螺旋エネルギーだ螺旋力って言ってもグレンラガンの話ではありませんw
ドリルでもなく、ネジの話ですw

さて、塗装が終わったら組み立てます。
マスキングはしましたが、あえて交換して捨てるベアリングは残しておきました。
この方が塗料が入り込むことがないと思ったからです。

いよいよベアリングを抜きます。
糞バイク屋に2800円払いました。
ベアリングプーラーは9000円ほどしましたが、今後も自分でできますし、もう悔しい思いをしなくて済むなら全然良いでしょう。
ただし、この費用を捻出するには相当苦労しました。
問題は使い物になるかです。

DSC_0094

結果は

DSC_0095

瞬殺でしたwこれが使い物にならなかったら泣くに泣けない状況でした。
やはり道具って偉大です。ネジの力ってすごいですね。
回転エネルギーを直線エネルギーに変換するこの原理は無敵ですねw

さて、抜くのはアッサリ抜けましたが、今度は入れる方です。
無論これは特殊なものは必要なく、叩けば入りますが、これもネジの力を利用することにしました。


DSC_0097

ボルト、ボルトがはまる平板、ワッシャーとナット。
この平板にナットが溶接されていますのでボルトを入れて反対からもナットで締め付けます。
ワッシャーは一番大きいやつがベアリングと同じサイズなので外側に力がかかります。
ナットは小さいのでさらにワッシャーでサイズ調整をして力が内側だけにかかるのを抑えます。

結果は


DSC_0098

DSC_0099

やはり楽勝でしたw叩くと音がうるさいので、これは良い作戦でした。
ディスタンスカラーは軽く磨いて錆を取りパーツクリーナーで清掃したあとグリスアップ

DSC_0100

一番の肝は反対側のベアリングをどこまで入れるかで、当然ギュウギュウに入れたらダメです。
カラーに軽く当たる程度でベアリングの動きを邪魔しないくらい。
片側のベアリングを回したら反対側のベアリングも動くけど、片方を止めながら回しても回るくらい。
それが丁度良い具合と定めました。(これには諸説ありますが、自分はそうだと判断しました)

この自作ベアリングインストーラーはネジの力で入れるので締め込み具合は判断するため、何回もナットを外さないとならず叩いて調整するより面倒ですが、その苦労は惜しみませんでした。
プロは時間で商売しますが、素人は趣味ですから納得いくようにやればいいのですw

この作業は一番に重点を置いたので意外と楽にできましたが、一番嫌な作業再びですwタイヤ交換ですw
今のタイヤも良い具合に減ってはいますが、まだ使えるし、前後で銘柄変えたくないので組み換えることにしました。

ちなみに画像はありませんw格闘も良いところです。
スパーダからリアホイールを外してタイヤを外しにかかりますが、元々ジェイドに入っていたBT39よりもRX-02は硬くて困りました。
ビードもプーリーホルダーを2つかけて何とか落として、片側を外すだけでも結構な体力を使いましたw
もう片側は余裕だろうと思いましたが、これが途中でやめようかと思うほど外れませんでした。
タイヤの出張交換は5000円ほどかかりますので、こんなんで5000円払えるか!と必殺の方法を編み出しましたw言葉だけで説明しますが名づけるなら「関節技の練習かよ!」法ですw

タイヤレバーを一本かけてホイール中心側に倒し、これをテープで巻くなり固定してください。
隙間から2本目のタイヤレバーを深く入れて両側をしっかり持ちます。
靴を履き両足をホイールにかけて寝転がりタイヤレバーをおもいっきり引っ張ります。
これで簡単に外れました。
立ってもできると思いますが、タイヤに荷重がかかったり、反動で倒れたりしてケガするので寝っ転がってやりました。
僕は室内でやりましたが、勇気がある人は路上でやってくださいw

次はこのタイヤをはめます。
ビードクリームをたっぷり塗って膝で抑え込みながら手で強く押せば片側は難なく入ります。
もう片方も一部はするっと入ったのですが一部が残り、仕方なくタイヤレバーで入れましたが、外すよりは全然簡単でした・・・リムガード使ったけどちょっと外れて塗装剥がれたけどねw
夢中になって忘れないようにバルブは最初につけておきましょうねwこんな死ぬような思いをしてバルブ忘れたはシャレになりませんw

僕のミスはこの後にありました。
タイヤに空気を入れてビードを上げなければなりませんが、コンプレッサーはあるのに、タイヤ用のチャックが見つからないんですwデジタルのメーター付いた良いものだったのに・・・
これを探すこと小一時間、タイヤと格闘した汗は冷たくなり体温を奪い、気付いたときには寒くなっていました。

後輪を外したままの状態で放置するのは危険なので、仕方なくガソリンスタンドまでホイール抱えていきましたよwやっぱりここからは脱せないのだなw
スタンドでパンパンっと2発良い音でビードもあがり、これをまた抱えて家まで戻ったころには、疲れと冷えから頭痛が始まっていました。

手早く元のハブからスプロケを外して移植し車体に組付けました。
当然うれしいくて走りたいのが普通ですが、手を洗ってから2度目のTシャツ交換をしたら、だるいし頭痛いしでそのまま寝てしまいました。
翌朝37.8度の熱と頭痛は収まらず、なんか酷い状態になっていました。

で、やっと体調も戻ってきて乗ってみましたが・・・

概ね良好でしたw

あの嫌なジャラジャラ音はかなり消え、加速もなんか重ったるかったのが消え、クラッチが調子悪いんじゃないかとまで思ったのも、これのせいだったのか!と思うほど問題は解消しました。
多分、スプロケとチェーン替えたらもっと気持ち良い走りをするんじゃないかと思います。

約3か月かかって、やっとここまで修理できて、ホイールを変えるという夢が一歩進みました。

DSC_0125

でもな~後ろ6本で前3本スポークwダメじゃんw