バイクでも車でも・・・今や商品を選ぶときの基準はたった1つw

安いことw 

おかしいねw昔はよほど高いものじゃない限り好きなものを選ぶのが基準だったのだけどw
じゃあ、今お前さんはお金があったらどんなバイクに乗りたいの?と言われると・・・

mt-25_color_003_2016_002

z250
こんな感じw

YAMAHA MT-25とかKAWASAKI Z250

名が示す通り250ccです。
まあ、お金があったとしても免許が中型なんで400ccまでだし、車検は無いが高速には乗れるってことで250ccって選択になります。

250なら軽量でそこそこのパワーってのも理由ですね。

この両モデルにはカウルが付いたモデルもベースとしてあり、使い方としては高速道路を使ったツーリングなんかも視野に入れるとカウル付きの方が良い気がするけど、おっさんには前傾姿勢がキツイのは無理ですw

最近のこういったモデルは昔のモデルと違ってケツが上がっててレーシーに見えるけど、意外と乗車姿勢が楽なのも特徴ですね。

昔はカウル付きのバイクのカウルを取っ払った車両をネイキッドと呼びましたが、今はストリートファイターというジャンルでいいのかな?好きなデザインです。

で、まあこんな新車を買えるわけもなくw
こんな風にまでいかなくても、ストファイ風に乗れるような安いバイクを探します。

さて、おっさんの青春時代のバイクの年間販売台数は200万台だったそうですが、今や40万台を下回るそうで、こと原付などを抜かすとバイクが売れないのはもはや当たり前で、最近はまだ盛り返してきている方なようです。

そんなバイクが売れる時代、開発費も相当かけられる状況だし、当時はスペック至上主義w
カタログの数値が良いほど売れる時代です。
よって、売れるのはレーサーレプリカというサーキットをそのまま走れるようなバイクで、そうではないバイクでもお金がかかっています。

そんな時代の象徴と言えば今は亡き2ストエンジンを載せた車両や、4ストならば4気筒は当たり前。
たった250ccで4気筒とか今では絶対にありえないw上記の最新のバイクでも2気筒だし、400ccでも4気筒は少ないですね。

と言っても30年前の話ですw今更それを引っ張りだしてきてどうする?とも思いますが、国外生産になった安いバイクの5年落ちとかなら30年前の国内生産の方がちゃんと手を入れてやった方が価値があるようにも思えます・・・まあ、まともに走ってなんぼですがねw

さて、では実際に何が買えるのか?と、どこから始めるのか?と、どこまでやるのか?になってきますが、一番良いのは何の問題もなく走る整備済みのバイクを買うことです。
当然高くて手が出ませんし、中古のバイクって本当に高いんですよ。
まあ、バイク屋さんの手間を考えると当たり前とも言えるし、多少ぼったくってると思っても長いお付き合いだと思えばいいのかもしれませんけどね。
俺には無理だな~wあと絶対に新車を買うことをお勧めしますw

俺の場合、スクーターはエンジンが生きていてくれれば、他はなんとかなると思ってしまう人間ですwが、さすがにバイクは面倒です。
それとネジやボルト、ナット、ホース類に至るまで、欠品が無い状態が理想です。
結果的に交換するにしても、何が正解かがわかるからです。

そうなると欠品なしの不動車あたりがねらい目です。

不動車のほとんどがキャブレターのオーバーホールくらいでエンジンがかかり、あとは状態により消耗品を変えていくのが妥当です。
仮にエンジンがかかる実働車であっても、消耗品はすべて交換するのが前提と考えます。
オイルに始まりエアクリーナー、タイヤ、ブレーキ、チェーン、スプロケット、前後サスペンション、各種ベアリング、他硬貨したゴム類・・・結局10万くらい飛ぶのは当たり前で、これらを全部自分で交換してもパーツ代だけでそんなもんwバイク屋に頼んだら・・・新車買いましょうw

そんな感じなので、本当に場所や工具、時間が許すならばフレームからくみ上げてもショートパーツ代が違うくらいでしょうかね・・・逆に全部自分が掌握できるので良いかもしれません。

で、今回はもうガレージがありません。
場所がないからには組み立て途中の放置はできないし、明かりがなければ明るい時間に作業する以外ありません。
そうなるとやっぱり1から組むのは不可能です。

しかも、組むにしてもパーツが新品で買えるような車両なら良いでしょうが、おそらくはもうパーツ供給されていないような車両しか買えないでしょうからw

よって、昭和または平成初期の販売台数が比較的多く、安い車両を可能な限り欠品が無い状態、できれば実働ってのを探すことにしました。

もうtwitterでは答えが出てるけどw