それってど~なのよ?2ndシーズン

袋小路ロイ左衛門の日記的なものw

スクーター

メーター移植完了!

mixiチェック Clip to Evernote
配線をぶった切り、被服を剥いて、よじって、ビニールテープ
これはウインカーリレー部分

IMG_0406

本当はこの切たカプラーがついていました。

IMG_0407

この部分で12~3本つないぎました。
膨らみはそれほどでもなかった。

 IMG_0408

お役目ご苦労のハーネス。

IMG_0409

さくっと取り付け。
何事も無かったように全機能正常。
ウインカーのパイロットも点きます。

IMG_0413

でも、まあずれは仕方ないよw

IMG_0415

IMG_0417

IMG_0411

頭でっかち完成w

ライトは・・・夜じゃないとわからないけど、多分明るいんじゃね?w
スイッチは細かくて面倒だったけど、カチッと動くようになった。

ザ・快適w

だけど色違いかっちょわるいw
塗装したいな~w

やっぱり・・・作戦変更w

mixiチェック Clip to Evernote
さて、移植作業の続きです。

今更ですが、こんなマニアックな作業は同じことをやろうと思ってる人以外には全く無意味な記事ですw
ただ、なんと言いますか・・・最近、情報収集のためにネットを見ていても、途中経過が無くていきなり出来ました!
ってのが多いんですよねw
それは個人の自由だし、作業中に写真撮るのって面倒なのもわかるけど、俺的には全く意味が無いと思っています。
せめて注意点や、苦労したポイントだけでも書いてくれたらいいのになんて思います。
たった一人でもこれを読んで作業が楽にできたとか、助かったっという人がいれば良いななんて思いながら書くことにします。

まずはハンドルカバーからメーターだけを取り外します。

IMG_0388

IMG_0389

寒いので室内作業です。
汚れてるので軽く拭き取ってから作業を開始。

最初にやることは・・・

写真を撮っておくw

blogを書くためもあるけど、あとでわからなくなったら写真みれば少なくとも元に戻すくらいはできるでしょうからねw

さて、そしたらメーターからメーターハーネスを外します。

IMG_0398

ハーネスだけになります。

IMG_0400

IMG_0399

外すと、また手が届かなかったところがあるので更に拭いてから作業します。
これは汚れるのが嫌なのもあるけど、線の色を見極めるためにも重要です。

今回はメーター側の配線を加工しようと思い、まずはどうなってるのか調べることにしました。

頭悪いんで、表にまとめないとわからないから調べながらエクセルに落としました。










AF18 AF35

アース(-) アース(-)

緑/黄 ブレーキランプ ブレーキランプ

ライトスイッチ中央 Hi、Low中央

ライトスイッチ左 なし

ライトスイッチ右 なし

IGN電源 IGN電源

ウインカーランプとスイッチ ウインカーランプとスイッチ

ウインカーランプとスイッチ ウインカーランプとスイッチ

青/白 燃料計 燃料計

緑/赤 メーター内 メーター内

黄/白 燃料計 燃料計

黄/赤 スターター スターター

ミント ホーン ホーン

なし ウインカースイッチ








車体とメーターを繋ぐハーネス部分でAF18で13本、AF35で12本である。
緑は多数あるのでアース(-)だと思われる。
黒はブレーキスイッチと繋がってるから、おそらくエンジンが始動していなくてもキーONだけで電気が流れるIGN電源だと思う。

まずは、この合わない本数の原因を調べることにした。
AF18にはあって、AF35には無い線が2つある。
茶色と桃色だ。
これはいずれもライトのON、OFF切り替えスイッチに繋がる線だ。
AF35にはスイッチが無いのだから余る線があっても不思議ではないが、どんな役目なのかがわからない。
そこで登場するのがこれだ!

IMG_0397

テスター使うの何年ぶりだろう?w

スイッチに配線してテストしてみた。











ライトOFF


ライトON








という結果になった。
予想するに、黄色が+でライトがOFFのときは桃色に電気が流れ、ライトがONになると茶色に電気が流れる。
というスイッチなのだろう。
ではそれぞれの行き先だが

黄色はこのスイッチにしかない。他に見当たらない。
茶色はメーター照明と、Hi、Low切り替えスイッチにも見られる。
桃もこのスイッチ以外には見当たらない。

車体側を見てみると、たぶんフロントに付いてる抵抗に桃がつながってるようなので、おそらくは黄色で入ってきた+電流がライトOFFで使われなかったときに余分だから抵抗に流して消費しているのだと思う。
したがって、このスイッチを使わないのであれば、桃色は絶縁しておけば良いと判断する。
常時ONのAF35には抵抗など付いていないのだから間違いないだろう。

これで1本減った。

次に茶色はメーター照明と連動しいるのと、Hi、Low切り替えスイッチに行っているが、ライトがONじゃないと意味が無い。

AF18は








Hi、Low









配線に無し
配線に無し






AF35は



Hi、Low









配線に無し
配線に無し





 
となっている。
つまり、ライトがONで茶色に流れる電流をHi、Lowに切り替えてるAF18に対して、そんなスイッチが無いAF35は直接黄色がここに入ってるということになる。
したがって、ライトON、OFFスイッチを使わない場合は茶色と黄色を直結すれば問題無いと思われる。

これで2本無くて良い理由がわかった。

ちなみに青と白の配線に無しというのは、車体側のハーネスに無いという意味で、スイッチからヘッドライトに出る線なので問題ない。

さて、次は逆だ。
AF35にはあって、AF18に無い線がある。
灰色だ。
正確には車体側との接続部に無いだけで、メーター付近にはあるのだ。
ではそれは何か。
これは簡単にわかった。

AF18は



ウインカー









車体から配線に無し






 AF35は



ウインカー













 
まず、ウインカーのスイッチがプッシュキャンセルとなり、配列が変わってる。
そして、ウインカーリレーがメーター部にあるAF18には取り付けるカプラーがあり、そこには灰色の線が入ってる。
一方AF35は車体側にウインカーリレーがあるので灰色の線を車体側にもっていってるのだ。

したがって、この灰色線にウインカーリレーを繋げば問題ないであろう。

これで配線の数に対する疑問は一応は解決できたように思う。

まあ、ここまでやってからAF18はネットで配線図あることに気付くw
AF35は見つからなかったけど。


さて、そうなると実際の作業になるのだが・・・

まずは燃料計の配線と思われる3本は直接メーターにネジ止めする。
これで位置も大体決まる。
メーター内照明は1つから2つに増えるので増設が必要だ。
メーター内照明にはウエッジ球を使うので、そのソケットが必要になる。
当然これはAF35から切ってもってくるしかないから、AF35ハーネスも無事では済まないのだ。
それはとりあえず後でやるとして、全体のバランスを確認すると・・・

これどう考えても、左側のスイッチ届かないぞ・・・

ネジ止めの部分を工夫してなるべく左にオフセットさせてみるも・・・

左側スイッチ延長?いや左って3スイッチで線8本あるよw全部延長って・・・まあどうせウインカーは配列変えるからいいけど・・・

メーターから出てる配線もカプラーとギボシで合わないから直接配線だよな~・・・

ライトとウインカーはカプラー違うから7本繋ぐとして・・・

これってもしかしてさ・・・

メーター側加工するより車体側と繋がるカプラー部分を全部切って移植した方が楽じゃね?
そうすりゃメーター側ほぼ無加工だよね?だって付いてたままなんだからw
ウインカーリレーの設置場所と配線の問題だけだし、繋ぐ本数はそれほ多くなくて済むような気が・・・

でも、それって大昔にやったのと全く同じw

20年前の俺よ!お前は間違ってないぞ!ww


さあ、そうと決まれば頭ではなく手先を使う方だw

しかし、この配線の数々を全部ギボシにするのは面倒だし場所もとる。
やっぱり線剥いてねじってビニールテープがお手軽で、場所を少しずらせば膨らむこともないだろう。
ところが、ここでビニールテープが見つからないw
買いに行こうかと思ったけど外は雨だし、眠くなってきたw

しばらく仮眠した。

起きてからビニールテープを買いに行く前にスイッチ類を全部はずしてハンドルカバーを洗った。
カバー自体はキレイになったが、スイッチの状態が酷い。

他のスイッチはAF18から持ってくれば良いが、ウインカーだけはそうもいかない。
せっかくのプッシュキャンセルなのに動きが渋い。
バーツクリーナーを吹いても多少改善されるくらいで渋い。
で、よく見ると分解できそうな?

IMG_0395

まだ洗浄が完璧じゃないけど、とりあえずばらしてグリスアップができる状態にはなった。
比較のために1円玉置いたけど、とにかく小さい!細かい!
新品買ったら信頼性も高く、使い心地も良いに決まってるが、こんな小さな部品でも結構なお値段なんだよねw(多分ねw)

直せるものは直して使う!

ついでだから他のスイッチも!まだ未洗浄の汚いのをどうぞ!

IMG_0396

そんなわけで、思いがけず細かい作業に時間をとられて思うように進んでませんw
これから、ビニールテープ等買いにいきますw

豆電球

mixiチェック Clip to Evernote

小学生のとき、サーキットの狼シリーズのプラモデルが好きだった。
単三の乾電池で130モーターを動かして走る。
ミニ四駆のようにハイテク?wじゃなかったけど、動くというのは子供にとって重要な部分だった。

電池の+と-をモーターにつなぐと回転する。

電気には+と-があることを知る。

+と-を逆にするとモーターは逆に回る。

後ろ向きに走る車を作ったこともあるw

電池を外すとモーターは止まる。

電池を外すかわりに接触式のスイッチをスライドさせるとON、OFFできることを覚える。

まあ小学生の低学年やそれ以下で覚えたことだが、今でもそれほど知識は変わらない。
あと学校では豆電球を使った授業があったね。

直列つなぎと並列つなぎとかw

やがてこんな式を習った。

E=RI

E電圧 R抵抗 I電流

オームの法則新田恵利だw

で、何を言いたいかと言うと・・・

「正直、電気ってよくわからん!」

繰り返しになるが、直流回路?においてこのくらいの知識しかないということだw


それを前提に・・・

俺は昔、DJ-1にG'のエンジンを積んだことがある。
あまり形式が違うわけじゃないし、エンジン自体の固定方法は変わらないので簡単に乗せ替えできた。
しかし、エンジンにも多少は電気配線ってものがあり、これが適合するのかは全くわからなかった。
それとメーターとハンドル周りはG'を使いたかったのだ。
そこで俺が考えたことは、G'のメインハーネスを使うことだった。
車体のレイアウトが似ていることから取り回しに関しては問題がなかったが、随所に互換性が無い部分があった。
今となっては細かいことは覚えていないが、例えばキーシリンダーに互換性が無く、カプラーも違う形状だった。
これらの問題を解決するため俺がとった行動は、ハーネスをぶった切り、つなぎなおすことだった。
しかも電気信号的に何かもわからず、ただ「同じメーカーの近い年代のスクーターだから配線の色は同じだろう」という、もの凄い無謀で根拠がない憶測に基づいたものだったw

何十本の配線をつないだだろうか?

結果は全ての機能の正常動作だったw

まさにキセキであるw
このようにエンジンスワップも経験しているが、電気的な知識は全く皆無に等しい状態での作業だったのだw

今ならもう少し考えて最低限の処理をすることもできる?かもしれないw
だが基本的には、カーオーディオを自分でインストールしたり、PSP分解して組み立てしているわりには、全くもって電気には無知なのであるw

さて、そんなわけで今回は89年式?のDIOに00年式?DIOのメーターを移植してみます。
ありがたいことに、この作業は経験者もいて、ネットに情報を公開してくれています。
完全一致というわけではないのですが、昔と違って全くの手探りではなく、探せば情報があるということですねw 

では、まずは比較です。

こちらがAF25(18)のメーターとハンドルカバー(内側)
IMG_0370
 
こちらが同AF35
IMG_0372
 
まずはメーターの形状が全く違います。
AF25のメーターはAF18でも同形状ですが、文字盤や針の色が違います。
AF25は18よりも多少スポーティーなイメージでしょうか?
AF35はホワイトパネルで針はオレンジ。赤がよかったんじゃないかな?w
まあ、それはいいとして、スピード、燃料計と表示される情報は変わりません。
2ストならではのオイル警告灯と、原付ならではのスピード警告灯も変わりません。
しかし、AF35にはウインカーのパイロットランプがあります。
うれしいことですが、配線的に心配な部分でもありますw

ハンドルカバーの形状も違い、固定箇所も違います。
当然ハンドル自体も違うのですが、前回お伝えしたとおりハンドルは互換があると思われるAF27/28のものに変更済みです。

さて、このハンドルカバーですが大きく違うところが2つあります。
1つは右側のヘッドライトのON、OFFスイッチです。
これは現在国内販売されるバイクにはありません。
ライト常時ONが義務化されたためです。
AF35には無く、AF18にはあります。
時代を感じる部分ですねw

2つ目はこれです。

AF25
IMG_0381

AF35
IMG_0380

両方とも上からライトのハイ、ロー切り替え、ウインカー、ホーンとなってます。
この真ん中のウインカースイッチですが、AF25はセルフリターンでAF35はプッシュリターンです。
多くのバイクがそうであるように、原付でも今はプッシュリターンが主流です。
車のウインカーは車線変更くらいでは手動で戻しますが、曲がったときはハンドルの戻りと同時に勝手にキャンセルされますが、バイクは常に手動でキャンセルです。
そのキャンセルの仕方がワンプッシュで済むのは楽です。
セルフだと慣れないと反対側にウインカー出したりしますからねw
まあ、本当に慣れの問題ですがプッシュの方がいいです。
個人的にはこれがライトの暗さ解消と同じくらいうれしい機能だったりします。
じつは昔、ハンドルカバー変えないまま大きく削り込んで埋め込もうとしたくらいですからw
失敗したんですけどねw

次はメーター裏側です。

AF25
IMG_0374

AF35
IMG_0375

表側の写真でわかりますが、ウインカースイッチを除けば使ってるスイッチは同じでカプラーの形状も同じ。
したがってここは問題が無いでしょう。
スピードメーターのケーブルが刺さる部分も多少の位置の違いはありますが、この程度なら問題にはならないでしょう。
燃料計の配線もおそらくは同じ3本線だし、変わらないんじゃないかな?
ただ、ウインカーのパイロットランプが無いのと、メーター照明が1つから2つに増えてるのかな?これが加工しなきゃいけない部分になります。

そして・・・

ウインカーリレーが無いw

AF25のメーターにはある黒い丸い筒状のウインカーリレーが、AF35にはありません。
AF35でもメーターに付いてるものと、車体側に付いてるものがあるらしいのですが、どうやらこれは車体側のようです。
そこまでしないとマルチリフレクターが収まらなかったということなのでしょうか?
とすると移設が必要になるのかな?

そして、車体側メインハーネスとの接続部分です。

AF25
IMG_0378

AF35
IMG_0379

まったく違いますねw

昔はこのカプラー部分をぶった切り、同じ色の配線を繋いだのですねw
今回はメーター側でやろうと思ってます。

そしてヘッドライト

AF25
IMG_0382

AF35
IMG_0383

見るからに暗そうw(明るそうw) 

バルブは
IMG_0384

左がAF35で右がAF25

当然これだけ違うのでヘッドライトの配線も違うしウインカーの配線も違います。

AF25
IMG_0377

AF35
IMG_0376
 
ここは切って繋ぐしかないでしょう。

そんなわけで、移植手術開始!

うまくいけば、明るいライトと、プッシュキャンセルウインカーが手に入りますw

炙る!

mixiチェック Clip to Evernote
寿司屋で飲むのが好きですw

魚が好きで、もちろん寿司は好きなんですが、よくよく考えると寿司屋で揚げ物や焼き物を食うことが多い。
生ももちろんうまいのだけど、加熱したものを選んでることが多いことに気がつく。

まあ、それは食事というより飲むからと言うのもあるけどw
最初にカニと子持ち昆布をつまみで出してもらってから、その日のおすすめを食べることにしている。
このとき選ぶものが、だいたい焼き物か、揚げ物だ。
酒を飲み、最後に食事といった感じで握ってもらうが、子供のころから大のあなご好きだw
あなごは煮てあるのはもちろんだが、焼くというか、炙って出してもらうのが当たり前だと思っている。

この炙ってもらうネタは他にもあるが、その代表はやはり大トロだろう。
中トロはそのままでいただくが、大トロは炙ってもらうのが良いと思う。

さて、その炙りですが・・・

IMG_0335

こんなもので炙って出してくれるのがほとんどだろう。
ちなみに上に付いている

IMG_0334

このバーナーの部分があれば、下のボンベはカセットコンロ用でかまわない。
カセットコンロのボンベは100円ショップで買えるのだw
このバーナーの部分は以外と高く、980~2000円くらいであろう。
俺はボンベ1本とセットで1980円ほどで買った気がした。

さて、せっかく買ったのだから俺も炙りに挑戦してみることにした。

では、炙る材料ですが・・・

IMG_0353

本日はこれを用意してみましたw

脂ののった油ののった?脂の多いやつが乗ってる?DIOですw

さて、皆さんにはこのステップの色が何色に見えますか?

グレイと言いましょうか・・・真っ白になっていますw

しかし、最初からこうだったわけじゃないんです。

DIOSR

新車の時は黒ですよねw

この部分は塗装しているわけではなく、黒い塗料がハゲたわけではありません。

もう一度言います。

ハゲたわけではありませんw 

黒いポリプロピレンが劣化することにより色を失います。
つまりはL85と同じで、日光はプラスチックパーツの敵ということですw

で、これを解消するには色々な方法があります。
塗装すれば良いのですが面倒です。
アーマオールのような樹脂系の部分にスプレーするものもありますが、すぐに流れ落ちるし、ステップ部分はすべるので使えません。
そこで、炙ってやると黒が復活すると聞いて実験してみました。
炙ってるところの動画でも撮影すれば良かったかもしれませんが、ないので結果だけw

IMG_0363

えーと、ステップ部分はすでに乗ったのでホコリが付いて汚く見えますが、真っ黒に復活しました。

IMG_0362

遠めで見るとこんな感じ。
前の状態と比べると一目瞭然でしょう。

008

塗装すると乾燥に時間がかかったり、ポリプロピレンは柔軟なので定着させるためには下地処理にも手間がかかりますが、炙って5分も放置しておけば組みつけOKです。(冷めればOKなので5分もいらんけど)

これは中古車屋も使う方法らしいのですが、噂どおりの効果です。
どれほど維持できるのかはまだわかりませんがw

この方法は当然のことながら直火で炙るわけですから、各パーツは外して行わないと危険です。
フロントホイールを外さないとレッグシールド部分は外せませんが、他にも外さなきゃならない理由があったので今回まとめてやりました。

では、その他の作業を・・・

問題点

1.ブレーキング時の酷いジャダー

これはタイヤでもホイールバランスでもブレーキが原因でもなく、ステムのガタが原因です。
フロントホイールを持って前後にゆすってみるとカコカコと音がするので間違いありません。
これを解消するためにはステムの上下に入ってるボールレースを交換するのが一番ですが、単純にステムナットが緩んでるだけの場合もあるので、締め付けだけで直るかもしれません。ってかそれを望みますw 
その作業のためにはフロント周りの外装は全て外す必要がありますので、炙るにも最適でしたw
そんなわけで外装全部はずしました。

IMG_0356

 ちなみにフロントホイールも一度外し、車体維持のため一応はめたのですが、ディスクブレーキのあわせが面倒だったので反対に組み付けてありますw

この状態からハンドルも外して作業します。

IMG_0359

ステムの上の方にネジがきってあり、でかいナットが2つあります。
これが緩んでるとガタがでます。
ダブルナットなのでまず上のナットを十分に緩めてから、下のナットをフロントに加重をかけながら締め込みます。
と言っても、これは手で強く締めこむくらいで十分です。
上のナットは緩み防止で、これを強く締めこみすぎるだけでステアしない状態になってしまいます。
バイクはハンドルをきって曲がるわけではなく、車体を倒すと自然にステアするのですが、その自然なステアを妨げてはいけません。
確かメーカー推奨では締めこんだあと1/8回転戻す必要があったと記憶しています。
ちなみに、このナットは8角で通常の6角ではなく本来なら専用ツールが必要です。
俺は初めてステムを交換したときにこのナットをウォーターポンププライヤーで挟んで回そうとしました。
若くて今より全然力もあったけど、泣くほど力を入れても緩められずw専用工具を買う金はなく、日曜大工の店でこんなレンチを買いました。

レンチ

まあ、これは俺の持ってるのとはちょっと違いますが、あれほど無理だった作業が一瞬でできたときは本当に工具は偉大だと思いましたw

いまでもそれを使う機会はステムナットだけなんですけど、持ってて良かったと思える逸品ですw

さて、結果ですが下のナットで1/8回転も回ったかな?くらいの締め込みでしたが、フロントホイールを持って前後にゆすってもガタはなくなりました。

あとは走ってみるのみです。


2.リアタイヤのパンク

テスト走行中に激しくドリフトしたと思ったらリアタイヤパンクだったことはTwitterで書いたんだっけ?w
まあフロントにLiveDIO用金ホイールですからリアも揃えたかったし、タイヤだけ交換って本当に面倒なんで山が残ってるタイヤ付きの金ホイールに付け換えました。
多くのスクーターはリアタイヤやホイールを交換するにはマフラーの取り外しも必要。
そうなるとガスケットは新品を用意しなきゃと思っていたのですが、用意する前にやっちまいました。
したがってガスケット再使用w

マフラーの取り外しも地味に外装外しが必要だったので全部まとめてになりましたw
やっぱり好都合だったわけですよw

リアホイール

まあバリ山なんだけど、古いし劣化してると思うw
それと細いのが気に食わんが、とりあえずw


3.リアブレーキ

最悪なんだよねw
まず転倒暦があって左レバーが曲がってるし、グリップエンド欠損でグリップも削れてる。

総統も相当ご冗談がお好きなようで!ではなくw

相当強く左にコケタと思われるw

IMG_0352

で、効きも悪く、タッチも悪く、戻りも悪いとい3拍子w

ブレーキシューの減りや、リアホイールのドラム部分の磨耗も考えられる。
ホイールは今回交換になるから良いとして、シューを見てみると・・・
酷い状況でもない・・・
まあ、一応材質とか当りとか考えてホイールが付いてたエンジンからシューを持ってきて移植した。

ここをばらすことは滅多にないので、ここぞとばかりにブレーキカムを抜いてきれいに洗ってグリスアップ。

レバーはスクーピーのが同じなので交換しました。


4.外装の黒復活

上に書いたとおり炙りましたw


5.ヘッドライトが暗すぎる

なんてったってアイドルw

じゃなく、なんってたって20年以上前のスクーターですからライトが暗い。
若いころ同じDIOに乗ってた頃は、G'のメーター&ライト周りを全部移植していましたが、それはいじってますよ~的なアピールな部分でもあったのだけど、何気に明るかったのかな?あまり暗いと感じたことがなかった。

しかし、今のノーマル状態だと本当に暗い。
ってか、一度明るいのを知ってしまうとって部分もあるのかもしれない。

今やヘッドライトはHIDな時代だし、ポジションやウインカー、ブレーキランプもLEDな時代。
さすがに原チャリにHIDを入れるかは別としても、あまりにも暗すぎる。

4ストDIOはリフレクターが良く、レンズもクリアなので、全く不満がないのだ。
せめてあのくらいの明るさは欲しい。

どのくらい違うのかお見せしよう。

まずはガレージの電気が点いてる状態

IMG_0364

これを消灯して4ストDIOだと

IMG_0365

これはが基準。
では20年ものはどうかと言うと

IMG_0367

光の広がり方が全く違うのだ。

だが・・・さすがに4ストDIOは4ストであって移植しようにもメーター関係の配線が適合しないであろう。
そこでやはり考えるのが2スト最終のLiveDIOのライト周りの移植だ。
まあ解体車があるからとも言えるのだがw

LiveDIOにも沢山種類があって、前期型と言われるものはレンズカットしてあるのでそれほど変わらないはず。
だが、中期型?後期型?からはマルチリフレクターでクリアレンズなのだ。
運よく俺の持ってる解体車のものは中期のものらしいので、これを移植できれば少しは解消されると思うのだ。

そこで問題になるのがハンドル。

AF18や25といった初期型DIOと、それ以降のAF27や28のスーパーDIO、AF34や35のLiveDIOとは若干ながらハンドルが違うのだ。

移植したいのはLiveDIOのライトおよびメーターとメーターカウルなので、ハンドルもそれをつけてしまえば問題ないのだが、実はハンドルロックの方式が変わり使えない。

メーターの形までまるっきりLiveDIOと同じスーパーDIOのハンドルか、ハンドルロックが変更になる前のLiveDIOのハンドルがあれば移植可能と思われる。

そこでヤフオクでハンドルのみ落札してきたw
お値段は1円~490円と色々あったが(まだ上もあったけどw)どちらにしても送料の方が高いのは間違いないw
結局1890円ほどかかってしまったw

これを組み付けることにした。

しかし、ハンドル自体は簡単に交換できるし、ブレーキ、アクセルワイヤーなども全く問題が無いが、メーターの配線組み換えには時間がかかるので次回とした。


完成の状態は再びになるが、これだ。

IMG_0362

一応変更前のメーターを配線しないと動かないので暫定的につけて、私道にて軽くテスト。


一番収まって欲しかったブレーキング時のジャダーは収まったように思う。
ガスケット再使用だが排気漏れもない。
タイヤはパンクはしないが長年の放置でやはり劣化している気がするが、一応は問題ない・・・
って言っても本気で走ったらどうかわからんがw
リアブレーキは効きに関しては解消された。
きっちりリアだけロックさせることもできるようになった。
だが、タッチは悪いし、戻りが悪いのも変わらない。
おそらく戻ってなくて効いてはいないが、ブレーキランプは点きっぱなしだろうw
これはワイヤーだろうな・・・

他にも不満はまだあるw
とりあえず次はヘッドライト&メーター周りを片付けて、それからチョコチョコやって行こうと思う。


俺の教科書

mixiチェック Clip to Evernote
高校生の時、友人がスクーターを買って乗回しているころ、俺は免許さえ持っていなかった。

しかし、憧れだけはあったし、そもそもバイク雑誌の国産車オールアルバムみたいなものを買って、スペックとかを調べるのは好きだった。
学校の勉強は全くできなかったが、そんなことだけは事細かに覚えたものだw

ただのお買い物バイクであるスクーターにスポーツ性を求め始めた時代。
どうやったら速くなるのか?そもそもミッションではなく無段変速とはどんな機構で実現されているのか?
図解入りで説明されている記事を読んで理解し、どのパーツを交換すれば速くなるのかは頭ではわかった。
しかし、パーツを交換するどころか、スクーターを所有してなくて、運転すらできない俺にその知識は何の意味があったのだろうw

それが実体験になるのは二十歳を過ぎてからであった。

バイク雑誌には沢山の種類がある。

新車を中心にした総合的な雑誌、改造、カスタム雑誌、走り屋系、原付特化、暴走族・・・
今でも続いてる雑誌もあれば、廃刊になったものも沢山ある。

俺は改造、カスタム系、原付系が当てはまるのだが、もっとも縁が無いのが暴走族系の雑誌だ。
走り屋ってほど走りこむこともなく、レースがしたいわけでもなかったけど、シグナルGPとか街中で負けない程度には速く走れるようになりたいってのはあった。

暴走族はただうるさいだけで、速くもなく、そのセンスが理解できない改造の数々w
そんなもんが載ってる雑誌は、笑うために見る程度の認識だった。

そんな暴走族系の雑誌にライダーコミックというものがあった。
シンナーがやめられるおまじないとか、本当に腹をかかえて笑うような内容しか書いてないと思っていたけど、その中の漫画に興味をひかれた。

正式に名前があるようには思えなかったが、あえて言うなら「BIG HON おズさん」wである。
内容は原チャリ初心者たちにおじさんがチューニングを教えていくといったものだった。
漫画で仕立ててあるから、楽しみながら、構造が勉強できるという暴走族雑誌にはもったいない内容だったが、俺の頭もその程度だったのだろうw

バイクも扱っていたけど、スクーターに関する部分だけを集めた増刊号が発売されたのだが、これが俺の教科書となった。

スクータースーパーチューニング増刊

高校生のときに基本は理解していたつもりだったが、おもしろかったし、基本から丁寧に解説してくれているから本当に何度も何度も読んで、メーカーの整備マニュアルを買うまでは、これ一冊で勉強して、いじるときもこれを片手に作業していた。

以降、毎月ライダーコミック発売日を楽しみにする愛読者へと変わっていったのであるw

上記の増刊号のカラー写真ページにある初期型DIOは俺の目標であり、ほぼ同じ形に完成させた。
もちろんその写真を読者投稿コーナーに送ったのは言うまでもないw

最近はモトチャンプくらいしか読まないが、これほどまでに初心者にやさしく原理や、手順まで教えてくれることは無い。
ネットで情報は沢山あるけど、質問コーナーを見ても「どうやったら速くなりますか?」「100km出ますか?」と言った頭の悪い質問が多と、これを読んでから聞け!と言いたくなるほど、いつの時代にも必要な教科書だと思う。

まあ、俺はこのblogでやろうとは思わないけどねw

ちなみに俺は老後の楽しみに盆栽をいじるかのように、モンキーをいじろうと思ってるw
それは若い頃から思っていて、老後でもこのモンキーってジャンルはあるだろうなと思ったし、何より金がかかるから、経済的に余裕があるであろう年寄りになるまでやめておこうと思ったが、どうやらそうゆう兆しは全く無く、やるなら死ぬ前にやっとけくらいの勢いであるw

そんなときを夢見ながら読んだ「いとしのモンキー」も懐かしい。

暴走族系の雑誌だったライダーコミックが、こうしたスクーターや4ミニ系の雑誌へと変わっていく最中に俺は出会ったらしいので、人によっては全く違う雑誌と受け止めるかもしれないが、俺はそんなライダーコミックが大好きだったな~w
 
そして、その掲載されていた漫画も、ある意味わかる人にしかわからない漫画として大好きだ。

ふとネットで見つけてとてもうれしくなったので書きました。

バイクパーツセンター

mixiチェック Clip to Evernote
車もバイクも(いやスクーター限定かなw)好きだけど、車に比べてバイクの良いところは、維持費も、改造するにしてもパーツ代が安いというのがあります。

もちろん品質にこだわれば高いものになりますがw

原チャリをいじる情報もいまやネットで調べればなんでも出てきて便利ですが、昔ながらに雑誌なんかも見たりします。
バイク雑誌数ある中で、原チャリといえばやっぱりモトチャンプでしょうw
そのモトチャンプの後ろの方に、必ず載ってる広告がバイクパーツセンターです。

このショップに限らず、最近のパーツは海外製で昔より格安で買えたりするのですが、それにしてもここは安い!
貧乏人の俺にはとても助かる値段設定だし、品揃えも豊富です。

一応走るようになった2ストDIOですが、足りなかったり、交換したいパーツが色々あります。
そこで初めて使ってみました。

まずはバッテリーです。
いつまでも4ストDIOの借り物ってわけにもいきませんw
でもバッテリーって高いんだよな~と思ったら・・・

850円w

4ストDIOとは違うやつで、昔のスクーター用の容量も小さい一番安いものではありますが、ちょっと衝撃プライスじゃないですか?

しかも安かろう悪かろうだとしても、一年の保証付きですw
この値段なら毎年交換でも全く問題ないレベルだと思います。

次に

001

バックミラーです。
まあ、よく盗まれますよねw
特に左なんてまともに付いてる期間が短いですw

この最近のスクーターに標準で付いてるような楕円形のミラーですが・・・

290円w

新品ですよ?w
もう言葉がありませんw

はい次

003

ウエイトローラー

270円

材質によって耐久性も違ってくるけど、こまめに駆動系開けるならこれで問題ないのではないかと・・・
某メーカー製1000円~1200円とか間違っても買えなくなりますなw
2ストDIO用8.5gと、4ストDIO用6gの2つを買いました。



002

まあ、これが一番の問題。
Vベルト・・・これが出先で切れたら動きません!
置いて帰ってきて、工具と代えのベルトを持っていくか、車で引き取りにいくか、近場なら押して帰ってくるしかありません。
いずれにしてもダメージでかすぎますw
超重要部品です。
加速、最高速など性能にも影響を及ぼすのもいうまでもありません。
普通なら2500円以下はありえない商品です。
国産か?輸入品か?純正か否か?もこだわらなきゃいけないような部品ですが・・・

ライブDIO-ZX用で960円
細軸用で640円

この値段ならリスクを背負いましょうw
高くても切れるときは切れるしねw

ただ、これライブDIO-ZX専用品として売られているのですが・・・

ライブDIO-ZX 幅18mm 長さ672mm に対して
この製品 幅18mm 長さ664mm

実に8mmも短い!
短いということは変速しきれないし、引っ張られるので切れやすいということになると思うのだが・・・

これはちょっと問い合わせてみます。

ただし、俺の場合は縦型エンジンの細軸に大径クラッチを流用という標準では無い組み合わせ。
ちなみにスーパーDIO-ZXやG'、DJ-1RRといった同じ縦エンジンで太軸かつ大径クラッチを使ってる場合のベルトの長さは664mmなのです。

つまり、俺としてはちょうどいいかもしれないのですw

それに、4ストDIOの場合は

幅17.5mm 長さ670mm

実はメーカーによってはライブDIO-ZX用と同じ物を使うようになってることもあります。
まあ、それでも長さは足りないのですがwこちらに流用ってこともできます。

細軸用は

幅15mm 長さ650mm なのですが、これも 
幅15.5mm 長さ650mmと少し太い設定になってます。

まあ、どうなるか耐久性ばかりは使ってみないとわかりませんからねw

ちょっと話がそれましたが、とにかく安くパーツが買えるショップなのは間違いありません。
しかも、人気車種なら純正部品も扱っていたり、社外製の格安外装パーツなんかも扱ってるのでこれからも注目のショップです。

今回、唯一の失敗はパーツ代の合計は3280円と格安でしたが、送料700円と代引き手数料315円がかかりました。
これがあと1720円以上何か買って5000円を超えれば送料、代引き手数料共に無料になったのです。
ウエイトローラーなんてセッティングのために0.5g単位で数種あってもよかったし、もう少し後々買うことになりそうなパーツを注文しておけばよかったと後悔しています。

発注が土曜日の朝だったので、土日はお休みで月曜に発送されて火曜日に届くかと思っていました。
実際発注確認メールは来たけど、受注処理、発送のお知らせなどのメールは来なかったのですが、日曜の午前中に届きました。
そして届いた後にメールが来ましたw

代引きだと発送も早く、なんでも安いからこれからもお世話になると思います。


夏休みの工作w 2ストDIO編

mixiチェック Clip to Evernote
新車ではこんなスクーターなのですが・・・

DIOSR

今の状態はというと・・・

 まあ、20年以上前のスクーターですからボロボロですw

 不動の状態でもらってきてからの作業記録

004

外装を外してチェック。

外装はそれほど痛んでませんでしたが、唯一テールレンズとリフレクターが割れており、中の状態も酷かったので再使用不可としてヤフオクで中古を購入。
送料込み1750円

ちなみにAF18、AF25は形は共通なんですが、AF25はブレーキとウインカーのレンズが少しスモークがかかったタイプなので、そっちを選びました。
AF18用はなんか安っぽいオレンジと赤なんだよね~w

このDIOはキーが3つあります。
エンジン、給油口、メットインですが、エンジンとそれ以外はキーが別々でした。
しかもエンジンキーが無い状態でしたw

純正のキーセットは値段が高いのですが、社外品が安く買えるので入れ替えることにしました。
ヤフオクで送料込み1950円

バッテリーは充電機につないでも全く反応がなく、完全死亡状態。
後ろに写ってる4ストDIOから拝借して、キーを取り付けセルを回します。
圧縮、プラグの点火は問題なさそうですが、エンジンはかかりませんでした。

エアクリーナーを開けると、中のフィルタースポンジがありませんでしたw
まあ、あって汚れて空気が通らないわけじゃないので、実用するまでは放置しますw

ガソリンは問題なさそうなので、キャブを開けてみました。
こちらもそれほど酷い状態ではありませんでしたが、ジェットは詰まっていました。
掃除して組み付けたところ、エンジン始動を確認。
でも、オーバーフローしてガソリンが漏れてきますw

AF35 ライブDIO-ZXの規制前キャブがあるので交換。
エンジンはかかるけど、走るとジェットがあってないようで加速しなかったり、加速しても一度減速すると吹けあがらなくなったりw
ジェット類を買うのももったいないので、再びノーマルキャブをもっと念入りに清掃して再組み付け。
当然本来のノーマルなのでジェッティングも問題なく、オーバーフローも解消されました。
いかに最初の清掃作業がいい加減だったかw
フロート室にオートチョークとつながる小さな穴があるのですが、これが詰まっていたようです。
オーバーチョーク状態なんでオーバーフローしたのだと思います。

これでとりあえずは動くようにはなりました。

テスト走行すると違和感を覚えます・・・
ブレーキはかかるのですが、フロントが全く沈みません。
フロントフォークがオイル漏れってのはよくある話ですが、固着していましたw
ステップ部分に乗っかりジャンプしてもびくともしませんw

005

オーバーホールするのも面倒なんで、本当は使いたくなかったのですが、ズーマーを組むときに使おうと思って大事に取っておいた流用の定番!ライブDIO-ZX用フロントフォークを移植することにしました。

006

メーターギアも動作不良だったので、ついでに金ホイールとメーターギアもセットで交換ですw
この写真2回目の登場ですねw

この足回りは現在でもHONDA50cc系スクーターでは最強のセットで人気があります。
乗り手の腕はともかくw昭和のスクーターに一級の戦闘力!いいじゃないですかw

駆動系に話を移します。

この89年デビューの初期型DIO、後継のスーパーDIOには同じタイプの縦型エンジンが使われていましたが、スーパーDIO-ZXや 92年以降の車種には通称太軸と呼ばれるクランクシャフトが太いタイプのエンジンが存在します。
その後発売された横型エンジンのライブDIOのクランクと同じ太さです。

このDIOは細軸なのでプーリー単体ではライブDIOと同じものが使えますが、プーリーボスやランププレートは細軸用じゃないと使えません。

クラッチも大きく分けると2種類あって、細軸、太軸に関係なく小径、 大径 があります。
小径の場合は使うVベルト幅が15mmで長さは650mmが標準。 
大径の場合は使うVベルト幅が18mmとなり、長さも少し長くなります。

さて、オーバーホールをかねて駆動系を分解してみました。

Vベルトは13.5mmほどしかなくwかなりすり減っていました。
ウエイトローラーは片ベリしており、プーリーのフェイスもすり減って波打ってましたw
ここまで酷いと流石に再使用する気にならず、本当はここでチューニングパーツを入れたいところですが、予算の都合と実験を兼ねて、これまたライブDIO-ZX用を流用してみることにしました。

と言っても、これも相当使い込んでるのですがw

とりあえずクラッチは大径のライブDIO
当然合わせてベルトもすり減ってるけどライブDIO
プーリー側はプーリーのみライブDIOで、プーリーボス、ランププレート、ドライブフェイスはノーマルを使いました。
ウエイトローラーは新品買うまでとりあえず再使用としました。

最後にタイヤの空気圧を適正にしてver1の完成です。

008

後ろの4ストDIOを見ればわかりますが、ミラーも借り物ですw

クラッチスプリングが多少強いのか?滑ってるのか?wミート回転数が少し高いw
ウエイトもすり減って軽くなってるせいか変速が高回転域で加速は結構良いように感じます。
が・・・すり減って細くなったVベルト、ローラーも移動しきれないのでしょう。
最高速は50キロでしたorz

しかも、交換したフロントサスは良い仕事をするのですが、ブレーキングでジャダーがおきます。
フロントホイールを持って前後にゆすってみるとカコカコと音がして動きます。
ステムにガタがあるのでジャダーがおきるようです。

良く見ると左のグリップエンドが無く、グリップも削れているので左に強くコケタ経歴があるのだと思います。

ここから快適に走れるように、少しずつ進めていきます。

スクーター

mixiチェック Clip to Evernote
俺のいくつかある趣味の中で、最近かなりのウエイトを占めているのがスクーターをいじることだ。

現段階ではチューニングとか、カスタムなんてかっこいいものではなくw
朽ち果てそうなスクーターを修理しているのだが、本格的なレストアでもない。
ただ不動車を、実用できるレベルに復旧しているに過ぎないからだw

そんな俺の夢はカスタムズーマーを作りあげることだが、まだまだそこにたどりつけそうにない。
でも、ほぼゴミであるスクーターを実用できるプラモデル感覚で修理しているのは、なかなか楽しいのですw

今の所有車はこんな感じだ。

初期型DIOのディスクブレーキ仕様 DIO-SR(AF25)

不動から復旧作業中
走行可能な状態にはなったが、まだまだ手がかかる問題児w
20代のころ、フルチューンで乗っていたので慣れている車種だ。
まさに我が青春のDIOなのですw
こいつがちゃんと走れるようになったら日常の足として使いたいと思ってる。
まだまだ現役の昭和車ってのがいいかなとw

スマートDIO(AF56)

現在、駅まで通勤に使ってるメインマシーン。
汚い状態でもらってきた割には、エンジンもかかるし、外装がちょっとボロイ以外は問題ないw
ただ、現在8000rpm(推定)でリミッターがかかるまで回しても50キロちょいしか出ないw
駆動系のリフレッシュで完全復活だと思う。
燃費も良い優等生だが、我が青春の初期型DIOが忘れられず、完全復活したら売却しようと考えている。
でも、ちょっと惜しい気もしているw

グランドアクシス(SB06J)

俺にとって初のヤマハ車w
買ったときからバーハン、チャンバー、駆動系が入ってる仕様だった。
ノーマルを知らないが、2スト100ccにチャンバー入りってのはかなり元気で、街中では最速の乗り物と言って良いと思うほどだ。
一度ハンドル周りのパーツを盗難され、長いことゴミ扱いだったが、3年ほど前に1週間だけ復活したが、その後またゴミ扱いだった。
現在はこれを復活させて軽二輪登録して高速道路を走れるようにしようなどと、危ない野望を抱いているw
が、DIOが先なのでパーツ代が回らず手が付かない状態だw

そんなわけで、予算の都合でチョビチョビとですが、いじっていきますので、その過程をblogに綴っていきたいと思ってます。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
最新コメント
ギャラリー
  • バイク選び
  • バイク選び
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 福島に行ったあれこれ5
  • 「なぞの転校生」聖地巡礼
  • 「なぞの転校生」聖地巡礼
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ