それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

today(AF61)

外装交換

mixiチェック Clip to Evernote
気付けば3ヶ月もblog放置w

たまには書きましょう。
でも、台湾の話完結していないw
てか、既に記憶が危ういなw
そこにこだわると他の記事も書けないので、とりあえず定番のスクーターネタから。

いつも何か書こうとすると昔話から入ることが多いけど、今日も昔話からw

スクーターは主に鉄のフレームにプラスティックの外装を合わせた乗り物だ。
その外装が、駐輪したときに隣にぶつけたり、ぶつけられたり、倒されたり、倒れたりで、どんどん傷がついてきます。
新車など買ったことがない俺ですが、駆動系から始めて一通りいじって走行性能的に満足すると最後は外装に目がいくようになり、一度だけオールペンなんかしたことがあります。
それは純正にある色でも、ない色でも、好きな色にできるからってのもあったけど、純正である色でも新品外装交換するよりはるかに安くあがったからです。

ガードレールにチョコンと当てて、フロントが割れてるスクーターや、転倒して擦り傷ガリガリのまま走ってるスクーターも沢山あるけど、あれも「まあいいや」とか「どうせ直しても」なんて思うのは、その外装の値段をかけて修理するほどでもないというのが本当のところだと思います。
その位に、新品の純正外装パーツは値段が高いと思うのです。

昔、スクーターに乗る、ある女子プロレスラーと話をしたときに、傷だらけだから外装だけ交換しようと思うけど、それなら買い替えた方がいいよねなんて話をしたことがありました。

ところがです。
今は純正ではありませんが人気のあるスクーターは社外のリペア外装が格安で買えます。
通常のスクーターなら1台分で1万円以下wもちろん社外品ですから、製造元がどれほどあるかわかりませんが、出来が良いものから残念なもの、許せないものまで様々ですし、個人の受け止め方もありますから、万人におすすめはしませんけどねw

そんなわけで、今回は社外品で外装交換をしてみました。

車両は友人の超良質中古車のtoday(af61)です。
友人はこのtodayに乗ったがために40歳を超えてから中型免許を取得し、今は125ccに乗るようになったので売却したいとのことで、販売代行をさせていただくことになりました。

001

002


このtodayは本当に極上中古車ですが、外装がピンクと不人気色で大きな擦り傷もあります。
新しいオーナーはこの色が気にらず、社外品の外装でも良いから換えて欲しいとのことでした。

そこで今回はご希望のレッドに換えるべく社外外装を発注しました。
こういった品は、やはりバイクパーツセンターですw

トゥデイ AF61 外装カウルセット 5点 赤【レッド】 TODAY【塗装済】【外装セット】 『バイクパーツセンター』
トゥデイ AF61 外装カウルセット 5点 赤【レッド】 TODAY【塗装済】【外装セット】 『バイクパーツセンター』

お値段もお手頃で送料込で5000円以下ですw

では始めましょう!
あらかじめ外装交換のレポートが載ってるblogをチェックしましたが、それなりに時間がかかるような話。
俺が慣れてるAF18DIOとかならあっという間ですが、初めてのAF61です・・・でもスクーピーもやったことあるから、そんなに時間かからないだろう?と思いつつ作業時間は余裕をみてスタート!

丸裸にしちゃる!

003

え~と・・・

ここまで30分なんだが?

組み付けはフェンダーが苦労するとの話だった・・・
削るとか入らないとか聞いたけど・・・

タイヤを外すのは当たり前。
でもなんでそこからメーターケーブルとブレーキワイヤー外して、ドラム外すだけの作業をやらないのだろう?
ドラム外せば削る必要なんて全くいらない。
意味がわかりませんでしたw

そんなわけで1時間後にはこんな感じ。

004

そして1時間半後には・・・

007

006

完成しました。

フェンダーは全く苦労しませんでしたが、メットイン下の部分がピンクはピンクで、レッドはブラックです。
これは外装セットには含まれず、ヤフオクでGETしました。
一番の苦労はこの黒のメットイン下との接合でした。
フロントのレッグシールドとカウルとフレームの合わせも結構苦労しました。

ぶっちゃけこれほど単純な組み合わせの車体でも少し苦労するのですから、複雑な形状の車体なら相当の加工が必要でしょうね。
写真はキレイに見えますし、実際にクオリティーは高い方だと思いますが、塗装は少し甘いところがあります。
俺的には全く問題なく、値段相応だと思いますよ。
てか、この値段で新車同様になるんだったらいいんじゃね?wってのが俺の感想です。

お客様にも喜んでいただきました!(でいいんだよね?)

試走も兼ねて納車に20kmほど走っていきましたが、つくづく良い車両だと思います。
というより、良いエンジンだと思います。
同じ4スト50ccのスマートDIOに乗ってましたが、水冷と空冷の違いとか、音の静かさとかありますが、todayのエンジンはトルクがあって扱いやすいし、プーリーとウエイトだけでとても良い加速をします。
最高速も中々のもんだと思いますよ。
唯一の弱点はバンク角の浅さくらいでしょうか・・・特に左がサイドスタンドを簡単に擦ってしまいます。
ボアアップキットも格安で売ってるので弄るにも良いかもしれません。

なんか欲しくなってきたw

外装に話を戻しますが、このシリーズで俺が所有するスクーター用もあるので今度挑戦してみたいと思います。
 

today

mixiチェック Clip to Evernote
これは6月30日の日記だがUPされるのは7月1日だ。
日付の変更もできるが、あえてそのままにしておく。

そんなわけで6月は一回もblogを更新しなかったことになるw
まあ、誰も気にしてないからいいよねw

さて、ホンダtodayと言ったら、あなたはどっちを思い浮かべますか?

today
それとも

today2

まあ、車の方はとっくにラインナップにありませんから知らない人もいるでしょうw
しかし、このスクーターはよく街で見かけると思います。

俺は通勤に駅まで原チャリを使っていて、駅の脇の路上駐輪スペースに止めますが
最近は10時出社ということもあり、かなり遠くに止めることになります。
そして駅まで延々と並んでる原チャリを眺めながら駅へと歩いていくのですが
おそらく一番多いのがこのtodayです。

2002年のデビューから外見はほとんど変わることなく、今でもラインナップされている
人気のスクーターです。
人気の理由は、当時のDIOが2ストから4ストに変わり、アルミフレーム、水冷エンジン
という高価格路線を行く中94800円(税抜)という80年代のような価格だと思います。

まあ、当時はまだ元気な2ストが好きで、DIO系のスクーターって感じのスタイリングが
好きで、ディスクブレーキじゃない車両など興味があるわけもなくw本当に普段の足と
言いますか、別にバイクに興味無いけど使えないと厳しいんだよねって人が買うもの
だと言うのが俺の評価でした。

もしこの手のスクーターに乗るなら、まだスクーピーの方がカッコいいと思いました。

スクーピー


で、今はと言うと、4ストが主流だし、これもありなんじゃね?と思うと同時に水冷系は
ボアアップできないけど、today搭載の空冷エンジンは安くボアアップできていいな~
なんて思う次第ですw

ついでに余談ですが、現行のDIOってのはこのtodayの兄弟車だったりします。
でも、今のDIOは本当に嫌いなんですよw

さて、そんな意識することも無かったtodayを友人が買いました。
俺と同い年のいいおっさんですが、ピンクですw
1905118106_112
写真拝借

なんでもスクーターが沢山並んでる怪しげな店で、45000円というプライスが付いていたとかw
その値段自体は驚きもしないけど、走行距離が300kmとかw
そんな極上中古車がそんな値段で買えるわけもなく、騙されてるよ!と思っていました。

その友人から電話があって、プーリーを組んで欲しいとのこと。
スクーターチューンの基本中の基本であり、色々いじるより、それだけ交換しておくのが
もっとも良いのではないかと思うほど、デメリットが無い定番チューンです。
当然二つ返事でOKしました。

300kmしか走ってない極上中古車なんて全く信じていない俺としては、フレーム曲がってる
んじゃねーか?とか、エンジン死にかけとか、仮にそのどちらも大丈夫だとしても、走行距離
は絶対嘘で、メーター新品付けただけで駆動系などボロボロで、プーリー交換はメンテナンス
の一部だし、ウエイトローラーも数種買ってこいだの、オイル交換もするから買ってこいだの
色々言いましたw

そして本日昼過ぎに彼は自走でやってきました。

軽く雑談してから作業開始ですが、初期の状態を知りたいので、まずは運転させてもらい
ました。

予想に反して、ハンドリングもエンジンも全く問題なく、ノーマルとしては全く文句が無い。
少しホコリをかぶっていたらしいが、洗車したらキレイだと言ってたが、本当にキレイw
俺の水冷DIOと同等か、わずかだが速いんじゃね?と思うくらいだった。

そんな現状チェックも終わってプーリー交換からスタート。

彼のチョイスはキタコのプーリーでセット内容はランププレートのみ。
ウエイトローラーは6.0g、5.0g、4.5gと3種を別に用意してきた。
ちなみにノーマルは6.5gらしい。

俺は一つ一つのパーツがどれほどの効果があるかを確かめた方が良いと伝え、まずは
プーリーだけを交換しようと提案し、彼も了承してくれた。

さあ!走行300kmの嘘をあばいてやるぜ!とケースカバーを外したのだが・・・

ベルトカスが全くと言って良いほどない!
てか、ベルト上部のメーカーのペイントも字がハッキリ読めるほどクッキリw
これは・・・まさか・・・本当に?
ドライブフェイスを外して、プーリーを引き抜いたが、その表面に段差など全くない。
それどころか、フェイスには少しベルト跡が付いてはいるが、プーリーは新品ですか?
と言いたくなるほどキレイなものw
ウエイトローラーも片減りなど全くなく、筋さえ入っていない。

もう認めるしかない・・・正真正銘の走行300km車だw

良い買い物をしたね!と言いながらキタコのプーリーを組み付けた。
駆動系の冷却のために導風のゴムホースが付いているが、これも全く硬化していない
ことみても、いかに良いコンディションであるかがわかる。

さて、プーリーのみ装着の一発目。
私道でテスト。
40km到達までの時間とその先の伸びは明らかに変わったことを二人確認した。

彼はかなり勉強したようで、ノーマルエンジンのベストセッティングを色々調べてきて
いた。
その情報によればノーマル6.5g×3と4.5g×3の組み合わせがベストとのこと。
それより軽い組み合わせは回りすぎて燃費も悪くなるとのことだった。
おそらくは高回転にシフトしすぎて加速は良くなっても、最高速が伸びきらない
セッティングになってしまうのだろう?と予測した。

彼のオーダーはベストから一歩だけ高回転よりの6.0g×3と4.5g×3というセッティング
だった。
なるほど面白いところを狙うじゃないか!
仰せのままに組み付けた。

2回目

明らかに高回転よりになっている。
マフラーを変えたわけじゃないが、うなるエンジン音がうるさいと感じるのだから
それだけ低速域でもエンジンが回ってる証拠だ。
確かにさっきより伸びるが、少しスカスカな感じもすると言うのが印象だ。

やっぱりこれはベストと言われるところがいいんじゃね?って話になった。

現在の総重量 31.5g
ベストと思われる総重量 33.0g

彼が用意したローラーで組み合わせると

6.0g×3と5g×3の組み合わせか、ノーマルを使って6.5g×3と4.5g×3のどちらかだ。
総重量が同じでもフィーリングは違うのだろうか?そんな議論をしながらとりあえず
後者を選んだ。
これができるのもノーマルウエイトローラーが全く減っていなかったからだ。

3回目

わずか総重量で1.5gの差とは、これほどハッキリでるものなのか!と思うほど
全域で性能が上がり、回転数も抑えられ、スカスカ感も減ったことを体感!
これは良い回転域を使ってるという同感を得てセッティングは決まった。

次はリアブレーキのスイッチ故障の修理。
俺は左ブレーキを握ってエンジンをかけるが、その左のスイッチが壊れているので
なんでセル回らないの?と何回か焦ってしまったw最初に直すべきだったw
ヘッドライト内の配線を外し、ブレーキレバーを外してスイッチ交換で終了。

最後にいつ交換したかわからないエンジンオイルの交換だが、廃油処理に使う
いわゆるオイルパックが無かったのでホームセンターまで行くことにした。
彼はtoday、俺はDIOで2台連なってお買いものw
そのあとファミレスで飯を食ったが、なんか原チャリ2台でファミレスって高校生
みたいだと言って笑ったw

そこから家まではお互い原チャリを交換して走った。

家近くの私道で全開アタックしたら60kmオーバーwメーター振り切った・・・
俺のDIOより全然速いw

あんな安物スクーターに・・・あんな完全おばさんスクーターに勝てない・・・

俺もプーリー入れようwと血意した(字はあってるw

todayはバーハンだからホームセンターで買ったドリンクホルダーなんかも
簡単に取り付けできた。
オイル交換はオイルがオイルの色だったw
いつ交換したかは知らないが、本当に汚れていないよw
でも鉄粉はそれほど見られなかったから一度は交換していると思う。

俺のDIOもついでに交換したが、黒かったな~w

そんなわけで性能もアップして喜んで友人は帰っていきました。
あの分ならプラグも全く問題ないだろうし、当分は安心して乗れると思う。
本当に良い買い物をしたねw

today・・・結構良いスクーターじゃねーかw

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
最新コメント
ギャラリー
  • バイク選び
  • バイク選び
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 「なぞの転校生」聖地巡礼
  • 「なぞの転校生」聖地巡礼
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ