自分に起こる全てのことを戦いだと思う思考回路。
それはとても窮屈ともいえるが、俺はそれほど間違ってもいないと思う。

生きることは戦いであり、人生とは闘争の連続だと思う。
であれば、何をもって勝利とし、何をもってして敗北なのだろうか?

歳はとりたくないと思う今日この頃だが、動物の生涯と人間の生涯を比べたときに、動物は人間より早く成長し、人間より早く死んでいく。
工業製品は生き物ではないが、やはり寿命というのはある。
単純に壊れて修復ができなくなるものや、技術の進歩により役に立たなくなるものもあれば、大切に扱うことによって人間の寿命より長く存在できるようなものもある。

一体俺は何を言っているんだ?w

ヤフオクで買ったバイクが納車された。

何人の手に渡り、どんな扱いを受けてきたのかは全くわからないが、29年の月日を経てきたことだけは確実なバイク。
当時のめいどinじゃぱんw(読みはあってるw)日本の工業技術、そのクオリティーの高さをもってしても錆びるものは錆びるし、アルミだって腐食するし、ゴムは硬貨するし、電装系だってトラブルが出て当たり前。

人間でいえばおじいちゃんだろうか?しかし、人間は老化したものを若返らせることはできないが、機械は手入れしてやることによって性能を取り戻すことができると言い聞かせるも不安であるw

バブルな時代の産物、物を粗末にすることはステータスだったとまではいわないが、高級な車やバイクもろくにオイル交換もしないような使い方をする奴が沢山いたのも事実だ。
そんな心配をよそにエンジンは異音もなく元気に回ってくれたw
そして、真っすぐ走るし、止まることも問題ない。

まずは基本中の基本だけは大丈夫なようだ。

家の前は私道で公道までは150m程の距離があるので、そこを行ったり来たり・・・
数年ぶりに乗ったけどクラッチとか一応操作できるもんだねw

これは良い買い物をしたかもしれない!勝利と言っていいだろう・・・そんなことを思った時期もありましたよw

夜の納車から一夜が明け、翌日バイクを見ると・・・

ほんの少しだが地面が濡れている・・・

どうやら戦いの始まりのようだw

まず、この匂いからしてガソリンだよねw
どこから漏れているのかを特定して修理しないと火だるまになるw

そして改めてまたがってみて思ったのだが・・・
思ったより全然前傾がキツイw

そして、直線しか走らなったから気づかなかったけど・・・
ウインカーのスイッチが硬すぎるw

まあ、前傾がキツイは慣れの問題もあるけど、ガソリン漏れとウインカースイッチは修理しないと、ナンバーを取得しても乗れない。

戦闘開始だ!

調べてみるとガソリンの漏れは燃料コック取付部から。
どうやらOリングが劣化して漏れてくるようだ。
Oリングの交換で済むと思うが、コックを外したらフィルター部分の汚れもすごい。
なので、状態がよさそうなコックをヤフオクで入手して交換した。

DSC_0749

次にウインカースイッチだが、これはとにかく外してみた。
黒が白になってるw本当は交換したいけど先ずは動作すれば・・・
DSC_0032

DSC_0031

えーと、グロすぎて修理前の写真は捨てましたw古いグリスが腐って?なのか、とにかく緑色のなぞの物体が粘々とwパーツクリーナーで洗い落としてオーバーホールして快適動作になりました。

この時点でナンバーを取得して、自賠責に加入し、晴れて公道を走れるようになりました・・・が、戦いはまだ始まったばかりなのでしたw