり、押して場所を移動することは可能です。
もし、鍵を抜いてもっていかれて、後で乗って持って行こうとしても現物を移動することは可能になったわけです。
これで盗難のリスクは減りました。

しかし、鍵だけ持っていっても何の役にもたちません。
そんなことをわざわざするだろうか?挿しっぱなしの鍵を抜いて、どこかに置いてくれたのではないだろうか?などと都合が良いことを考えて周囲を見てみると、何の設備かわからないけど壁に付いてるボックスの上に光るものを発見しました。

あったw

なんていい人なんだw助かりました。
そんなわけで、危なかったけど無事鍵を回収できました。

その後の酒が更にうまかったことは言うまでもありませんw

皆を改札まで見送り、当然もう一軒飲みにいきますw
だって日本酒飲みたいじゃんw

そんなわけで店員さんのおすすめで

鬼羅

いちばん香りが良いのをだしてと言って

天明

最後は名前だけで

俺の出番

って酒を飲みましたw

翌日になって伊織さんblogを読んで天明を飲んでたことがわかって小さくガッツポーツw

そしてネカフェに一泊しました。

つづく